SNHU Sport

フィラデルフィアから学ぶ・・・2

このエントリーをはてなブックマークに追加

このアイディアを、東京ヴェルディが使ったとする。このアイディアをやると考えた時に色々な問題を解決をする必要がある。

1.誰がやるのか?
まず、このアイディアを実行する為に、東京ヴェルディから社長を中心に数人。東京都から数人。大体5人以上10人以下のグループを作る。

2.何をやるのか?
東京都のTokyoアートタウン計画に協力をして、東京ヴェルディのマスコット、ヴェルディ君を東京都(西東京)を中心に16体置く。デザインは、14体は東京を出身のアーティストに頼む。1体は東京ヴェルディのシーズンチケットホールダー、最後の一体は公募によって決める。マスコットの製作会社は、アートタウン計画の一部の会社または、東京都が推薦する会社を使う。

3.いつやるのか?
Jリーグが行われているのは夏なので、1シーズン全て。

この後、マーケティングプランを考えなくてはいけない。色々な方法がある。色々な方法でもやはり、最終的にファンがスタジアムに来てくれないと意味が無い。日本の凄い所は、携帯電話である程度であれば何でも、出来る事である。そして現在、スマートフォンの発達により色々なアプリを作る事が出来る。このアプリなどを使ってファンをスタジアムに呼んでみたらどうだろうか。

これであったら出来ない事ではない。お金もそこまでかからないだろうし、市とも協力できるはずだ。しかし、この様な事をしても、やはり、現場である。もしフィリーズが弱かったら、これがファン集客になるのか?なかなか難しい問題である。

蓑和久徳



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ストラスバーグはオールスター出場なるか?【MLB Dreams】

福留の信頼度はいったい。【樫井太郎のマジックスポーツ!】

またも怪我人続出【MLB好き!! ~別館~】

ブロガープロフィール

profile-iconsnhusports

高校2年の時にアメリカに留学。昨年9月に、マスターを3つ取って、卒業。New Hampshire Fisher Cats(2A)、Boston Bruins(NHL)でインターンを経験。現在はPittsburgh Piratesでインターン中。

質問がある方は、snhusports@gmail.comに連絡ください
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:31814

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 文化としての高校野球
  2. ギブアウェイの驚異的な効果
  3. なぜ人が日曜夜8時から始まる試合に来るのか?Vol.2
  4. 澤穂希選手をボストンで応援しよう!
  5. 選手の奥さんの仕事
  6. 終了
  7. WSP澤穂希選手応援ツアー
  8. Back to Reality
  9. フィラデルフィアから学ぶ・・・1
  10. 遂に

月別アーカイブ

2010
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss