SNHU Sport

静かなる戦い

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのスポーツの球場でSilent Auctionをやっている所が多い。マイナーリーグだと、サイン入りグッツなどをやっている店と提携して、Silent Auctionをしている。メジャーレベルだと、FoundationとかCharityが企画してやっている。Silent AuctionとAuctionの違いは、選手がサインをしたボールなどのメモリビリアを声を出してAuctionをするかしないかの違いである。Silent Auctionは紙に自分の希望額を書くだけだ。それを繰り返して7回裏が終わった時点で最高額を記入下人がそのAuctionの勝者となる。現在いるチームでは、そのお金がチャリティー部署に流れてるようになっている。

snhusport 12
実際に、このSilent Auctionを日本でやろうとしたら難しいのではないかと感じた。下に書く3つが非常に問題になって来ると思う。 1.場所。日本の小さな家にボールなり、ユニフォームを飾る所はあるだろうか?超豪邸で無いと、難しいと思う。ユニフォームコレクターは多い事は知っている。しかし、額に入ったユニフォームを飾る事はしていないと思う。一方アメリカでは、少なくとも一つの部屋をコレクタールームとして使えるだけの大きさがある。むしろ、スポーツメモリビリアの部屋を作る事が一つのステイタスの様な感じがする。 2.税金。日本の税制について、余り詳しく知らないのだが、寄付とかが余り盛んで無い所を見ると、寄付に対しての税制がアメリカと違うのでは無いかと感じる。Auctionで使ったお金は、寄付として認められ、税金を払う額が少なくなる仕組みになっている。日本でこの様に寄付に対して納税額が少なくなるなどの改正が進めば寄付に対して意見が変わると思う。もし意見が変われば、このSilent Auctionなどにイベントに積極的になるのではないだろうか? 3.金銭感覚。このSilent Auctionについてアメリカ人のボスと話をした所、金銭感覚に大きな違いを感じた。僕の感覚から行くと、使って折れたバットに$100を出すのは不可能。ボスにしてみれば可能。20m近くあるバナーを買う事は僕にとって異常なのに、ボスにとってみれば唯一の物だから異常ではない。果たして日本人が、サイン入りユニフォーム$350、サイン入り写真とボールのセット$700を使うだろうか?僕には、なかなか理解出来ないし、出来る人は少ないのではないのかなと思う。 日本でやるとしたら、この3点を変えなくては行けない。まず、税制が変わらないと行けないのではないだろか?政治がスポーツに関ってくる事は余り良くないと思うのだが、会社にもっと社会貢献をさせる為に、チャリティーに関しての財務改革は必要だと思う。政府も普段無駄だと感じている所を、会社によってカバーされればプラスになるし、会社にとってみれば、やはり、納税金が減るというのはやはり魅力だと思う。個人レベルでもそれがいえると思う。その様な感覚を味わってもらう事が大切なる。このAuctionで一定の売り上げなどをする事が出来たのであれば、球団はいらない物を処理できるし、スポンサーを得る事を出来る。お客には、自分が使った2万円が何かのチャリティーイベントの為になっているという事を簡単に分かる様な状況にすれば、多くの人が参加していくはずだ。一番大切な商品の部分は、記憶の販売が日本人には喜ばれるのではないだろうか?Silent Auctionの商品の中身を比べて見ると、メモリビリアと記憶(旅行券など)の比率は8:2である。日本ではこの比率を逆にするべきだと思う。例えば、選手に会えるチケット、東京ディズニーランドのパスなど、記憶には残るが手元に残るのは写真だけの様な形にすれば良いのではないだろうか。その様にすれば、場所の問題が解決すると思う。そして、この世界で一人だけに与えてもらえる事が出来る権利だとすると、レアな物が大好きな日本人はお金を使ってくれると思う。記憶を販売する事によって、場所と金銭感覚の問題を解決するのではないだろうか。 日本の球団で、どの様な取り組みをしているのか気になる。知っている人がいたら教えてください。 のり




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

静かなる戦い

Kimiさん

今いる部署の問題かも知れませんね。弱いチームでは、この様な事をしないと強いチームにまぎれてしまいますからね。けど、地域と密着するって言うのは、なかなか難しいです。

のり

静かなる戦い

やっぱりアメリカ人のほうがチャリティー精神はありますね。これは宗教を含めた文化的な背景が大きく影響していると思います。税制では日本も寄付に対する減税はあるもののその適用範囲がアメリカと比べて非常に狭く厳しいみたいです。ただ制度上の問題はあるにせよ、日本の球団でも地域貢献の観点からもっと出来る限りで活発にチャリティー活動に力を入れてもいいと思いますね。

こんな記事も読みたい

15安打4HRの猛攻で快勝!【Go! Jays! Go!】

松坂また大乱調・・・【スポーツノブログ。】

「敵は一塁方面にあり!」【SPORTING HOUSE】

ブロガープロフィール

profile-iconsnhusports

高校2年の時にアメリカに留学。昨年9月に、マスターを3つ取って、卒業。New Hampshire Fisher Cats(2A)、Boston Bruins(NHL)でインターンを経験。現在はPittsburgh Piratesでインターン中。

質問がある方は、snhusports@gmail.comに連絡ください
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:31814

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 文化としての高校野球
  2. ギブアウェイの驚異的な効果
  3. なぜ人が日曜夜8時から始まる試合に来るのか?Vol.2
  4. 澤穂希選手をボストンで応援しよう!
  5. 選手の奥さんの仕事
  6. 終了
  7. WSP澤穂希選手応援ツアー
  8. Back to Reality
  9. フィラデルフィアから学ぶ・・・1
  10. 遂に

月別アーカイブ

2010
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss