Soccer D.B. 管理人のブログ

夏に成績が上がるor下がるチーム(J1,J2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月に入ってシーズンも折り返す時期になりました。いよいよ夏本番に差し掛かるタイミングとなりますが、「夏」になったタイミングで成績がどう変化したのかをまとめてみました。

データ対象は2007年から昨年までのJ1とJ2で、それぞれの開幕から6月末までと7~8月の成績から平均勝ち点を計算してその差分を各チーム毎に計算した結果が下のグラフとなります。対象データが2年以下のチームは省略させて頂きました。

チーム集計

差分が±0.2以上あるチームについて簡単に紹介していきます。

松本山雅FC

松本の変化

J参入から3年間のデータが高く、5年分しかデータがない影響もあって、松本が対象チーム内で最も夏に成績が上昇しているチームとなりました。実は反町監督は湘南時代はこの変化が下降傾向にあったのですが、松本の監督になってからは上昇しているようです。ただ一昨季と昨季は停滞。今季は現状の成績を考えるとかつてのような大幅な上昇が求められます。

名古屋グランパス

名古屋の変化

後ほど監督のデータも紹介しますが、名古屋はストイコビッチ監督の上昇率が高く13年の夏は1敗のみ。ただこのシーズンは5月が全敗、9月も再び黒星が増え中位に終わっていました。他のシーズンも大きな下降はありませんでしたが、小倉監督が率いた昨季は低迷し降格の要因となりました。

徳島ヴォルティス

徳島は5年連続で夏に成績が上昇中。どれも大きな上昇幅ですが、特に昇格を果たした2013年が目立ちます。今季もチームの出来具合を考えると上昇は十分ありえるでしょうし、この夏を好成績で乗り切れば2013年と同様に昇格も現実的になってくるのではないでしょうか。

横浜FC

横浜FCは上昇率が高いシーズンが多い一方で、落ちる時は落ちるといった傾向。2014年が目立ちますが、この年は夏だけ好成績で他の時期が伸び悩んだシーズンでした。今季は春の好調ぶりから一転して下降線を辿っていますが、果たして夏はどちらに向くでしょうか。

横浜F・マリノス

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:
J2
J1

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鹿島の監督交代は吉、レッズの監督交代は?【当てtoto】

勝利の神は細部に宿る - 2017 J1 第17節 vs鹿島アントラーズ@日立台【太陽王発電観測所】

前半終了【ダブルボギーの憂鬱】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer-db_2014

世界中のサッカーが好きです。

Twitterアカウントは @soccerdb_2014 です。
  • 昨日のページビュー:118
  • 累計のページビュー:1561544

(09月11日現在)

関連サイト:Soccer D.B. : サッカー・出場記録データベースサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグ出身大学ランキング
  2. 【toロシア】次の日本代表メンバーを予想してみる
  3. Jリーグ出身高校ランキング
  4. J1からJ2へ降格して何年で昇格しているかまとめてみた
  5. Jリーグ出身ユースランキング
  6. J1大卒選手の出場状況
  7. 過去のCL決勝を振り返る
  8. ランキングで振り返るACLグループステージ
  9. J1 「○○キラー」をまとめてみた
  10. ACLの全参加チームが決まったので、グループ分けと注目選手でも

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
08
07
05
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss