蹴鞠談議2

2016:天皇杯:2回戦:A:vsコンサドーレ札幌「リーグ戦とは少し違った戦術」

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道vs岡山:1-2 得点者:30豊川 雄太(10矢島 慎也)、20藤本 佳希(10矢島 慎也)、9都倉 賢(PK) 観客数:2,698人

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:井上 知大:3.0 副審:佐藤 貴之、藤沢 達也:2.5

A:岡山

監督

長澤 徹:2.5

スタメン

30豊川 雄太:2.0 11三村 真:2.5、20藤本 佳希:2.0 2澤口 雅彦:2.5、10矢島 慎也:1.5、5渡邊 一仁:2.5、26田中 奏一:2.5 19片山 瑛一:2.5、6竹田 忠嗣:2.5、39篠原 弘次郎:2.5 22椎名 一馬:3.0

リザーブ

GK:23松原 修平 DF:33金 珍圭(キム・ジンギュ) MF:17島田 譲、16関戸 健二、18秋吉 泰佑 FW:7伊藤 大介、14押谷 祐樹

途中交代

11三村 真→7伊藤 大介:3.0 30豊川 雄太→14押谷 祐樹:2.5 20藤本 佳希→17島田 譲:評価不可



H:札幌

監督

四方田 修平:3.0

スタメン

9都倉 賢:2.5、13内村 圭宏:2.5 24福森 晃斗:3.0、28神田 夢実:3.0、23ジエゴ・マセード・プラド・ドス・サントス:3.0 10宮澤 裕樹:2.5、16前 寛之:3.0 15菊地 直哉:3.0、4河合 竜二:3.0、29永坂 勇人:3.0 21阿波加 俊太:3.0

リザーブ

GK:1金山 隼樹 DF:5櫛引 一紀 MF:19石井 謙伍、20上里 一将、31堀米 悠斗、44小野 伸二 FW:38菅 大輝

途中交代

28神田 夢実→44小野 伸二:2.5 4河合 竜二→31堀米 悠斗:3.0 13内村 圭宏→38菅 大輝:評価不可

2、得点経過

A:岡山:0-1:30豊川 雄太(10矢島 慎也)

岡山(ビルトアップ)→10矢島 慎也(裏へのロングスルーパス)→30豊川 雄太(裏へスピードで抜け出す)→ボール(1バウンドするもそこまで伸びず30豊川 雄太が追いつく)→30豊川 雄太(ダイレクトでしっかりミートしたシュートを放つ)→21阿波加 俊太(全く動けず)→ゴール(右ポストバーに当たって内側に跳ねて決まる)

A:岡山:0-2:20藤本 佳希(10矢島 慎也)

岡山(北海道陣内でパスを回して隙を伺う)→19片山 瑛一(少しドリブルして10矢島 慎也のマークを引き付ける)→10矢島 慎也(マークが外れた事で出来る一瞬の時間に精度の高いスルーパスを出す)→ボール(アウトにかけた回転で1点目同様伸びずに20藤本 佳希が追いつく)→24福森 晃斗(20藤本 佳希のシュート阻止するには少し遠い)→20藤本 佳希(倒れる様にシュートを放ち先に触ってコースを変える)→21阿波加 俊太(飛び出すも触れず)→ゴール

H:北海道:1-2:9都倉 賢(PK)

北海道(パスを繋いで隙を伺う)→24福森 晃斗(楔形パス)→44小野 伸二(ダイレクトで浮き球の背後へのパス)→9都倉 賢(フィジカルを活かした仕掛けでDFと入れ替わろうとする)→6竹田 忠嗣(体を入れていたが、入れ替わられた所で手を使って倒す)→PK(北海道)→9都倉 賢(左に強く蹴る)→22椎名 一馬(逆を突かれる)→ゴール(しっかり枠に飛んで決まるも同時に試合終了)

3、戦評

数値評

攻撃評価:B 守備評価:B 采配評価:B 総合評価:B

文章評

ベテランの主力を温存し、若いフレッシュな選手で臨んだこの試合。 その狙い通り、前線からのスピードのある寄せであったり、スピード感のあるカウンターは、見ていて気持ちよかった。 20藤本 佳希と30豊川 雄太が10矢島 慎也の1本のパスで抜け出して、ゴールを決めたが、二人とも前半から狙う動きを見せており、それを決めきる力と、シュートを選択するまでの速さという積極的な姿勢が実った得点。 一方で、サイドを上手く使って攻める事が出来ていたが、肝心の精度を欠くシーンも目立ち改善の余地がある。 しかし、スペースに上手く走り込んでクロスまで行ったり、仕掛けてクロスまで行く。 こういった事が多かった事を考えてもサイドの主導権を握れた事は、9都倉 賢と13内村 圭宏を9都倉 賢のPK1本の失点に抑えるという成果に繋がった。

少し気になったのは、前半の速い時間帯に5-4-1に近い守備組織を引いた事。 実は、これは、前線の3人を考えた時に理に適っている。 普段は、24赤嶺 真吾、14押谷 祐樹、7伊藤 大介といったスピード無い3人が担っている。 しかし、この試合では、20藤本 佳希、30豊川 雄太、11三村 真というスピードのある3人だった。 つまり、先制した状況では、カウンターを狙う方が、良い形を作れる可能性は高い。 実際に攻められてもスペースを与えない守備で、北海道の攻撃をしっかりと抑えて、カウンターで追加得点かという決定機も作った。 この試合では、高いポゼッションを誇っていた北海道だったが、シュート数が少なかった事を考えてもこの選択は、結果として勝利に繋がった。

この試合の最大の発見は、リーグ戦では若手、中堅、ベテランといった選手を上手く起用している事が良く分かる内容だった事である。 選手の事を良く考えたチーム戦術を採用している事は、前半から逃げ切りシステムを採用した事からも分かる。 基本となる戦い方を変えず、確実に自分達の戦い方を確立し、少しずつ戦術に幅を持たせている。 一年目は、前任の影山 雅永監督のサッカーの戦い方からのシフトチェンジとチーム構成に苦しんだが、35岩政 大樹のカリスマによる多くの選手が集まった。 過去最高の戦力の総和を出番の少なかった選手を起用して、結果を残した事で、高める事が出来た。 この内容と結果は選手起用や戦術の幅が広がるものであり、確実に次の試合へと繋がるだろう。

試合評

MOM:10矢島 慎也(岡山) MIP:44小野 伸二(北海道) 満足度:7点(10点満点)

岡山から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016年ファジアーノ岡山
タグ:
小野伸二
2回戦
2016
堅守
戦術の幅
ベテラン
中堅
若手
スピード
5-4-1
カウンター
豊川雄太
藤本佳希
矢島慎也
天皇杯
北海道コンサドーレ札幌
岡山
ファジ
ファジアーノ
ファジアーノ岡山

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2016天皇杯2回戦】 対戦カード一覧 ~J1勢が2回戦に登場~【せんだいサッカー日和】

見所はアンカー扇原【赤の血潮と、青の魂】

グランパス視点の天皇杯 MIOびわこ滋賀VS関西学院大学【赤の血潮と、青の魂】

【全てが裏目に出た試合】ジェフユナイテッド千葉-ファジアーノ岡山(J2第30節 2016/8/21@フクアリ)【すべてはファジのため】

2016:J2:30節:A:vsジェフユナイテッド千葉「鬼門で良い所なく完敗」【蹴鞠談議2】

2016:J2:29節:H:vsカマタマーレ讃岐「苦杯を嘗めて来たダービーでついに勝ち越す」【蹴鞠談議2】

2016:J2:28節:A:vs愛媛FC「内容を考えれば妥当な所」【蹴鞠談議2】

【12,000人の前でCスタでの瀬戸大橋ダービー初勝利】ファジアーノ岡山-カマタマーレ讃岐(J2第29節 2016/8/14@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:253
  • 累計のページビュー:2813725

(01月15日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J1戦力分析2017
  10. J2順位予想2016

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss