Simon's Bar

祭りのあと

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し時間があいてしまったが、亀海VSコットの試合のことについて書きたい。 おそらくはコットが様子見をした1Rを除き、圧倒的な技術差を見せつけられたまま試合終了のゴングを聞いた。 全力を出し切れなかった悔いは試合後のコメントからも伝わってきたが、全力を出させないことこそ(少なくともこの試合における)コットの神髄だったように私は感じた。 衰えたとはいえレジェンドクラスのボクサーとの間に存在する厳然とした格差。 そのことを事実として目撃できただけでも、私たちは幸せだったのではないかと思う。 別の言い方をすれば、それを幸福だと受け止めるべきだと個人的には考えている。

幻想はたしかに美しい。 だから私たちは幻想を幻想のままで保持したい欲求に抗い難い魅惑を感じる。 内山高志がワシル・ロマチェンコと闘った場合の結末や、(これは実現しないと言い切れないが)村田諒太がゲンナジー・ゴロフキンと拳を交えたあとに起こるであろう出来事を夢想しては、内山や村田の手がレフェリーの高々と揚げられている場面がそこにあってほしいと強く願う。 しかし、実際にそれを目にしてしまうことは怖ろしい。 幻想の快楽を失うことへの畏怖、ないしは、祭りのあとに残る乾いた現実という空気の冷たさ。

それでも、現実を知ることは必要だと私は考える。 目的地までの距離がわからなければ一歩を踏み出すことはとても難しいからだ。 無論、(たとえばロマチェンコの試合を観戦する場合のように)距離の遠さを知ることで心が打ち砕かれる場合だってあるだろう。 だからといって、現実から目を背けた無謀さは、理性的な勇気とは絶対的に隔絶されている。 真に勝負事に臨み、そして勝利したいと願うのであれば、それがどんなに厳しいものであっても現実を受容することから始めなければならない。 それができなければ久保VSローマンのような試合を数多く目撃することになるだろう。

亀海善寛の勇気によって、私たちは世界の頂点との差を(概ね正確に)理解することができた。 日本で行われる世界戦だけを見ている限り感じ取ることが極めて難しい何かを体感することができた。 だから私は亀海の挑戦に心から敬意を払うし、たとえそれが相手の様子見によるものだったとしても、あの1R目の支配力には私たちを夢想へと駆り立てるだけの力があったと確信している。 余談になるが、亀海の試合を見ながら、私はずいぶんと前に聞いたジャック・ニクラウスの言葉を想い出した。 表現は不正確だが趣旨は以下の通りになる。 ホールインワンにまぐれはなく、それを達成した人にはそれだけの才能が眠っている。 才能なき人は絶対にホールインワンを達成することができない。 問題は練習によって才能が発揮される確率をいかに上げるかという点にある。 つまり、亀海の1Rの確率が上がれば、世界と渡り合える可能性が広がっていくということだ。

それにしても、八重樫東から山中慎介に至るまで、ここ数年の日本ボクシング界を支えてきた名王者が軒並み王座から去った。 ファンでない人には何のことかわからないと思うが、私はそこに「祭りのあと」の雰囲気を感じる。 日本人の活躍が期待される階級に、くどいようだがロマチェンコのような強い王者が複数出てきたことも、そうした雰囲気に思い切り拍車をかけている。 そんな中でも、いや、そんな中だからこそ、夢想ではないリアルを目指す勇気をしっかりと目撃し、声援を送りたい。 サッカーがワールドカップによって権威を獲得し、プロ野球がメジャーとの接点によって夢想の皮を剥がされたように、ボクシングも真に開国を意識すべき時代にやっと辿り着いたのだと考えよう。 井上尚弥と村田諒太に、開国のラッパを大々的に吹き鳴らしてほしいと切に願う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1364 WBAスーパーバンタム級王座戦 久保隼vsダニエル・ローマン【人生マイペンライ】

40年前に和製ヘビー級・コング斉藤の試合があったのだが・・・【スポーツ えっせい】

観戦記1363 東洋太平洋フェザー級王座戦 竹中良vsノ・サミュング【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconsimon1973

IDをペンネームにして本を書いています。
『ヒール~先生はいつだって上田馬之助だ!』
ご興味のある方はぜひ!
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:42863

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やめろ、井上…
  2. 老兵の去り際
  3. 「道」は避けられないのか…
  4. 祭りのあと
  5. Everything is Evil
  6. 亀海と野茂、その純粋な挑戦を応援する
  7. 「民の言葉」を語る者
  8. そして希望は紡がれた。
  9. 巨人、大鵬、卵焼き

月別アーカイブ

2017
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss