What remained in Pandora's box at the end.

城島 健司 vs 阿部 慎之助

このエントリーをはてなブックマークに追加

マリナーズ城島捕手が阪神タイガースに入団することになりました。


そこでもしもの話です。
仮に、城島選手がボランティア精神に溢れる男だっとします。
そして、年俸3000万で、どこの球団にも行くと宣言したとします。
このとき、城島選手を欲しがらない球団が、いったいどのくらいあるでしょうか。

城島選手を必要としない球団は、唯一ジャイアンツだけだと思います。

なぜなら。 阿部慎之助がいるからです。

言うまでもないですね。でも、数年前の暗黒時代のジャイアンツならば、「欲しい欲しい」と獲りに出たかもしれません。


2009年の各球団の正捕手の成績をまとめてました。便宜的に各チームで打席数の一番多い捕手を、正捕手とみなしています。
日ハム高橋選手については、今季はDHや一塁の守備につく事が多く、捕手はほとんどやっていないため、鶴岡捕手を正捕手としました。
また、城島選手については、NPBとMLBで単純には比較できないので、NPB最終年とMLB最終年の2年分を載せています。

2009捕手成績


こうして見ると、阿部選手と城島選手が頭一つ抜けています。

 西の城島。 東の阿部。

しばらく捕手2強時代が続きそうです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
城島健司
捕手
キャッチャー
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
阿部慎之助

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

城島 健司 vs 阿部 慎之助

阿部選手のリードですが、ほんとに良くなったと思います。前のリードはコントロールが完璧の投手がそこに狂いなく投げられればというリード(2アウトでランナーたまっていてカウント2-0でインコース低めねらいが甘くなってホームランとか)とかが良く見られましたが、今は場面によっては時にはど真ん中に思い切って投げろというリードも織り交ぜていました。

日本シリーズのリードを野村さんが絶賛してたのも記憶に新しいですね。ちなみにホームランが出やすい球場を本拠地にしていて、3点を切る防御率は快挙だと思います。投手コーチ一人でどうにかなる話ではないでしょう。

城島 健司 vs 阿部 慎之助

結果は来年オフくらいには出てるでしょうね。

ジョーはセの野球になじめればまだまだやれると思いますよ。
でも、もし辛井サンみたいな扱いを受けたら、ホークスファンはどんな気分なんでしょうね。

Re:城島 健司 vs 阿部 慎之助

今年のWBCは原監督でした。
城島選手がメインでした。
これが全てでしょう。
今年一年のメジャーの成績では捨てないですよ。

城島 健司 vs 阿部 慎之助

管理人さんの気持ちわかります。 期待も込みでしょうね。  選手は感情がある人間ですから。  3000万でも城島はうちには必要ないと言ってくれたら、選手のモチベーションは上がるでしょう。 どれだけ喜ぶことか・・。  OB会やファンや上の一部人間により良くなっては来ましたが、過去に逆戻りってこともあり得ますよね・・それが恐ろしい。 

史上最強打線の時は3位でしたか・・次が5位でしたかね。 全然見てませんが。  キャプテンを務めた小久保が翌年出て行ったことと、阪神戦で人気も実力も無くなって同情されたのは情けなかった・・本当に。   

こんな記事も読みたい

東都大学野球秋季リーグ戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

愛してるからこそ!の阪神タイガース批判的考察2009【やっぱプロ野球でしょ!】

帰ってきた こ〜の八百長野郎! 2009 〜その2〜【棒球網誌~ヤキュウノブログ~】

ブロガープロフィール

profile-iconskozo

野球好き(ジャイアンツファン)な市民ランナー
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:422961

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 清原・新庄コンビ解説の悪夢
  2. なぜ箱根駅伝はこうも面白いのか
  3. 史上最強打線は暗黒時代の象徴
  4. 「ニセ侍」が掴みとった最多勝
  5. 城島 健司 vs 阿部 慎之助
  6. またドラフト1位投手がトレードに
  7. ビッグステーキ打線
  8. 亀田興毅はけっこう強い?
  9. マシンガン打線に捧げる挽歌
  10. 菅野投手の青天の霹靂

月別アーカイブ

2011
11
10
01
2009
12
11
10
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss