What remained in Pandora's box at the end.

またドラフト1位投手がトレードに

このエントリーをはてなブックマークに追加

「またか。」

木佐貫洋投手のトレード話を聞いたときの第一印象です。

木佐貫投手と言えば、ジャイアンツの2002年のドラフト1位指名選手です。
そのドラ1投手が、トレードされることとなりました。
寂しいものですね。


ドラフトなんて毎年のことですから、印象に残っていない選手はたくさんいます。
下位指名の選手を忘れるなんてしょっちゅうです。
10年もすれば、名前を聞いても思い出せない選手だっています。

それでも、1位指名の選手だけは、覚えているものです。
なにせ素人ファンにとって、1位指名選手はその年に最も期待する新人ですから。
素人ファンは、指名順位でしか期待値を判断できないのです。
しかしだからこそ、そこには考え無しの手放しの期待があります。

そんな、思い入れのあるドラフト1位の投手が、またトレードされます。


河原純一 1994年 ドラフト1位指名 
 2005年開幕直前に、後藤光貴との交換トレードで西武ライオンズに移籍

入来祐作 1996年 ドラフト1位指名 
 2003年シーズン中に、井出竜也との交換トレードで北海道日本ハムファイターズに移籍

真田裕貴 2001年 ドラフト1位指名 
 2008年シーズン中に、鶴岡一成とのトレードで横浜ベイスターズに移籍

木佐貫洋 2002年 ドラフト1位指名 
 2009年オフ、高木康成とのトレードでオリックスバッファローズに移籍

みんな印象に残っています。
移籍前も、移籍後も、けっこう活躍していますよね。
木佐貫投手にもオリックスでぜひ活躍して欲しいです。

それにしても・・・
去年は2001年のドラ1投手がトレードされ、
今年は2002年のドラ1投手がトレードされています。
来年は2003年のドラ1投手がトレードされるのでしょうか。

そんなことが無いよう、2003年のドラ1投手には奮起して欲しいです。
あなたのことですよ。


  内海投手



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
ドラフト
内海哲也
河原純一
入来祐作
真田裕貴
木佐貫洋
読売ジャイアンツ
ドラフト1位

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

またドラフト1位投手がトレードに

トレードされてるとは言っても結構巨人は育てられてるほうですよ。

ドラ1が育たないって事ではヤクルトが一番酷いです。

高井、高市、川島、武内、野口、加藤、村中、増渕、
そして由規とアマチュア時代はスター選手だった
ドラフト1位の9割近くが期待を裏切ってます。

加藤、増渕、由規らは、まだ解らないかもしれませんが、競合あっての獲得でしたし、入った頃の期待値考えたら
かなりガッカリな成績です。
なんかこれからも期待できなそうな気がします。

またドラフト1位投手がトレードに

何かややこしい事に^^;
発端は此方にある様なので、謝罪をば。申し訳無いです。

外様だからその選手が嫌だという訳では無いんです。
元々は他のチームに居て、それでも移籍してきて溶け込んでる選手だった居ますし、勿論好きですよ。
(過去の加藤選手だって、中根選手だって好きでしたし。現ハムの稲葉選手であったり、福地選手、引退された木村選手だって..etc)

移籍先で大きく開花するってのは素晴らしい事だと思いますし、それだと何か、チームに溶け込んでいるっていうか、生え抜きに近い意識になってしまうから問題無いのかなぁ・・・これ、本当に個人的な好き嫌いになっちゃいますね(苦笑)

言い方をソフトにするなら、「育成力はあるんですから、もっと生え抜き選手がオーダーに並んでくれたら良いですね。」って事で。


ブログ主さん、コメント欄でややこしくしてしまって申し訳無いです。
以後コメントは自粛します。

またドラフト1位投手がトレードに

罪をにくんで人をにくまず。
差別はだめだけど、それだけでその人全部を否定するのは良くない。「生え抜き」「外様」を区別するかどうかで、その人の全てが決まるわけじゃない。
事象を否定するのと人を否定するのでは重さが違う。

説教くさくてすみません

またドラフト1位投手がトレードに


自分は差別も差別する人も嫌いです。

もちろん自分も嫌悪感を示しているわけですから、差別する人が嫌いという人が嫌い、と言われても仕方ないと思ってます。

こんな記事も読みたい

オリックス・注目の新人【ベースボール魂!】

電撃トレード【G&AC】

【巨人】木佐貫投手と高木投手が交換トレード【G情報】

ブロガープロフィール

profile-iconskozo

野球好き(ジャイアンツファン)な市民ランナー
  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:422953

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 清原・新庄コンビ解説の悪夢
  2. なぜ箱根駅伝はこうも面白いのか
  3. 史上最強打線は暗黒時代の象徴
  4. 「ニセ侍」が掴みとった最多勝
  5. 城島 健司 vs 阿部 慎之助
  6. またドラフト1位投手がトレードに
  7. ビッグステーキ打線
  8. 亀田興毅はけっこう強い?
  9. マシンガン打線に捧げる挽歌
  10. 菅野投手の青天の霹靂

月別アーカイブ

2011
11
10
01
2009
12
11
10
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss