Simon's Bar

「民の言葉」を語る者

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のG1クライマックスは(大方の予想通り?)内藤哲也の優勝に終わった。 LIJトップとしての最近の貢献を踏まえれば、多くのファンも納得の結果だろう。 前回の優勝後に始まった雌伏を想うと非常に感慨深いものがある。 もっとも、当時の私も内藤よりは中邑真輔の方に圧倒的に魅力を感じていたし、ベビーフェイスに固執しエースを追い求める内藤の姿は痛々しいとさえ思っていた。 しかし今回は明らかに違う。 前回と今回で何がそこまでの差異を生み出しているのか?

詳しく記録しているわけではないので間違っているかもしれない。 それでも、制御可能だった時代の内藤が放つ言葉は常にプロレスラーのそれだった。 無論、プロレスラーなのだからプロレスラーとして発言するのは当たり前なのだが、ファンの支持を受けるレスラーはおそらく、己の位相とは異なるレベルでの言葉を語っているに違いない。 例えばアントニオ猪木。 猪木が語る言葉は常に時代を切り開く「王の言葉」だった。 プロレスラーの王として時代の偏見や他競技からの蔑視と対峙する。 だからこそ私たち多くの民はその言葉に酔いしれた。

武藤や棚橋のような新日本プロレスのエースになりたい。 それは明らかに、プロレスラーとしての己の内側にしか響かない言葉である。 仮に、自分のやりたいことしか見せないのが三流のレスラー、観客の見たいように見せるのが二流のレスラー、そして自分のやりたいことを観客に見たいと思わせるのが一流のレスラーだったとしよう。 己の内側で語っていた日々の内藤は、おそらくは二流と三流の狭間に喘いでいた。 しかしロスインゴとの出会いによって内藤は変わった。 気づいたのだ。外側の言葉を語る必要性に。

つまり、制御不能とは、プロレスラーとしての己の外側に飛び出そうとする試みに他ならない。 今回の優勝後に語っていたように、まずは自らが楽しみ、想いを言葉に乗せて伝えること。 そのことによって観客の中に期待を形成し、自らが楽しいと思う試みを「見たい」という思いへと昇華させること。 内藤がブレイクした理由はこの一点にしかない。 いや、もう少し正確に言おう。 内藤はおそらく、「民の言葉」を語った初めてのプロレスラーなのだ。

猪木も馬場も、鶴藤長天もUも、四天王プロレスも闘魂三銃士も、あるいは大仁田厚でさえも、語っていたのは常に「王の言葉」だ。 「王の言葉」に民は(実に様々な形で)酔いしれ、その導く方向へと進んでいくことでカタルシスを得た。 語った内容にはもちろん差異があったが、性質の面ではどれも同じだった。 しかし内藤は、木谷オーナーのオカダに対する偏愛や棚橋の絶対性を指摘することによって、民が内心で抱えていた諸矛盾を光の下へ晒すことによって、つまり、他ならない「民の言葉」を語ることによって、新たな地平へと到達したのだ。 それが時代の閉塞感と見事にマッチし、今回のブレイクに繋がったのだと私は思っている。

来年の1.4までどのような言葉を語り続けるのか。 そして、今度こそメーンでオカダを破りIWGP王座を奪回し、一個の物語を頂点へと持ち上げることを私は期待している。 オカダだけが勝ち続ける新日本プロレスに明るい未来はない(と鈴木健三なら言うだろうか)。 光は影によって更に彩を増すからだ。 光を捨て影としての己を受け容れた内藤の言葉に、もうしばらく酔っていてもいいだろう。 その先の物語まではまだまだ時間がある。 だから、トランキーロ。今はそれでよいのだ。



こんな本も書いています。 『ヒール~先生はいつだって上田馬之助だ!~』 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%B8%8A%E7%94%B0%E9%A6%AC%E4%B9%8B%E5%8A%A9%E3%81%A0-Simon1973/dp/4802093055/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1481928365&sr=1-4&keywords=%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80%E6%9C%AC

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1355 大激闘再び! 亀海喜寛vsヘスス・ソト・カラス【人生マイペンライ】

コットvs亀海 オッズは3−1、亀海勝利はもはや〝大〟番狂わせではない!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1354 RIZIN MIXルール 那須川天心vs才賀紀左衛門【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconsimon1973

IDをペンネームにして本を書いています。
『ヒール~先生はいつだって上田馬之助だ!』
ご興味のある方はぜひ!
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:42863

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やめろ、井上…
  2. 老兵の去り際
  3. 「道」は避けられないのか…
  4. 祭りのあと
  5. Everything is Evil
  6. 亀海と野茂、その純粋な挑戦を応援する
  7. 「民の言葉」を語る者
  8. そして希望は紡がれた。
  9. 巨人、大鵬、卵焼き

月別アーカイブ

2017
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss