中学サッカー小僧のブログ

soccer-kozo

株式会社 白夜書房 『中学サッカー小僧』編集部 『中学サッカー小僧 親子で目指すプロ選手』 8月1日(月)発売!!! 定価1200円(税込) もっと見る
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:640564
  • (09月22日現在)

最新の記事

ベスト4より、ベストゲーム

☆★☆★☆★☆★☆★☆ ↓ twitter始めました!! ↓ 中学サッカー小僧twitter ★☆★☆★☆★☆★☆★ みなさん、こんにちは。 バルセロナのグアルディオラ監督は、試合後の記者会見を必ずあいさつから始めるそうなので、真似してみました(笑)。 もちろん、彼の語り口調、振る舞い、ユーモア、雰囲気があってのことだと思いますが、このあいさつによって記者たちは話しに引き込ま......続きを読む»

大丈夫……、岡田ジャパン!!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆ ↓ twitter始めました!! ↓ 中学サッカー小僧twitter ★☆★☆★☆★☆★☆★ お待たせいたしました、いよいよワールドカップ!!! ……と、その前に。 『中学サッカー小僧 ワールドカップ特集号』の発売です! パチパチパチ。 今回のメイン特集は「W杯を楽しむためのQ&A20」。 観戦方法、注目選手、優勝候補チーム、歴史......続きを読む»

ゴール=ケチャップ??

☆★☆★☆★☆★☆★☆ ↓ twitter始めました!! ↓ 中学サッカー小僧twitter ★☆★☆★☆★☆★☆★ こんにちは。 タイトルがあきらかに変ですね(笑) でも、このタイトルには“深イイ話”が詰まっているのです。 この話しの主は、世界のスターが集結するレアル・マドリードでゴールを量産し、アルゼンチン代表としてW杯での活躍にも期待がかかる、最近絶好調のゴンサロ......続きを読む»

ワールドカップまで……99日!

☆★☆★☆★☆★☆★☆ ↓ twitter始めました!! ↓ 中学サッカー小僧twitter ★☆★☆★☆★☆★☆★ いや~、ご無沙汰してしまってすみません…(汗) ワールドカップまで100日を切ったというのに、ブログ更新を怠けていてはいけませんね。。。反省反省。 ブログは少し怠けていましたが、次号の中学サッカー小僧の製作は順調に進んでいますよ。 雑誌の顔となる表紙の打合せ......続きを読む»

遅れましたが…

2月12日に中学サッカー小僧テクニカルの第3弾、 『中学サッカー小僧 スペイン最強選手直伝ドリブルレッスン』が発売されました。 もうかれこれ5日前なので(汗)、もう知っている方も多いと思いますますが、中身をざっとおさらいしておきます。 ○特集1 スペイン最強選手直伝ドリブルレッスン ■ダビド・シルバ(バレンシア)インタビュー ■ファン・マヌエル・マタの突破の......続きを読む»

山梨学院コンビの中学時代

ずいぶん遅くなりましたが、選手権についてちょこっと書いておきます。 優勝は、ご存知のとおり、山梨学院大学附属高校。初出場初優勝でした。 このチームには、FC東京U-15むさし出身の選手が複数名います。なかでもキャプテンの碓井鉄平選手と右サイドの平塚拓真選手は、U-15の高円宮杯で準優勝したあの年代の選手(現3年生)。それなら中学時代にも何度か彼らの試合を見ていたはずだ(記憶力悪いので…)。と......続きを読む»

2010年、寅年の王者は??

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。 2010年になって早、一週間。 この間、何をやっていたかといえば、我ら編集部員は当然、選手権取材に出ていました。 明日はいよいよ準決勝です。 お昼キックオフとはいえ、2試合連続で観戦するには、完全防寒が欠かせません。お出かけの方は十分に対策していきましょう。 <【準決勝】1月9日土曜日@国立> 12:05    矢板中央......続きを読む»

さて2010年は?

2009年も中学サッカー小僧ならびに中学サッカー小僧テクニカル、そして当ブログをご愛顧いただきありがとうございました。 いよいよ高校サッカー選手権が開幕しましたね。記念すべきW杯イヤーの高校チャンピオンはどこになるのでしょうか? 来年も引き続き中学サッカー小僧をよろしくお願いします。 ...続きを読む»

マラドーナ監督 ドログバ、ルーニー、イブラヒモビッチ

年末はなんだかバタバタしますね。 更新もサボりがちですみません。 明後日27日(日)に、ユースサッカー界も年の瀬を迎えます。 いよいよ、ですね。 【U-15】高円宮杯・準決勝@西が丘 【U-18】Jユースカップ・決勝@長居 高円宮杯・準決勝は、11:00からコンサドーレ札幌vs東京ヴェルディ。13:20からヴィッセル神戸vs柏レイソル。いずれもJ下部対決と相成りました。 ......続きを読む»

12月22日発売です!!

いよいよ明日22日に中学サッカー小僧テクニカル “1ヶ月で結果が出るドリブル授業”が発売されます。 一足早いクリスマスプレゼントに、みなさん買ってもらいましょう(笑) 今回もかなり充実の内容になっています。 しかも1ヶ月でトレーニングできるような構成になっていますから、取り組みやすい! なんと! 1日5分から始められます。 では、以下に主な内容を載せておきま......続きを読む»

いよいよ。

制作終了間際です。 その名も『中学サッカー小僧テクニカル “1ヶ月で結果が出るドリブル授業”』 …です。 編集部の人には内緒で表紙のっけちゃいます(汗)。 発売は12月22日になっております。 今回は、なんとカレンダー形式になっていて、1ヶ月トレーニングするプログラムになっております。 その中身は、…おっと。 今日はここまでです。 ......続きを読む»

ディーン・アシュトン引退

ずいぶん寒くなりましたね。 こういう日は、古傷がちょっぴり痛みます。 そんなことを思っていたら、残念なニュースが入ってきました。 ディーン・アシュトン引退。 みなさん、ウェストハム・ユナイテッド所属のこのストライカーをご存知でしょうか。 185cm/77.63kg(クラブHPより)のがっちりした体躯で、イングランド代表に欠けているピース(ルーニーの横)になりえるかと思われたので......続きを読む»

ルーマニアのサムライ

先日、こんなニュースが流れたのを皆さんは見ましたか? ↓  ルーマニア1部リーグのFCアストラ・プロイェシュティに所属する瀬戸貴幸が2日のリーグ戦第15節、オテルル・ガラティ戦でゴールを決め、同国の1部リーグで日本人として初めてのゴールを挙げた。  チームは2-3で敗れた。 このニュースを見たとき、自分のことのように嬉しくなりました。 というのも、瀬戸貴幸選手には『中学サッカー......続きを読む»

ワールドカップ。最高の組み合わせ

サカつくのやりすぎで左手が腱鞘炎になりました。 あれって結構痛いですね。 でもそれにめげずに手で持たずテーブルの上におきながらやっています。 それにしても我がチーム。J1昇格は夢のまた夢のようです。 最高順位5位を記録しても、それより上はのぞめません。今のところ。 ゲームとはいえ、クラブ経営、監督業の難しさを痛感しております。 現実のJクラブ、世界のクラブの方々はすごいなぁ、......続きを読む»

日本代表=草食系??

W杯の組み合わせが決まりましたね。 日本代表はオランダ、デンマーク、カメルーンと同じE組。 日程は、 6月14日 vsカメルーン 6月19日 vsオランダ 6月24日 vsデンマーク となっています。 とそこで、抽選が行われる数日前の記事だと思いますが、イギリスのとある大衆紙での面白い企画を発見したので紹介したいと思います。 その企画では、イングランドのエンブレムが『スリ......続きを読む»

怒涛の週末 W杯抽選、J2、J1などなど

昨夜ワールドカップの抽選が行われ、グループ分けが決定しました!! おさらいしておくと、日本が入ったのは、 E組 オランダ、デンマーク、日本、カメルーン というグループです。どこも強そうだなぁ。 さて、本日は、息つく暇もなく、J2、J1と最終節が行われますし、群馬県、愛知県、京都府、佐賀県で高校サッカー選手権予選の決勝が行われます(ちなみに明日の千葉県と静岡県で出場48校が出揃......続きを読む»

スポーツを科学する

昨日、いつもお世話になっているライターさんの紹介でスポーツを科学的に分析している方々と打合せをさせていただきました。 サッカーだけに限らず、あらゆるジャンルのスポーツを大量のデータや論文をもとに紐解いていき、トレーニングやコンディション維持、さらには戦い方や戦術にまで落とし込んでいる………。 と書くと何やら複雑そうですが、ようするに 数値化されたデータをスポーツに役立てる! ......続きを読む»

Jリーグもいよいよ…

今週末が最後。 J1優勝争いも、完全昇格を狙うJ2優勝争いも、そしてJ1昇格争いも最終節での決着とワクワクドキドキの1週間が始まりました。 J1優勝を目指す鹿島と川崎は、それぞれ、浦和(鹿島)、柏(川崎)と対戦。 J2完全昇格を狙う2チームは、それぞれ愛媛(仙台)、鳥栖(C大阪)と対戦。 そしてJ1昇格を懸ける湘南は水戸と。甲府は熊本と対戦。 J1優勝争いの最終ステ......続きを読む»

高円宮杯U-15の組み合わせ

先週のことではありますが、年末に行われる高円宮杯U-15の組み合わせが発表されました。 各グループの首位チームのみが、決勝トーナメントに進めるという過酷なレギュレーション。 さて、部活チームは残るでしょうか。 グループリーグは、宮城県、愛知県、徳島県、宮崎県の4県に散らばって開催され、なかなか見に行くことができないのですが、中学生年代の総決算的大会ですから、できる限りチェックし続け......続きを読む»

高校サッカー選手権

の組み合わせが決まりました。 開幕戦は、東京B代表と熊本県代表のルーテル学院。 昨年優勝した広島皆実をやぶり出場を決めた広島観音は、山形中央と。 ここ数年の選手権の常連組とも言える岡山の作陽は、長野県の松商学園、野洲は山梨県代表高、青森山田は兵庫県の神戸科学技術高とそれぞれ対戦。 予選未消化の10府県が残っているため、少しパンチに欠けた抽選会ではありましたが、はやり代......続きを読む»

出場32ヶ国の点取り屋

ワールドカップ2010に出場する32カ国が出揃いましたね! アイルランドの要求が通れば、入れ替わる可能性もあるんですが、どうなんでしょうか。そんなことって起きるんだろうか。 ともかく、“現時点での”出場国一覧を掲出してみます。 試合数の少ないオランダなんかには悪いけれど、各大陸内は単純に勝点(同数の場合は得失点差)順に並べてみました。 ……… FIFAのウェブサイトに、予選......続きを読む»

取材メモで思い出したドリブラー

いよいよ冬の到来。 サッカーをするのも見るのも厳しい季節になっていきますね。 しかし、冬の一大イベント高校サッカー選手権を忘れてはいけません! 来週の火曜日(11月24日)には早速、組み合わせ抽選会が行われます。 そこで、現在決定している出場校をチェックしつつ過去の取材メモとにらめっこをしていたら、気になるドリブラーのことを思い出しました。 広島県代表・広島観音高校の2年生......続きを読む»

監督って…

試合中はテクニカルエリアをいっぱいに使い、戦況を見つめ選手に指示を送り、まるで12番目のポジションがあるかのように選手とともに戦っているように見える人。 ベンチにどかっと腰を落ち着かせ、グラウンドの選手たちに睨みをきかせているかのように落ち着きはらって試合の行方を追っている人。 …の2パターンに大別されるように思えます。 主に前者は立っていて、後者は座っています。 ......続きを読む»

U-17ワールドカップ 決勝戦予想

ナイジェリアで行われているU-17ワールドカップもいよいよ大詰です。 あとは、3位決定戦(コロンビアvsスペイン)と、決勝戦(スイスvsナイジェリア)を残すのみ。日本時間の15日(日)深夜(~16日明け方)に決着がつき、悔しくてジリジリしたワールドカップが閉幕します。 いやはや、スイスがここまで勝ち上がるとは、正直、予想していませんでした。日本戦を見た後ですら、そうは思えなかった。 ......続きを読む»

盛り上がらない理由

Jリーグもいよいよ佳境。 週末の試合はどこも白熱していましたね。 J2の湘南、甲府の次戦はすごいことになりそう。 鹿島の勝ちっぷりに感動しつつ、川崎の執念に驚き、ガンバに面白さを見てなんとなく1週間が終わりました。 千葉の降格も残念でしたが、セレッソの乾選手もすごかった。 U-17の戦いを終えて、宮吉選手はベンチ入りをしていましたね。 出場しませんでしたが。 ......続きを読む»

U-17ワールドカップ 続報

今日は寒暖の差が激しい一日ですね。 朝は寒くて、ガッツリ着込んで家を出たのですが、サッカーをしているうちに太陽が元気になってきまして、暑いくらいになりました。 ふぅ~。 現在、次号の『中学サッカー小僧テクニカル』の取材を進めているところです。今日も、目からウロコの新技術を教わってきました。 「これは試合でも確実に使える!」 「今日だけでもうまくなった!」 と、編集部一......続きを読む»

U-17終戦

結果3連敗。 内容はとにかく、1勝もできなかったという事実。 テレビ局のおかげもあり、中継も入った今大会。深夜帯とはいえ、サッカーに関心のある人たちの目にも入ったはず。 選手たちの頑張りには頭が下がりますが、個人的にも少し残念な気持ちがあります。 みなさんは今大会を通してどんなことを考えていますか? ...続きを読む»

U-17日本代表 グループリーグ突破条件

続いて、U-17日本代表の「わずかな希望っていうのが実際どれくらいあるんだろう」を見ていきましょう。 現在、我らが日本代表は、2戦を終えて勝ち点ゼロ。しかしながら、今大会のレギュレーションは、「グループ2位以上およびグループ3位の6チーム中上位4チームが決勝トーナメントに進出する」ってなものになっていますので、次のメキシコ戦で勝てば、まだ希望があります! 一番わかりやすいのは、日本がメキ......続きを読む»

U-17日本代表 ショッキングなスイス戦

先日のU-17W杯スイス戦は、ショッキングでしたね。 前半は、「これが本当にヨーロッパ予選を勝ち抜いたチームだろうか?」と思ってしまうほど、スイスのプレー内容がよくなかった。 プレスは緩いし、パスも安易。 わざわざ日本代表の得意な土俵で相撲を取ろうとして、自ら首を絞めていたように感じました。 スイスは背の大きな選手が揃っているというのに、なかなかロングボールサッカーに切り替え......続きを読む»

U-17日本代表vsブラジル戦

今朝のブラジル戦、みなさんはどんな感想をお持ちですか? 僕は、正直いまだに興奮が冷めません。 なぜか。 というのも、日本にとってのこの開幕戦、アンダーとは言えあのブラジル相手に十分対等にわたりあい少なくとも最低限の勝ち点は取ることができたのではないかという、残念な気持ちの憤慨があり、それが今も続く落ち着きのなさというか興奮になっています。 少し変な表現ですが。 ......続きを読む»

1 2 4 5 6 7

このブログの記事ランキング

  1. 『中学サッカー小僧』新刊発売のお知らせ
  2. 暁星中学校取材こぼれ話
  3. 【マッチレポート】浦和レッズ vs 前橋FC
  4. クライフ哲学とは何なのか?
  5. 「JFAアカデミー福島2」誕生!?
  6. 高円宮杯(U-15) 残念な組み合わせ
  7. 育成に燃えているのか!?  JUMPが続々と…
  8. U-15クラブユース選手権決勝戦&デベロップカップ決勝戦
  9. 高校サッカー選手権レポート(遅っ…)
  10. 肉離れ

このブログを検索

月別アーカイブ

2011
08
07
05
04
03
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss