Soccer D.B. 管理人のブログ

高円宮杯U-18プレミアリーグにおける中断前後の成績変化について

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末から高円宮杯U-18プレミアリーグ(以下プレミア)が再開されます。高体連(高校)とクラブユースが混ざったこの年代における国内のトップリーグであるこの大会ですが、今回はタイトルの通りリーグ戦の中断期間を経た際の成績変化についてまとめました。

なんとなく普段データを更新していて、 ①プレミアは中断前後で成績が大きく変わっているような気がする ②高体連は後半戦の方が強い気がする の2点が気になったのでそれを検証してみようと思ったわけです。

この年代はリーグ戦以外に大きな大会では高体連だと高校選手権と総体(インターハイ)、クラブユースだとクラブユース選手権とJユースカップがあり、その全国大会や地区大会の影響でリーグ戦の中断が大きく3回あり、開催が4つの期間に分かれます。

期間分け

本記事ではざっくりと春、夏、秋、冬としました。春、秋が試合数が多く、夏、冬は試合数が少なめになります。特に冬は2、3試合消化して終わるのでデータのサンプルとしては少なめですね。悪天候などで試合が延期となる場合も多々あります。そのような場合は近い期間に含めて計算しました。

プレミアは大会がスタートしたのが2011年ですので、2011から2016までの全シーズンを対象に4つの期間でクラブユースと高体連に分けて勝ち点取得率を計算しました。勝ち点取得率というは最大勝ち点(試合数×3)に対してどれくらい勝ち点を得たのかという割合です。5試合行って3勝2敗なら60%、3勝2分なら73.3%となります。

ユースと高体連

クラブユースチームの方が多く且つ幾度もチャンピオンになっているだけのことはあり、両者の比較という意味ではクラブユースの方が勝ち点を得ています。ただ期間別の変化という意味では、やはり想像通り高体連の方が上昇率が高いことが分かります。春と秋を比較するとクラブユースは微減しているのに対し、高体連は約3.5%上昇。高体連は冬の高校選手権が一番のビッグイベントでしょうから、ここに向けて調整しているのでしょうか。

各期間の間でどれくらい勝ち点取得率が変化したのか。全シーズンの各チームの増減を分布させてみました。春→夏のところで言うと、勝ち点の取得率が50%以上増えたチームが7.8%ある、という見方です。

増減

比較例としてJ1、J2も計算してみました。2011年は震災の影響によりスケジュールがバラバラとなったので2012年からで計算し、期間の分け方も表の下にある通り月で分けました。Jの方が試合数が多くサンプルの数が整っている影響もあるのですが、やはりプレミアの方が成績が変わりやすい傾向になっています。例えば春→夏でいうと30%以上の上昇率がリーグ全体の約16%で、-30%未満の下降率もだいたい同数です。20チームが参加していますから、6チームくらいは大きく成績が変化していることになります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校・ユース
タグ:
高校サッカー
U-18
ユース
高円宮杯

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】U20のエース、堂安律の本領発揮!(イタリア戦2-2)【サムライブルーの風】

2017 U-20W杯  日本代表  イタリア戦小感【ニコ小鉢その2(仮)】

攻めるパス【~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer-db_2014

世界中のサッカーが好きです。

Twitterアカウントは @soccerdb_2014 です。
  • 昨日のページビュー:118
  • 累計のページビュー:1561544

(09月11日現在)

関連サイト:Soccer D.B. : サッカー・出場記録データベースサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグ出身大学ランキング
  2. 【toロシア】次の日本代表メンバーを予想してみる
  3. Jリーグ出身高校ランキング
  4. J1からJ2へ降格して何年で昇格しているかまとめてみた
  5. Jリーグ出身ユースランキング
  6. J1大卒選手の出場状況
  7. 過去のCL決勝を振り返る
  8. ランキングで振り返るACLグループステージ
  9. J1 「○○キラー」をまとめてみた
  10. ACLの全参加チームが決まったので、グループ分けと注目選手でも

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
08
07
05
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss