SNHU Sport

ギブアウェイの驚異的な効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナーリーグにおけるプロモーションでギブアウェイの効果は絶大のようです。

NHLの下部リーグであるAHLに属するLowell Devilsはリーグでも観客動員において断トツで最下位をひた走るチーム。首位のチームが10,000人弱の平均観客動員をほこるのに対してLowell Devilsは平均で2,500人余りなのでその差は歴然としています。

しかし、このチームがプロモーションでギブアウェイを実行すると平均観客動員数で4,300人余りにまで膨れ上がります。ギブアウェイのない試合の平均が1,900人ほどなので、この効果は明らかです。なかでもバブルヘッドのギブアウェイ(先着2,000名)を行った5試合の平均は約4,800人なので多くのお客さんの関心を集めていることがわかります。

特にLowell Devilsのように観客動員の伸び悩むチームにとっては効果的なプロモーションのように思います。ただ初めの3回まではバブルヘッドのギブアウェイで5,000人以上の観客を集めていたにも関わらずここ2回は4,000人台、3000人台と観客数を減らしています。その他の要因は一切無視しているので一概には断定できませんが、あまりバブルヘッドのギブアウェイを頻発するとその効果は薄れるようです。それでも行わないよりは行ったほうが多くの人を集めています。

まあ個人的にもタダでもらえるものはもらっておきたいですもんね。ゲームそのもので観客を集められたらそれが一番なのでしょうが、こういった付加価値をつけて観客動員を伸ばすことはチームにとってもお客さんにとってもいいことなのではないでしょうか。当然こういったギブアウェイにはスポンサーもついているので、バブルヘッドのように部屋に飾られるなど大切にされるものはスポンサーにとっても魅力があるのかもしれません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ギブアウェイの驚異的な効果

kimiさん、ナイトロさん

ご説明ありがとうございます。
確かにギブアウェイの効果を企業側はどうやって測るのでしょうね。

ギブアウェイの驚異的な効果

Takumiさん

確かに、試合以外で楽しめる事をやらなくては、なかなか人は入りません。子供を狙うのはいいかもしれないですね。三つ子の魂百までっていいますからね。Promotionは必要です。そのやり方は色々とあります。Give Awayに対して勿体無いと思います。

KIMIさん

会社の社会貢献の考えも日本とは少し違いますから、何とも言えないですよね。詳しい事は分からないのですが、社会貢献や寄付をすると払う税金が少なくなるとか聞いた事があります。Give Awayもスポンサーも全て税金対策だったりして。誰か詳しい人教えてください。これを無視しても、ステータスの部分は確実にあると思います。チームもそれを分かっていて、Official Sponsorになるならいくら。CMとかで使うならまたさらにいくらと言う具合でお金を請求しますからね。チームがサクセスすれば、自分達はそのチームに関係していたと言える事も大きいと思います。

ギブアウェイの驚異的な効果

スポンサーなしではプロスポーツチームの運営は成り立たないですからね。アメリカではマイナーリーグですら、多くのスポンサーを獲得できるのはなぜなのでしょうか?なぜスポンサーがチームに投資するのかという議論はもっと掘り下げたいですね。個人的な仮説ですけど、ここでもスポーツ文化が影響し、スポンサーにとってチームに投資することは一種の地域貢献であって、ステータスとなりうるからではないかと思うんですけどどうでしょうか。

ギブアウェイの驚異的な効果

のりくんの意見と繋がる部分がありますが、どこまで観客の人たちがGive Awayのスポンサー名に目がいくでしょうか?
ただテレビやラジオのCMは見逃したり聞き逃したりする事がありますが、Give Awayは観客の手元にある限りは一応宣伝され続けていることになるというのはスポンサーにとって好都合なところではないでしょうか。

チームにとってはPromotionをすることで少しでも観客が増加するならばやったほうがいいでしょう。
Promotionを何もしない日とした日でどちらが観客の満足度が高いかは明らかだと思いますが。
特にMinor Leagueの試合は試合自体のレベルはMLBやNHLに比べて低いのですから試合意外で楽しめる部分も増やさなければいけないと思いますよ。
私の感覚的予想ですが、Minorの試合のほうが小さい子供の割合も増えると思うので、子供達は単純に何かもらえるだけでもうれしいのではないかと思います。
たとえそれが私達大人からしたら全然うれしくないようなものであったとしてもです。

バブルヘッドは幅広い年齢層に受け入れられていて、尚且つコレクターも存在するので観客動員の増加に強く繋がるのではないかと私は思います。

こんな記事も読みたい

プログラムって、何?【SNHU Sport】

アイス・スレッジ・ホッケー/バンクーバーの悪役が流した涙【セクシースポーツ・エクスタシーコラム2】

巻き返せるか、クレインズ【競技場の片隅から】

ブロガープロフィール

profile-iconsnhusports

高校2年の時にアメリカに留学。昨年9月に、マスターを3つ取って、卒業。New Hampshire Fisher Cats(2A)、Boston Bruins(NHL)でインターンを経験。現在はPittsburgh Piratesでインターン中。

質問がある方は、snhusports@gmail.comに連絡ください
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:31814

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 文化としての高校野球
  2. ギブアウェイの驚異的な効果
  3. なぜ人が日曜夜8時から始まる試合に来るのか?Vol.2
  4. 澤穂希選手をボストンで応援しよう!
  5. 選手の奥さんの仕事
  6. 終了
  7. WSP澤穂希選手応援ツアー
  8. Back to Reality
  9. フィラデルフィアから学ぶ・・・1
  10. 遂に

月別アーカイブ

2010
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss