蹴鞠談議2

2016:A代表:アジア最終予選:3戦目:H:vsイラク「結果と内容で収穫も依然として課題を残す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsイラク:2-1 得点者:8原口 元気(13清武 弘嗣)、21サード・アブドゥルアミール(9アハメド・ヤシーン)、16山口 蛍

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

H:日本

監督

ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.5

スタメン

9岡崎 慎司:3.0 8原口 元気:2.0、13清武 弘嗣:2.0、4本田 圭佑:3.0 7柏木 陽介:3.0、17長谷部 誠:2.5 21酒井 高徳:3.0、6森重 真人:3.0、22吉田 麻也:2.5、19酒井 宏樹:2.5 12西川 周作:2.5

リザーブ

GK:1川島 永嗣、23東口 順昭 DF:2丸山 祐市、20槙野 智章、3太田 宏介、5長友 佑都 MF:16山口 蛍、15大島 僚太、10香川 真司、11斎藤 学 FW:14小林 悠、18浅野 拓磨

途中交代

7柏木 陽介→16山口 蛍:2.0 9岡崎 慎司→18浅野 拓磨:3.5 4本田 圭佑→14小林 悠:3.0



A:イラク

監督

ラディ・スワディ:3.0

スタメン

8モハナド・カッラル:3.0 6アリ・アドナン:3.0、10アラー・アブドゥルザラフ:2.5、9アハメド・ヤシーン:2.5 11アムジェド・アットワン:3.0、21サード・アブドゥルアミール:2.5 15ドゥルガム・イスマエル:3.0、2アハメド・イブラヒム:3.0、14スアド・ナティック:3.0、23ワリード・サリム:3.5 20モハメド・ハミード:3.0

リザーブ

GK:1アリ・アブドゥルハサン、12モハンメド・カッシド DF:4ムスタファ・ナディム MF:5アリ・ラティーフ、16ブルワ・ヌーリ、19マフディ・カミル、22バシャル・レサン FW:7ジャシム・モハンメド、13アムジェド・ワリード、18モハンメド・シャウカン

途中交代

11アムジェド・アットワン→19マフディ・カミル:3.0 8モハナド・カッラル→7ジャシム・モハンメド:3.0 9アハメド・ヤシーン→22バシャル・レサン:評価不可

2、得点経過

H:日本:1-0:8原口 元気(13清武 弘嗣)

8原口 元気(横パスをカット)→日本(カウンター)→13清武 弘嗣(スピードのあるドリブルからサイドのスペースへパス)→13清武 弘嗣(そのままスペースへフリーラン)→4本田 圭佑(サイドで突っかかって溜めてからそこへパス)→13清武 弘嗣(ダイレクトでの中へのグラウンダーのクロス)→8原口 元気(斜めから飛び込んできて1タッチでコースを変えてGKの股を抜く)→20モハメド・ハミード(至近距離のため反応できず)→ゴール

A:イラク:1-1:21サード・アブドゥルアミール(9アハメド・ヤシーン)

イラク(狭いサイドを繋ぐ)→21酒井 宏樹(ファールで倒す)→FK(イラク)→9アハメド・ヤシーン(上から落ちてくるピンポイントのボール)→21サード・アブドゥルアミール(高い打点の頭でしっかりミートしたヘッディングシュートを放つ)→12西川 周作(懸命に飛びつくも届かず)→ゴール

H:日本:2-1:16山口 蛍

16山口 蛍(サイドへ展開)→22吉田 麻也(サイドに流れるもファールで倒される)→FK(日本:ほぼCKの位置)→13清武 弘嗣(速くて高すぎず低すぎないボールを蹴る)→イラク(一度はクリア)→16山口 蛍(毀れ球にフリーでしっかりミートかつ抑えの効いたまさに地を這うシュートを放つ)→イラク(誰も反応できず)→ゴール

3、戦評

数値評価

良:A~E:悪

攻撃評価:C 守備評価:C 采配評価:B 総合評価:C

文章評

前回のレビューで指摘した10香川 真司と4本田 圭佑に対する言及をしたが、10香川 真司に関しては、スタメン落ちした。 10香川 真司の代役として出場した13清武 弘嗣は、2試合連続アシストを記録するなど、日本代表の新しいトップ下候補として名乗りを上げた。 ただ、10香川 真司に関しては、所属クラブでもスタメン落ちしており、仕方ない部分もある、 4本田 圭佑に関しては、チームで控え選手ながらスタメンでプレーした。 10香川 真司に比べて、決定機に顔を出すという部分で高いパフォーマンスを見せている。 攻撃の起点に成りえているかと言えば、かつと程のパフォーマンスを見せていない。 しかし、この試合では、良い守備を見せており、長い欧州の経験を生かせている。 そして、13清武 弘嗣は、1タッチでのプレーから質の高いパフォーマンスを見せており、ハイプレスを受けても高い存在感を放っていた。 コントロール・オリエンタードしっかり出来ており、日本サッカーのフィットし易くなっている。 元々控えめな性格ではあったが、欧州で経験を積んでいく中で、逞しくなってきた。 所属クラブで中心選手として移籍する際には10番を要求するなど、意識の変化を感じる様になった。 ロシアWCアジア最終予選で苦戦が続く日本に中心選手として期待される存在となって来た。

また、8原口 元気の存在も頼もしい。 ドリブルでの仕掛けや守備、周りとの連動性。 こういったプレーは、宇佐美 貴史と比べても遜色なく、代表にフィットしている。 特に中に入っていくプレーは、宇佐美 貴史にはなかったプレーで、左SHながらゴール前に飛び出して得点を決めている。 やはり、組織的守備が昔と比べて各チーム増えて来た中で、こういったゴール前での動きであったり、ポジショニングというのは、重要で、非常に効果的である。

もう1点、7柏木 陽介だが、ハイプレスを受けた事で、持ち味を発揮できなかった。 パス成功率もぐっと下がり、引いた相手に対した時ほど、パス展開も出来てなかった。 確かに散らしたり、良い所を狙えていたが、より前で寄せの厳しいポジションで、プレーしていて13清武 弘嗣と比べると少し物足りない様では厳しいだろう。 アジアレベルで、この内容であれば、仮にロシアWC本戦に出場が決定したとしてもメンバーに残れるかは、怪しい。 逆に16山口 蛍は、貴重な決勝ゴールを決めるなど、得点力のあるというアピールを見せるなど、ボランチを誰にするのかが、当分の課題になるのではないか。 何れにせよ、4位という厳しい立ち位置であり、チームとして得点力アップは、急務であり、下位2チームにしか勝ててない事を考えると、チームとしての中心を誰にするのかという部分を含め、早急にチーム作りの修正を進めて貰いたい。

試合評

MOM:13清武 弘嗣(日本) MIP:8原口 元気(日本) 満足度:6点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
守備力
ボランチの人選
得点力
フリーラン
ゴール前への飛び出し
ダイアゴナルラン
ドリブル
アハメド・ヤシーン
組織力
ハイプレス
原口元気
本田圭佑
清武弘嗣
柏木陽介
山口蛍
アジア最終予選
イラク
日本
サッカー日本代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表が世代交代できない理由【★★BLUE魂★★】

【W杯最終予選】このままでいいのか…【スポーツ徒然草】

日本代表・世界と戦う基礎テクニック イラク~オーストラリア対策  【フェイントシュート】【フェイントシュート の 「日本代表~進化への布石」】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:543
  • 累計のページビュー:2776603

(11月15日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss