銀猫の女子ソフトボール観戦記

【2017年決勝トーナメント①:トヨタ vs ビック~ ビックが7回裏に逆転サヨナラ勝ち】

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車 000 0001…1-2-0 ビック高崎 000 0002…2-5-0 トヨタ自動車:●モニカ・アボット - 峰幸代 ビックカメラ高崎:○上野由岐子 - 我妻悠香 (本):山下りら(ト) (三)(二):森さやか(ビ) 【テーブルスコア】


【戦評】  0-1の7回裏、2死満塁から我妻が劇的なサヨナラ打。この日のアボットの投球内容や、相手のトヨタに7回表に1点を先制されるという試合展開を考えると、まさに「奇跡」とも言えるような大逆転勝利だった。

 しかしその奇跡に見える試合でも結局よくよく振り返るとそこに至る必然性も存在するわけで、それがこの試合では「2死一二塁から代打の降矢に与えた四球」ということになるだろう。  実はカウント1-2と追い込んでからの1球が、初球のストライクとほぼ同じようなコースで、普通ならこれがストライクで見逃し三振、試合終了、となっていても何ら不思議ではなかった。  ただその1球は実は峰がもっと外よりにミットを構えていたところ内側に入ってきたボールで、なかなか「試合を終わらせるストライク」には取りずらいボールだったのも確か(もし同じコースでもミットが寸分動かずキャッチしていたらストライクになっていたと個人的には思う)。  しかしもっと疑問なのは、ストライク、ボール、ファールでカウント1-2と追い込んでからあとの3球が全て峰が外よりにミットを構えたリード。打者は左打者で代打の降矢だし、最初から真ん中三つ続けてもなんとかなったはず。少なくとも満塁にして次の右打者の我妻との勝負よりは打ち取れる確率ははるかに高かった。そう考えると、四球に繋がるような無駄なボール球を投げさせる余地はなかったはず。全部ストライクのコースでよかった。  やはりあの降矢に対する投球、というかリードが、特に1-2と追い込んでからのアウトコースよりに続けさせてしまった消極的なリードが結局は必然的にサヨナラ打につながってしまったのだろう。

<7回裏、2死一二塁、アボットが2-1から代打降矢への投球が際どいながらもボール判定。結局トヨタとしては降矢を歩かせたのが全てだった>

<2死満塁から我妻がゴロで渋く二遊間を破ると>

<二塁から代走の川井が生還して逆転サヨナラ>

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本リーグ1部公式戦観戦記
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブログ移転のお知らせ【井戸掘り野球観戦記】

横浜DeNA山崎康晃投手の1塁バックアップの凄さ【倉俣監督BLOG】

オーストラリアン・ベースボール・リーグと社会人野球の提携強化へ:HONDAの担当者に聞く -3-【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4494644

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. (随時更新)【2017年6月~9月の公式戦・オープン戦・練習試合・キャンプ等の予定(8/19更新)】
  7. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  8. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  9. 【2015/2016シーズンの引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その1(BC高崎、トヨタ、織機、Honda、デンソー、日立)】
  10. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss