SNHU Sport

写真撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さい時はスポーツ選手になって、可愛い子と結婚して幸せに生活するって言う夢があった。夢は叶わなかったけど、その夢の近くにいる様な仕事を現在はしている。今日は、選手のお嫁さんの仕事について話をしてみたい。

この前、赤い服を着るあるチャリティーイベントの写真撮影の為に、選手のお嫁さんと仕事をする事があった。全員強制と言う訳ではないので、10人ぐらいのお嫁さんが来た。

snhusport 11
簡単なその日の流れ。 朝早くから、カメラマンのSettingを手伝う。カメラマンが、太陽の位置が動くから、あの動きを止めろって無茶苦茶な注文をしてくるし、突風で機材が飛んで行き、それを拾いに行ったり。本当にテレビ局のAD(イメージ)みたいな仕事を1時間する。 そろそろ、奥様方来るという事で、駐車場で到着を待つ。もちろん、みんな時間通りに来る訳も無く、時間通りに来た奥様とお話。たった何枚かの写真撮影の為に、僕のクローゼット並の服を持ってくる人もいるので、荷物運びなどひたすら雑用。着替えなど化粧などの準備が整った人から、セットまで連れて行く。芝の上を歩くなって注意しても、知らんぷり。 みんなそろった所で、ポーズを決める。 カメラマン「その靴変だから、他に無いのか。」 嫁1「あるけど、控え室だ」 Boss1「ノリが取りに行くから、どんな靴か説明して」(ノリ驚く) 嫁1「黒い靴だから。私の鞄の中。ありがとう」 みんな(ノリの顔を見て)「走れ!」 と台本に書かれてる様な流れで、ダッシュして控え室の往復。写真撮影中は、意見のぶつかり合いで本当に終わるか怪しくなるほど、揉める。しかし、意見が合致した後は、スムーズに物事が進む。 無事、写真撮影が終わりタオルと水を渡して終了。 何だかんだで3時間。選手と仕事をするよりも100倍大変である。ただ、みんな仕事に対して一生懸命で、良い物を作りたいから、色々な意見が飛び交う。僕の意見も採用されたり、自分の意見をぶつける事の大切さを学んだ気がする。 日本で選手のお嫁さんに注目してビジネスをする事が少ないかもしれない。イタリアでは、奥さんや恋人がカレンダーを作って売ったりしている。アメリカでも、乳がんの事だったり、子供の事だったり、選手のお嫁さんが宣伝している。個人的な意見だが、女性に対する宣伝効果はやはり、選手自身がするのでは無く、選手の奥さんがする方が効果的な気がする。選手の奥さんだって、偉そうに貴婦人ぶっているだけではなく、私と同じ問題を抱えているんだ等の“共感”を生む事が出来るはずだ。そして、母の日であったり、子供の日であったり多くのか“共感”作って行く事が、ファンをスタジアムに呼ぶのかもしれない。この前のヤンキースの店とこの“共感”を組み合わせる事で、また新たなビジネスの可能性が見えるかもしれない。 大学院は終わったがこれから学ぶ事はめちゃくちゃ多そうだ。 のり




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

9回の(悲)劇的な逆転に先発orzガックリ、クローザーΣ(゚Д゚|||)ガーンだった話。【SPORTING HOUSE】

松井秀は好返球も……【MLB Dreams】

カーヒル(笑)が初勝利【MLB好き!! ~別館~】

ブロガープロフィール

profile-iconsnhusports

高校2年の時にアメリカに留学。昨年9月に、マスターを3つ取って、卒業。New Hampshire Fisher Cats(2A)、Boston Bruins(NHL)でインターンを経験。現在はPittsburgh Piratesでインターン中。

質問がある方は、snhusports@gmail.comに連絡ください
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:31816

(10月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 文化としての高校野球
  2. ギブアウェイの驚異的な効果
  3. なぜ人が日曜夜8時から始まる試合に来るのか?Vol.2
  4. 澤穂希選手をボストンで応援しよう!
  5. 選手の奥さんの仕事
  6. 終了
  7. WSP澤穂希選手応援ツアー
  8. Back to Reality
  9. フィラデルフィアから学ぶ・・・1
  10. 遂に

月別アーカイブ

2010
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss