蹴鞠談議2

2016:A代表:アジア最終予選:4戦目:A:vsオーストラリア「先制しても追いつかれるという課題を依然として残す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアvs日本:1-1 得点者:8原口 元気(4本田 圭佑)、15マイル・ジェディナク(PK)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

A:日本

監督

ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.5

スタメン

4本田 圭佑:2.5 8原口 元気:2.5、10香川 真司:3.0、14小林 悠:3.0 16山口 蛍:3.0、17長谷部 誠:3.0 20槙野 智章:3.0、6森重 真人:2.5、22吉田 麻也:2.5、21酒井 高徳:2.5 12西川 周作:2.5

リザーブ

GK:1川島 永嗣、23東口 順昭 DF:2丸山 祐市、5植田 直通、3太田 宏介 MF:7柏木 陽介、15大島 僚太、19永木 亮太、11斎藤 学、13清武 弘嗣 FW:9岡崎 慎司、18浅野 拓磨

途中交代

14小林 悠→13清武 弘嗣:3.0 4本田 圭佑→18浅野 拓磨:3.5 8原口 元気→2丸山 祐市:評価不可



H:オーストラリア

監督

アンジェ・ポステコグルー :2.5

スタメン

9トミ・ユリッチ:2.5、17アポストロス・ジアヌー:3.0 23トム・ロギッチ:3.0 21マッシモ・ルオンゴ:2.5、15マイル・ジェディナク:2.5、13アーロン・ムーイ:2.5 14ブラッド・スミス:2.5、6マシュー・スピラノビッチ:2.5、20トレント・セインズベリー:2.5、19ライアン・マクゴーワン:2.5 1マシュー・ライアン:2.5

リザーブ

GK:12ミッチェル・ランゲラク、18アダム・フェデリチ DF:3アレックス・ガーズバック、8ベイリー・ライト MF:2クレイグ・グッドウィン、5マーク・ミリガン FW:4ティム・ケイヒル、7マシュー・レッキー、10ロビー・クルーズ、11クリス・イコノミディス、16ジェームス・ジェゴ、22ジャクソン・アーバイン

途中交代

17アポストロス・ジアヌー→10ロビー・クルーズ:2.5 9トミ・ユリッチ→4ティム・ケイヒル:3.0 13アーロン・ムーイ→6マシュー・レッキー:評価不可

2、得点経過

A:日本:0-1:8原口 元気(4本田 圭佑)

オーストラリア(ビルトアップ)→8原口 元気(カット)→17長谷部 誠(ドリブルから楔形パス)→4本田 圭佑(自陣の方を向いていたので、ターンしながらのダイレクトでのスルーパス)→8原口 元気(完全に抜け出してGKとの1対1で冷静にコースに蹴る)→1マシュー・ライアン(体を大きく開いてシュートコースを作るも脇を抜かれる)→ゴール

H:オーストラリア:1-1:15マイル・ジェディナク(PK)

オーストラリア(ビルトアップからの楔形パス)→23トム・ロギッチ(1タッチでサイドへ流す)→14ブラッド・スミス(1トラップからグラウンダーのクロスを入れる)→日本(カットできずに流れる)→9トミ・ユリッチ(ボールをキープしてアクションを起こそうとする)→8原口 元気(戻って対応するも後ろから押して倒してしまう)→PK(オーストラリア)→15マイル・ジェディナク(真ん中やや右上に蹴る)→12西川 周作(逆に飛ぶ)→ゴール

3、戦評

数値評

攻撃評価:C 守備評価:B 采配評価:C 総合評価:C

文章評

過去のWC最終予選で、1度も勝利したことが無い相手という最大のライバルとの1戦。 出場停止や怪我人の影響、コンディション等の要素から推察するに、この試合前の状態でのベストメンバーではあったが、過去のA代表を考えた時のベストメンバーではなかった。 その中の目玉であった4本田 圭佑の1トップは機能し、ポゼッションサッカーでも速攻でも足下にボールが入った時のキープ力は効いて、久々に4本田 圭佑らしいキープが見れた。 フィジカルの強さを生かして、前線の起点として機能しており、先制点演出にも繋がった。 欲を言えば、GK1マシュー・ライアンの正面に飛んでしまった決定機にしっかり決めて欲しかった。

そして、試合の総括だが、前半は、地上戦を挑んで来た事で、日本としてはやり易く、良い形でのボール奪取が多くみられた事から分かる通り、試合の序盤から中盤にかけて機能していた。 しかし、アンダーの世代の代表でも同様にロングパスを主体として攻撃に切り替えられた時に自分達のサッカーが出来ないという時間帯がある。 少し前のA代表であれば中澤 佑二、田中マルクス闘莉王という屈強なCBが居て、弾き返して来たが、そういった選手が軽視された事で、少なくなった。 足下の技術も確かに重要だが、アジアでの戦いを考えた時にもう少し、屈強なCBという存在も評価して欲しい。 また、90分間通しての戦い方というのも問題がある。 運動量の低下が著しく、ハイプレスが出来なくなってると流れが悪くなる。 守り切るという人材が不足しており、それが、今大会通じてのセットプレーの守備や1対1での守備の不安定さにも繋がっている。 ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、そういった部分の強化に力を入れており、攻守においての甘いという負の遺産に苦しんでいる。 ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が悪いのではなく、アジアカップでのUAE戦に象徴される通り、アジアのレベル向上に伴い、今までと同じやり方では勝てなくなってきた。 これが最大の理由である。 今後の日本の指標として、クロスをあげさせない守備に必要な選手との距離感。 ロングパスをしっかり跳ね返す力という力を改善できなければ、同じ失点パターンは、減るどころか増えていく事が考えられるので、そこをクリアしていって欲しい。 今後日本がロシアWCに出場権を勝ち取るためにも8原口 元気や13清武 弘嗣といった中堅の層だけではなく、もっと若い世代の台頭は必要不可欠である。

試合評

MOM:4本田 圭佑(日本) MIP:10ロビー・クルーズ(オーストラリア) 満足度:5点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
同点を許す
2016
アジアのレベル向上
負の遺産
ヴァヒド・ハリルホジッチ
クロスブロック
距離感
ロシアWCアジア最終予選
屈強なCB
空中戦
ロングパス
マイル・ジェディナク
ロビー・クルーズ
原口元気
本田圭佑
オーストラリア
サッカー日本代表
日本
A代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

次のサウジアラビアは結構強敵!【spoloveブログ】

サッカー版“イノベーションのジレンマ”!?2【運動科楽からスポーツ再考!!】

オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2722485

(08月20日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. 2012:A代表:親善試合:A:日本VSフランス「粘りに粘っての対フランス戦初勝利」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss