蹴鞠談議2

2016:U-23代表:リオ五輪グループリーグ2戦目:中立:vsコロンビア「スペクタクルなサッカーで望みを繋ぐ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsコロンビア:2-2 得点者:10テオフィロ・グティエレス(7アルレイ・ロドリゲス)、オウンゴール(4藤春 廣輝)、16浅野 拓磨(18南野 拓実)、10中島 翔哉(13興梠 慎三)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:セルゲイ・カラセフ:4.0 副審:ティホン・カルージン、ニコライ・ゴルベフ:2.5

日本

監督

手倉森 誠:2.5

スタメン

13興梠 慎三:2.5、16浅野 拓磨:2.0 10中島 翔哉:2.0、9矢島 慎也:3.5 14井手口 陽介:3.0、3遠藤 航:2.5 4藤春 廣輝:4.0、6塩谷 司:2.5、5植田 直通:2.5、2室屋 成:2.0 12中村 航輔:2.5

リザーブ

GK:1櫛引 政敏 DF:17岩波 拓也、13亀川 諒史 MF:7原川 力、8大島 僚太、18南野 拓実 FW:9鈴木 武蔵

途中交代

9矢島 慎也→18南野 拓実:2.5 14井手口 陽介→8大島 僚太:2.0 4藤春 廣輝→15亀川 諒史:3.0



コロンビア

監督

カルロス・アルベルト・レストレポ:3.0

スタメン

9ミゲル・ボルハ:3.0、10テオフィロ・グティエレス:2.5 8ドルラン・アボン:3.0 14セバスティアン・ペレス:3.5、16ケビン・バランタ:3.0、15ウィルマル・バリオス:3.0 4デイベル・マチャド:3.0、2ウィリアン・テシージョ:3.0、5フェリペ・アギラール:3.5、3デイビ・バランタ:3.0 1クリスティアン・ボニージャ:3.0

リザーブ

GK:18ルイス・ウルタード DF:13エリベルトン・パラシオス、17クリスティアン・ボルハ MF:6ジェフェルソン・レルマ FW:7アルレイ・ロドリゲス、11アロルド・プレシアード、12アンドレス・ロア

途中交代

5フェリペ・アギラール→13エリベルトン・パラシオス:3.0 14セバスティアン・ペレス→7アルレイ・ロドリゲス:2.5 16ケビン・バランタ→6ジェフェルソン・レルマ:3.5

2、得点経過

コロンビア:0-1:10テオフィロ・グティエレス(7アルレイ・ロドリゲス)

4藤春 廣輝(バックパス)→12中村 航輔(寄せを受けた関係で前方へのキックが弱くなる)→コロンビア(ボール奪ってからパスとドリブルで繋いでキープする)→8ドルラン・アボン(縦パス)→10テオフィロ・グティエレス(そのままドリブルで突っかけてから預ける)→7アルレイ・ロドリゲス(ポストプレーでリターン)→10テオフィロ・グティエレス(ダイレクトシュート)→5植田 直通(シュートブロックにいき当てる)→12中村 航輔(ディフレクションがあり、逆を突かれる)→ゴール

コロンビア:0-2:オウンゴール(4藤春 廣輝)

日本(人数をかけて攻めようとするがカウンターを受ける)→8ドルラン・アボン(ドリブルで駆け上がりスルーパス)→7アルレイ・ロドリゲス(シュート)→12中村 航輔(セーブ)→4藤春 廣輝(処理の仕方を迷い中途半端に触るだけで日本ゴールへ転がる)→5植田 直通(急いでクリアするも間に合わず)→オウンゴール

日本:1-2:16浅野 拓磨(18南野 拓実)

日本(8大島 僚太を中心に繋ぐ)→8大島 僚太(パス)→13興梠 慎三(リターンパス後に動き出しを見せる)→8大島 僚太(リズムを変化させる楔形パス)→18南野 拓実(1トラップ後にスルーパス)→16浅野 拓磨(完全に裏を取りGKとの1対1でシュート)→1クリスティアン・ボニージャ(触るも弾ききれず)→ゴール

日本:2-2:10中島 翔哉(13興梠 慎三)

3遠藤 航(縦パス)→13興梠 慎三(更に前にパス)→16浅野 拓磨(ボールが収まらず毀れる)→13興梠 慎三(毀れ球が戻ってきてフリーの選手へパス)→10中島 翔哉(必要最低限の動きでシュートをコースを作ってドライブシュートを放つ)→1クリスティアン・ボニージャ(下がりながらジャンプするも届かず)→ゴール(GKを超えた辺りで落下してクロスバーに当たってゴールイン)

3、戦評

数値評

良:A~E:悪

攻撃評価:B 守備評価:C 采配評価:B 総合評価:B

文章評

これだけ素晴らしいサッカーをしているのに、結果が付いてこないのだがら、サッカーとは奥が深い。 ここまで日本のサッカーの得点シーンは、本当に綺麗な形が多い。 相手のミスも多少あるかもしれないが、ほとんどはしっかり崩しての得点である。 逆に日本の失点は、この試合では減ったが、ミス絡みが大半である。 特にこの試合に関しては、2ゴールともワールドクラスであった。

16浅野 拓磨のゴールは、8大島 僚太のボールの受け方からボールの止め方、そしてパスというアクションから始まっている。 8大島 僚太を軸とした日本の組織的攻撃力の高さを感じるゴールであり、狭い所を切り崩しての素晴らしいゴールである。 8大島 僚太を抑える組織力をナイジェリアとコロンビアが持ち合わせて居ない事もあるが、フリーで受けるシーンも多く、パスまでが速く、状況判断と技術が正確で、決定機に繋がる鍵になっている。 これだけ局面に変化をつけるパスを出す事が出来るのであれば、A代表も選出も十分あるのではないか。 本当に楽しみな選手である。 また、18南野 拓実のゴールに後ろを向いての体を使っての1トラップからの裏へのスルーパス。 これもゴールの陰に隠れてこそいるが、非常に高い技術である。 16浅野 拓磨も思い切りよくシュートを放っており、本当に気持ちの良いゴールだった。

そして、10中島 翔哉のゴールは、ワールドクラスと言って良いだろう。 アジア最終予選のゴールを見てもどれも非常に高い技術も持っている事に間違いなく、決して偶然生まれたゴールではない。 ドリブルも見てもぶれが少なく、まるで足下に張り付いているかの様である。 1つ1つのプレーを見ても日本の選手の中でも異次元で、出色の出来。 今後A代表の10番背負う可能性を見せてくれているプレーを見せてくれている。

一方で、OAのミスが目立つのは、選手の能力というよりは、コミュニケーション力不足ではないか。 「力」を付けたのは、この世代の特徴である大人しさである。 声を出してリーダーシップの執れる選手が不足している。 4藤春 廣輝のオウンゴールのシーンを見ても短い時間ではあったが、「クリア」もしくは、「フリー」という声が出ていれば、防げたプレーかもしれない。 考えてみれば、初戦もそういったミスが多く、長く一緒にプレーして来た選手達と違い、譲り合うというプレーが、他の世代とも比べても生じやすいのではないか。 しかし、いくらそういった理由であってもOA枠での参加で有る事を考えれば、そこがしっかり出来る選手であって欲しかった。 ここまでなかなか勝利に貢献できてないOAの選手達にも僅かに可能性の残る2位通過に向けて、OAとU-23世代が融合したこの試合以上のスペクタクルなサッカーを見せて欲しい。

試合評

MOM:16浅野 拓磨(日本) MIP:10中島 翔哉(日本) 満足度:8点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー(アンダー日本代表)
オリンピック
タグ:
希望
10番
ミス
自滅
パスワーク
魅力的
スペクタクル
ワールドクラス
コミュニケーション力
コミュニケーション
OA
南野拓実
大島僚太
浅野拓馬
中島翔哉
コロンビア
日本
オリンピック
アンダー日本代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪大会4日目雑感(8月9日)【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

リオ五輪(男子サッカー) 日本vsコロンビア 寸評 -正しい道を選ぶも進み切れず-【World SPORTS Analysis】

次々に現れる試練を乗り越え、5人の勇者は頂上に至る【Armar know Jack Bigwild】

リオ五輪・卓球 福原、水谷、丹羽が準々決勝に進出! エース水谷は真のアウェーの洗礼を克服!【0 to zeroのhorizon】

輝け!かぐや姫たち【Armar know Jack Bigwild】

コロンビア戦(Uー23) 【 我慢しきれない対応や戦い方をしてしまわない事。 】【FCKSA66】

錦織が苦しい展開をしのぎ、闘志あふれるJ・ミルマンに勝って16強! 3回戦はマルティン戦(121位)!(リオ五輪)【0 to zeroのhorizon】

オリンピック代表とバックアップメンバーの幸を願う【毎日フットボール】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2740740

(09月23日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss