蹴鞠談議2

2016:A代表:アジア2次予選:H:vsアフガニスタン「4-4-2ダイヤモンド型への挑戦」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsアフガニスタン:5-0 得点者:9岡崎 慎司(13清武 弘嗣)、13清武 弘嗣、オウンゴール(16シャリフ・モホンマド)、22吉田 麻也(13清武 弘嗣)、15金崎 夢生(18ハーフナー・マイク)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

H:日本

監督

ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.0

スタメン

15金崎 夢生:2.0、9岡崎 慎司:2.0 13清武 弘嗣:2.5 7柏木 陽介:3.0、17長谷部 誠:2.5、8原口 元気:3.0 5長友 佑都:2.5、6森重 真人:2.5、22吉田 麻也:2.0、19酒井 宏樹:2.5 23東口 順昭:2.5

リザーブ

GK:1林 彰洋、12西川 周作 DF:2昌子 源、20槙野 智章、3藤春 廣輝、21酒井 高徳 MF:16山口 蛍、4本田 圭佑、10香川 真司 FW:11宇佐美 貴史、14小林 悠、18ハーフナー・マイク

途中交代

7柏木 陽介→10香川 真司:3.0 9岡崎 慎司→18ハーフナー・マイク:2.5 15金崎 夢生→14小林 悠:3.0



A:アフガニスタン

監督

ペタル・セグルト

スタメン

8モハメド・ジョセフ・シルデル 7ズバイル・アミリ、10ファイサル・シャイエステー、14モジエブ・ジャマリ 16シャリフ・モホンマド、21カニシュカ・タヘル 3ハッサン・アミン、5マシフ・サイガニ、13サイド・モハンマド・ハシェミ、20ムスタファ・ハディド 1オバイス・アジジ

リザーブ

GK:22ハミドゥラー・ワキリ、23アイマル・ゲロワル DF:4ロホラー・イクバルザデー、6アヌシュ・ダストギル、12アブドゥラー・アブダリ MF:2アバッシン・アリヒル、9ハイバル・アマニ、11ノラオラー・アミリ、17ムスタファ・ザザイ、18アハマド・アラシュ・ハティフィ、19オミド・ポパルザイ FW:15ファルディン・ハキミ

途中交代

20ムスタファ・ハディド→17ムスタファ・ザザイ 8モハメド・ジョセフ・シルデル→11ノラオラー・アミリ 21カニシュカ・タヘル→18アハマド・アラシュ・ハティフィ

2、戦評

6試合を終えて、グループリーグで、シリアに勝ち点差1で、首位の日本代表が、ホームで、4位のアフガニスタンを迎えての試合。 新システムに取り組んで臨んだ日本だったが、再三の決定機を決めれず、悪いにムードも漂い始めたが、元々地力さがあって、遅くはなったものの試合を動かす。 13清武 弘嗣のパスを受けた9岡崎 慎司が、巧いターンからの又抜きでの切り返しでフリーとなり、冷静に左隅に決めて、日本先制点という流れだった。 前半はそのまま1-0で終了。

ハーフタイムでのメンバー変更はなかったが、前半と一変してゴールラッシュとなった。 まずは、17長谷部 誠の縦パスを受けた15金崎 夢生が、ダイレクトループスルーパスを13清武 弘嗣へと出す。 13清武 弘嗣は、そのパスをミスキックではあるが、コースを変えたシュートとなり、GK1オバイス・アジジの逆を突き、ゴールへ転がって行き、日本追加点。 続いて、21酒井 宏樹がドリブルで仕掛けて突破する事に成功し、クロスを上げると、これが、16シャリフ・モホンマドに当たってコースが変わり、GK1オバイス・アジジが触るものの弾ききれず、オウンゴールで3点目。 そして、13清武 弘嗣が左サイドからCKを蹴り、これに22吉田 麻也が頭で合わせて、4点目。 最後は、13清武 弘嗣のアーリークロスを18ハーフナー・マイクが落として、15金崎 夢生がシュートが空振りながらもどこかに当たって、ゴールラインを越えて、ゴールで、5点目。

結局終わってみればアフガニスタンを寄せ付けない完勝。

3、試合評

攻撃:C

組んだことが少ないメンバー及び新システムという事もあり、機能させるまで時間がかかった。 15金崎 夢生に多くあった決定機を決めていれば、もっとはつらつとしたアグレッシブなサッカーを展開出来たかもしれないが、GK1オバイス・アジジのファインセーブなどもあり、なかなか得点を奪えなかった。 15金崎 夢生に関してだけ言えば、チームの中で非常に機能していた。 18ハーフナー・マイクの高さというのも得点に繋がり、一定の成果はあったと言える。 一方で、7柏木 陽介や8原口 元気の二人は、なかなか思うようにボールに絡めなかった。 10香川 真司もコンディションはそこまで良くないようだ。 14小林 悠と18ハーフナー・マイクの連携もあまり良くなく、最後の所での連動性に欠けた。 色々な組み合わせやシステムを模索する中で、如何に機能させるか。 チームに多様性をもたらす中で、戦術的な幅を持たせて、柔軟性というのを生み出し、より高い攻撃を展開出来るチームを目指す。 そういった狙いに対するという意味での成果は十分あった。

守備:A

無事に無失点に抑えた。 守備的DHを1人にしたことで、より攻撃にシフト。 しかし、単純に攻撃的になったのではなく、引いて守る時間帯の長いチームに対して、チームとしての比重を少し前にする事で、前線の二人から始まるプレスの強度と連動性を高める事に成功した。 これによりパスコースを限定させて、基礎技術が高くないアフガニスタンのパスの遮断に成功した。 ほぼアフガニスタンにボールを持たせず、格下に対する守備の仕方としては一定の成果があった。

総合:C

近年の代表は、継続性という隠れ蓑に4-5-1システムを主要スタイルにして、新システムになかなか取り組めなかった。 実際に着手するものの情報媒体からの批判や結果が求められる重圧に屈して、取り組めない監督が多かった。 正確に言えば、独自のスタイルに挑戦はしているもののメインは4-5-1になる事が多く、結果と内容のどちらも良かったという試合は、少なかった。 こういった試合で、正しい手段での新たな取り組みに挑戦した事は、素直に評価できる。 A代表を含め、所属クラブチームのから代表へ召集に対する世論が悪化していく中で、世界での代表強化時間はどんどん減っている。 それにより公式戦がメインで、負けが許されない試合が多い中で、こういった事に取り組むのは難しい事である。 しかし、U-23のリオ五輪への強化の過程での戦術的な柔軟性をあれだけ高レベルに出来た事を考えれば、少ない時間でも一定のレベルのサッカーまで高める事は出来る筈である。 そう考えた時にこの試合は、今後に繋がる非常に有意義な試合だったと言える。

4、試合後記

MOM

「9岡崎 慎司」

少ない決定機というよりは、隙を決定機にしてしまう創造性と嗅覚の力を実行に移せる技術力の成長を感じた。 欧州で活躍しているというのも納得の秀逸な素晴らしいゴールだった。

MIP

「15金崎 夢生」

多くのシュートチャンスがあったが、一度しか決めれなかった。 チームの戦い方の中、フィニッシャーとしては機能していたが、結果が伴わなかった。 シュート機会がを考えれば、もっと決めて欲しかった。

満足度

6点(10点満点)

最低限の結果は出せたという試合だった。 内容もここ近年の日本代表違ったものが見れて新鮮だった。 こういった新たな挑戦というのは大きく、実力差が少ない相手に対しても使える完成度を目指していって欲しい。

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

まだまだ未熟なので、おかしい点があるかもしれないので、反対意見歓迎ですし、間違いなどありましたらご指摘などのコメント宜しくお願いします。 良いと思ったら、支持を押して頂けると嬉しいです。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
2016年
ヴァヒド・ハリルホジッチ
新システム
ストライカー
香川真司
2016
アジア
小林悠
柏木陽介
原口元気
清武弘嗣
岡崎慎司
4-4-2ダイヤモンド
4-4-2
ハーフナー・マイク
金崎夢生
アフガニスタン
日本代表
日本
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ハリルホジッチはJリーグをリスペクトせよ~アフガニスタン戦レビュー&ファン投票最終告知~【キキアシワアタマ】

ハリルジャパンがアーセナルを目指している理由~アフガニスタン戦先発メンバー&キーマン予想~【キキアシワアタマ】

なでしこオリンピック出場ならず、の件【サッカーを楽しく観よう】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2753012

(10月18日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss