大相撲コラム 私は見た!

遅咲き力士、玉鷲が号泣。ついに関脇昇進へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

玉鷲(32=片男波)が小結という地位で勝ち越しを決め、悲願の初の関脇昇進が濃厚となった。 外国人スロー金星 外国人スロー三役など 不名誉な記録も保持している玉鷲だが今場所は綱取りの豪栄道を撃破するなど、32歳という年齢であるが、一気にその才能が開花した。 初日ではなんと横綱日馬富士も破っている。 大関昇進を目指す高安も序盤に撃破した。 さらに琴奨菊、照ノ富士も撃破した。 綱取り力士や大関昇進を目指す力士など、旬の力士を次から次へと血祭りに上げた。

なぜこれでマスコミが騒がないのか? 外国人だからである。 玉鷲の相撲は押し相撲に徹している。 もともと素晴らしい体格の持ち主ではあったが、今場所は気持ちの面でも強くなった。 特に印象に残るのは立ち合い時のにらみ合いである。 豪栄道戦でも臆することなく、大関を睨みつけた。 しかし勝利インタビューではいつも満面の笑みを浮かべる。 そのギャップがまた好感が持てる。 だれとは言わないがどこかの大人気の日本人力士はインタビューでいつもむっつり、面倒くさそうな表情をしている。 本人はクールと思わせたいのかどうか分からないが見ていて非常に不愉快だ。 やはり感情を表に出す力士は、国籍など関係なく見ていて素直に応援したくなるものだ。 本日の玉鷲がインタビューで見せた嬉し涙には多くの視聴者が感動したことだろう。

ライバルは荒鷲である。 同じモンゴル出身の力士でどちらも名前に「わし」がつく。 お互いに顔を合わせれば「おまえは偽わしだ、俺が本物のわしだ」と言い合っている。 その荒鷲も今場所、早くも9勝している。 本日は優勝争いを繰り広げる石浦に勝つという好調ぶりだ。 マスコミ各紙は日本人ではないというくだらない理由からほとんど報道はしない。 しかし玉鷲、荒鷲、ともに地味ではあるが 個性的で魅力的な力士であるため、この機会に本誌は今場所の両力士の大活躍を心の底から高く評価し おおいに記事で取り上げたい。 来場所はいよいよこの両者のイーグル対決が観られるであろう。 今場所の優勝争いを日馬富士と鶴竜という両横綱にしぼられた。 「またモンゴル人だから面白くない」なんて言わないで もっと相撲の内容をみて楽しもうではないか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「遅咲き力士、玉鷲が号泣。ついに関脇昇進へ」へのコメント

貴誌の一言居士とも形容すべき、軽妙にして鋭利な御指摘ぶりを小生、日頃楽しみに愛読しております。

僭越乍ら、益々の御発展をお祈り申し上げます。

こんな記事も読みたい

九州場所バトルロイヤル。稀勢の里は千秋楽まで生き残っているだろうか。【briLLiant road】

初の横綱3連破の稀勢の里関。再び心が試される戦いが始まる【独断と偏見の相撲ランキング】

ロイヤル小林46日目の王座陥落から40年【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconsinbunn34

  • 昨日のページビュー:159
  • 累計のページビュー:921736

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪栄道と琴奨菊戦 無気力相撲を監視する
  2. なぜ遠藤はきちんと礼をしないのか?
  3. 「俺は大関互助会に入会しない!」 稀勢の里、怒りの勝利
  4. 歴史に残る優勝インタビューを検証する。白鵬が語った話は真実なのか?
  5. 豪栄道が大変なことになってきた
  6. 豪栄道が困ったことになってきた
  7. 解説者、北の富士氏を叱る
  8. 「稀勢の里よ、これでもまだ笑えるか!」栃煌山が怒りの勝利
  9. 照ノ富士よ。安易に大関を張るな!
  10. 稀勢の里は稀勢の里だった

月別アーカイブ

2017
09
07
2016
11
09
07
05
04
03
01
2015
11
09
07
05
03
01
2014
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss