中学サッカー小僧のブログ

親子で語れるマラドーナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。

相変わらず外は蒸し風呂状態。かといって、冷房の利き過ぎた電車や室内は居心地が悪い。ん~、難しい季節といえばそれまでですが、個人的に夏は大好きなのでOKとしましょう。

さて、ワールドカップもベスト8が出揃ったところで一息ですね。
開幕から約3週間続いた試合(テレビ放送)も昨日は無く、ようやくグッスリ眠ることができました。しかし、日本代表も敗れてしまい、なにか物足りない夜でしたが……。

本題です。

タイトルにあるマラドーナ。いろんな意味で絶好調なマラドーナ。不思議な人、マラドーナ(笑)。

33歳の私にとってマラドーナとは、青春時代の大大大スターでした。

同じくらい、またはそれ以上の年代の方なら、必ず何らかの影響を受けた存在だったのではないでしょうか。

しかし………。

取材でジュニア~ユース世代の現場に行き、選手たちと話をすると、この「マラドーナ」という最強キーワードが通じないというカルチャーショックを感じていました。

「誰その選手?」に始まり、「名前は知ってるけどプレーは見たことがない」と続き、お決まりの文句は「太って死にかけた人でしょ」と……。

悲しいかな、これが少年たちのリアルです。別にいいんです。それこそがマラドーナのカリスマ性だと思っているので。30歳以上の方は理解していただけますよね?(笑)

そこで。

今回のワールドカップでのアルゼンチンの活躍が、私が感じていたカルチャーショックを消し去ってくれると期待しているのです。

ジュニア~ユース世代の少年たちは、メッシやテベスといったスター選手たちをフィルターにマラドーナのことを見ています。

子供を持つお父さんお母さんたちは、鼻高々にリアルタイムで見ていたマラドーナのことを語れることでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
海外サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

親子で語れるマラドーナ

はじめまして 私も今年33歳を迎えるのですが、同様の事を考えていました。

アルゼンチン頑張って欲しいですね

ディエゴはやってくれるはずです

こんな記事も読みたい

 山賊かや!【火野蜂三の「出雲弁 de サッカーコラム」】

余韻【スポーツ観戦雑感書き散らしコラム】

南アW杯:日本代表に想う~歴代「最高」の日本代表~【Wの逆襲~世界の強豪たち~】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer-kozo

株式会社 白夜書房
『中学サッカー小僧』編集部

『中学サッカー小僧
親子で目指すプロ選手』

8月1日(月)発売!!!
定価1200円(税込)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:638032

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 『中学サッカー小僧』新刊発売のお知らせ
  2. 暁星中学校取材こぼれ話
  3. 【マッチレポート】浦和レッズ vs 前橋FC
  4. クライフ哲学とは何なのか?
  5. 「JFAアカデミー福島2」誕生!?
  6. U-15クラブユース選手権決勝戦&デベロップカップ決勝戦
  7. 高円宮杯(U-15) 残念な組み合わせ
  8. 育成に燃えているのか!?  JUMPが続々と…
  9. 高校サッカー選手権レポート(遅っ…)
  10. 肉離れ

月別アーカイブ

2011
08
07
05
04
03
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss