After the "ROGER"

新世代によるビッグ4への挑戦歴史:ティエムのマドリッド決勝より

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マドリッド・マスターズでナダルへの挑戦権を勝ち取ったのはドミニク・ティエムだった。ティエムとナダルはバルセロナに続く再戦である、前回は完敗だったが今回もまた同じようにいかせるわけにはいかない。ティエムは素晴らしいプレーでナダルを幾度となく追い詰め、前回やられた第9ゲームでも0-40の大ピンチからキープ成功。ストレートとは思えない密度の高い戦いが繰り広げられたが、最終的には紙一重でクレーキングがこれを退け、赤土の牙城を守り通した。新世代のチャンピオンはまたしても誕生しなかった。

 ところで現在マスターズのタイトルを持っている現役最年長と現役最年少を答えろと言われたらあなたは答えられるだろうか?最年長はひっかけ問題なのでこのブログの最後に載せることにする。問題は最年少選手だが、もちろん答えは昨年悲願の初MSを獲得したマリン・チリッチである。チリッチは現役最年少の四大大会優勝者でもある。まるでチリッチを境に持つ世代と持たざる世代が分かれているかのように・・・


 時は10年前に遡ること2007年マイアミ・マスターズ、当時19歳のジョコビッチはカナスを破って初のマスターズ優勝を決めた。当時は若年層でのMS制覇はそこまで珍しいことではなかった。有名どころのMS初優勝を挙げてみると、フェデラーは20歳時の2002ハンブルクが初優勝、ロディックも20歳で2003モントリオール優勝、ナダルに至ってはなんと18歳で2005モンテカルロを取っている。ベルディヒが今まで唯一のMSタイトルであるパリを取ったのもわずか20歳の時のことだ。

 その後マレーが21歳でシンシナティを取ったが、マレーはジョコビッチよりわずか1週間誕生日が早い。よって現役MS最年少優勝者の欄はジョコビッチのまま動かず。この壁がとてつもなく高い壁として君臨することになるとこの当時誰が思っていただろうか?しかしこの壁は実に9年間、一度も壊されることなく持ちこたえることになった。フェデラー以降の現役最年少MS優勝者の推移を示したグラフを見てもらえば、その壁の高さをわかってもらえると思う。

 この壁にまず挑戦したのはデルポトロだ。デルポトロは20歳にして2009年モントリオール決勝に進出。だが1歳年上のマレーにフルセットの末敗れマスターズ優勝はならなかった。そこからしばらくはビッグ4と愉快な仲間たちによってツアーが支配され、ジョコビッチとマレーを除く若者達は挑戦することすら叶わなくなる。2011年に至っては全MSがビッグ4によって制覇されている。  しばらくぶりに若き力の挑戦が見られたのは2012年パリだ。ビッグ4支配後も唯一の穴場MSとしての立場を維持していたパリではこの年もビッグ4が揃って早期敗退し、この隙を突いて若干21歳のケーシー・ヤノビッツ(1990生)が決勝に進出した。だがこの挑戦はビッグ4の留守を守っていたフェレールによって退けられた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フェデラー欠場で錦織の状況一変!ローマで9位維持が錦織の全仏へ大きな意味をもつ!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全仏ワイルドカードはシャラポワに与えられるべきか?【テニスをデータで見ようの会】

世界ランキング5/15・錦織は9位に陥落、マドリード優勝のナダルは4位浮上【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconsneaky_attacker

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:423724

(06月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 汚されたV10、混迷の男子テニス:モンテカルロMS
  2. 錦織とラオニッチ:不思議と似通うふたりの共通点
  3. 底知れぬフェデラーの強さに触れて:マイアミ決勝戦
  4. 11年前との不思議な一致 そして空白のマドリッド
  5. モンテカルロ開幕:興味深いドローが彩る「追う者」と「追われる者」の対決
  6. 立ち向かう次世代、君臨するクレーキング:バルセロナOP
  7. ATPベテラン達の現在地:霞む境界線と忍び寄る衰え
  8. 現役選手の通算勝利数:フェレール700勝&ベルディヒ600勝記念
  9. 新世代によるビッグ4への挑戦歴史:ティエムのマドリッド決勝より
  10. 黄昏のジョコビッチ:モンテカルロ・マスターズ2017

月別アーカイブ

2017
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss