蹴鞠談議2

2016:U-23代表:リオ五輪グループリーグ3戦目:中立:vsスウェーデン「日本サッカーの輝かしい未来のために」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsスウェーデン:1-0 得点者:9矢島 慎也(8大島 僚太)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:マラング・ジェジュウ:2.5 副審:ジブリル・カマラ、エルハジ・サンバ:2.5

日本

監督

手倉森 誠:2.5

スタメン

13興梠 慎三:2.5、16浅野 拓磨:3.0 10中島 翔哉:2.5、18南野 拓実:3.0 8大島 僚太:2.0、3遠藤 航:2.5 15亀川 諒史:3.0、5植田 直通:2.5、6塩谷 司:2.5、2室屋 成:3.0 1中村 航輔:2.5

リザーブ

GK:1櫛引 政敏 DF:17岩波 拓也、4藤春 廣輝 MF:14井手口 陽介、7原川 力、9矢島 慎也 FW:11鈴木 武蔵

途中交代

18南野 拓実→9矢島 慎也:2.0 16浅野 拓磨→11鈴木 武蔵:2.0 13興梠 慎三→14井手口 陽介:評価不可



スウェーデン

監督

ホーカン・エリクソン:3.0

スタメン

12ミカエル・イシャク:3.0 9ロビン・クアイソン:3.0、11アストリト・アイダレビッチ:2.5、7シモン・ティブリング:3.0 8アレクサンダー・フランソン:3.0、6アブドゥル・ハリリ:3.0 5パ・コナテ:3.0、13ヤコブ・ラーション:3.0、3アレクサンデル・ミロシェビッチ:3.0、2アダム・ルンドクビスト:3.0 1アンドレアス・リンデ:3.0

リザーブ

GK:18ティム・エルランドソン DF:4ヨアキム・ニルソン、14セバスティアン・ヘドラン、15ノア・ソンコ・スンドベリ MF:10ムアメル・タンコビッチ、17ケン・セマ FW:21バルミール・ベリシャ

途中交代

8アレクサンダー・フランソン→10ムアメル・タンコビッチ:3.0 9ロビン・クアイソン→17ケン・セマ:3.0 12ミカエル・イシャク→21バルミール・ベリシャ:評価不可

2、得点経過

日本:1-0:9矢島 慎也(8大島 僚太)

15亀川 諒史(スローイン)→8大島 僚太(リターンパス)→15亀川 諒史(突っかけるパス)→11鈴木 武蔵(ポストプレー)→8大島 僚太(上手い切り返しから裏へ抜ける)→9矢島 慎也(その動きを見てスペースへ走り出す)→8大島 僚太(中央へクロス)→9矢島 慎也(執念で飛び込むシュート)→1アンドレアス・リンデ(足を伸ばして止めようとするも触れず)→ゴール

3、戦評

数値評

良:A~E:悪

攻撃評価:A 守備評価:A 采配評価:A 総合評価:A

文章評

返す返すOAが裏目が大きく出た大会で、チームとしての方向性も初戦から奇策で臨んだもののミスを連発して、逆に裏目に出て結果を残せなかった。 正直今のA代表で出てもおかしくない選手が何人か居る。 結果を残せないと、谷間の世代と言う評価だったのか不当な評価であったと言わざる得ない。 むしろ、指導者に恵まれなかっただけではないのか。 指導方針に正解がないとは言え、止める蹴るの技術の高さというのは、群を抜いて巧かった。 初戦は、慣れないシステムと慣れないメンバーで、迷いが出て大量失点で敗戦。 2戦目は、馴染んで来たものの良い流れの時間帯に先制できず、一瞬の隙を突かれてリードされる展開となった。 なんとか追いついたものの後一歩届かず、引き分けに留まった。 最終戦は、寄せに来ずスペースを消すスウェーデンに対し、主導権を握って攻めて狙い通り先制。 しかし、コロンビアが勝利のためグループリーグでの敗退が決まった。

今大会では、サッカー愛するブラジルのサッカーファンの心を掴んだ。 ブラジルサッカーの影響を色濃く持つ日本にとって、大きな前進であると言える。 今度は、大会前でブラジルに惨敗した一戦を含め、A代表やアンダー代表でもブラジル代表に互角以上に戦えるレベルを目指して行かなければならない。 正直、サッカーの内容を考えれば、敗退するには惜しいチームであり、非常に魅力的だったので、非常に惜しい。 しかし、サッカーの魅力を皆に伝える事は出来たのではないか。 そういった意味では、結果は残せなかったが、将来の日本のサッカー文化の躍進に繋がる大会であったと思う。 悔しい気持ちがあるけど、選手達には、「魅力的なサッカーを有難う。」という気持ちである。 本当に有難う。

最後に足りなかったものは何なのか。 それは、「経験」であると私は断言できる。 何故ならこの大会の3試合で日本代表が成長したからである。 2戦目スタメンの9矢島 慎也が何も出来なかったが、3戦目では決勝ゴールを決めたシーンを含め決定的な仕事みせた。 相性などもあるかもしれないが、こういった経験。 色んなサッカーに触れる機会。 色んなサッカーを知る機会。 色んなサッカーを学べる機会。 こういった機会が増えれば、日本には今大会を見てもサッカーをやる土壌が出来つつあるので、日本サッカーの文化をより高みに持っていく事が出来るのは間違いない。 そういった視線でもサッカーを見ることが出来れば、今大会以上の魅力的なサッカーを見れる機会は、いやサッカーの魅力に気づける機会は、確実に増える。 某名言の「サッカー好きか?」というのが、全てではないか。 それが、今大会の「10中島 翔哉」、「9矢島 慎也」、「3遠藤 航」の共通点であり、魅力的なサッカーの根源であり、ここまで五輪世代の躍進の全てであった。 サッカーの魅力に立ち戻った方向性の下、今後も突き進んで欲しい。 そして、結果は残念ではあったが、大好きなサッカーを楽しむという点で、金メダルであり、自信を持って帰って来て欲しい。 岡山に今季レンタルの豊川 雄太には、岡山の監督から落選した時にあえて、「おめでとう」と声をかけてそうであるが、リオ五輪はグループリーグ敗退で終わったが、私もあえて言って終えたいと思う。 「おめでとう…」

試合評

MOM:9矢島 慎也(日本) MIP:8大島 僚太(日本) 満足度:10点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー(アンダー日本代表)
オリンピック
タグ:
サッカーへの思い
サッカーへの愛
選手への思い
感謝の気持ち
サッカーの方向性
サッカーの本質
サッカーの魅力
魅力的なサッカー
金メダル
グループリーグ敗退
日本サッカーの未来
サッカーが好き
遠藤航
中島翔哉
矢島慎也
アンダー日本代表
日本
スウェーデン
リオ五輪
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

福原愛がキム・ソンイに敗れ、銅メダルならず…次は悪くない組み合わせの団体戦へ…!【0 to zeroのhorizon】

リオ五輪6日目雑感:内村大逆転の金、田知本金、ベイカーも金!【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

田知本選手がみせた日本の『柔道』というもの【熱き心とともに】

リオ五輪 卓球・準決勝 福原がロンドン金の李暁霞に完敗 3位決定戦に回る…!【0 to zeroのhorizon】

オランダ体操のスポーツウーマンシップ【日本のスポーツを元気に!!!】

スウェーデン戦だよ!スタメン&キーマン予想!【キキアシワアタマ】

C組について、おわびと訂正、そして明日朝の大一番へ・・・J【J-メルクリウスの秘法のサッカー大好き】

山口が町田を飲み込む!〜町田vs山口(8月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2722330

(08月19日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. 2012:A代表:親善試合:A:日本VSフランス「粘りに粘っての対フランス戦初勝利」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss