中学サッカー小僧のブログ

いやぁ、よかった。やばい。しびれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

現地レポート/飯塚健司

「いやぁ、よかった。やばい。しびれる」

 これは、試合後の長友選手の第一声だ。日本代表が国外でのワールドカップで勝利したのは、はじめてのこと。日本サッカー史に、またひとつ新たな歴史が加わった。さっそく、記念すべき一戦を振り返ってみよう。

 日本代表の岡田監督は、試合前日に「われわれが勝つとしたら、1-0や2-1。なので、前半を0-0、0-1なら問題ない」と予想を立てていた。

 いざ試合がはじまると、岡田監督の予想以上の展開になった。日本代表の作戦は前線からボールを追いかけるのではなく、ある程度はカメルーンにボールを持たせるというもの。この狙いがうまくいった。素早いパス交換、素早い攻守の切り替えはなかなかなかったが、落ち着いて守備をすることでミスを犯すことがなく、冷静に試合を進めることができた。

 そんなかか、日本代表は少ないチャンスを生かして先制点を奪った。ゴールキーパーの川島選手が前線に出したボールを前線で本田選手が受け取り、中盤の遠藤選手へパス。遠藤選手がすぐに右サイドの松井選手にパスを出すと、フリーでこのボールを受けた松井選手は華麗にワンフェイントを入れて、左足でゴール前へ折り返した。

 ゴール前には大久保選手、本田選手がつめていた。カメルーンのDFもしっかり人数が揃っていたが、大久保選手が2人をひきつけることで、ファーサイドで本田選手がフリーになっていた。

「ボールがよかったので、しっかりと足元に止めて決めるだけだった」(本田選手)

 ゴールが決まった瞬間、日本代表のベンチからはサブの選手も含めて全員が飛び出していた。その歓喜の輪のなかへ、本田選手も長い距離を走って飛び込んでいった。このシーンは、記者席に設置されたテレビで何度も何度も繰り返し流された。映像を製作する他国のスタッフからみても、感動的なシーンだったのだ。

 岡田監督の予想を上回る1点のリードで後半を迎えると、同点を目指すカメルーンの攻撃がパワーアップしてきた。中盤にエマナ、ジェレミを投入し、前線にイドリスを入れて早い段階からパワープレーを仕掛けてきた。しかし、日本代表の選手たちは決してあわてなかった。

「イドリスとジェレミを入れてロングボールを蹴ってくるのはわかっていた。こぼれ球を拾うように指示していた」(岡田監督)

 日本代表のカメルーン対策は万全だった。これまでは終了間際になると運動量が落ちることもあったが、この日は各選手が最後まで足を動かし、懸命にボールを追いかけた。ロスタイムにエムビアのミドルシュートがゴールバーを直撃する危ないシーンもあったが、最後までカメルーンにゴールを許さず。本田選手が奪った1点を全員で守りきり、貴重な勝点3を得た。

 勝因はいくつかあげられる。韓国、イングランド、コートジボワールと戦った最近の強化試合では結果が出ていなかったが、逆に問題が明らかになったことで本番を迎えるまでにしっかりと準備することができた。フィジカル、メンタルともに選手たちのコンディションもよく、チームに一体感があった。そのため、運動量が落ちることなく、最後まで戦い抜くことができた。

 とはいえ、まだワールドカップははじまったばかり。岡田監督はもちろん、選手たちもすぐに次へと気持ちを切り替えていた。なにせ、次の対戦相手はオランダだ。またしっかりと準備をして、臨んでほしいところだ。


監督&選手コメント

岡田武史監督
「疲れたな」というのが本音。しかし、試合後は次のオランダ戦のことが浮かんだ。はじめてアウェイでのワールドカップで勝点3を得たが、まだ何も得ていない。

本田圭佑選手
自分たちの強みは団結力。最後まで自分たちの力を信じて守ったのが大きい。(ゴールシンは)ボールがよかったので、しっかり足元に止めて決めるだけだった。

長友佑都選手
いやぁ、よかった。やばい。しびれる。やっぱり、みんなで勝ち取った勝利なので。

駒野友一選手
最後まで無失点に抑えたのは、次につながる。緊張することなく試合に入れた。(前回大会の)経験が生きた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロサッカー(国内)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

勝てばいいーんです。【オープン・ザ・ドア】

ついに開いた道【Football Is The Final Liberty 】

"1勝"1分5敗  【日本 vs カメルーン】【カキナグルー】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer-kozo

株式会社 白夜書房
『中学サッカー小僧』編集部

『中学サッカー小僧
親子で目指すプロ選手』

8月1日(月)発売!!!
定価1200円(税込)
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:638046

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 『中学サッカー小僧』新刊発売のお知らせ
  2. 暁星中学校取材こぼれ話
  3. 【マッチレポート】浦和レッズ vs 前橋FC
  4. クライフ哲学とは何なのか?
  5. 「JFAアカデミー福島2」誕生!?
  6. U-15クラブユース選手権決勝戦&デベロップカップ決勝戦
  7. 高円宮杯(U-15) 残念な組み合わせ
  8. 育成に燃えているのか!?  JUMPが続々と…
  9. 高校サッカー選手権レポート(遅っ…)
  10. 肉離れ

月別アーカイブ

2011
08
07
05
04
03
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss