銀猫の女子ソフトボール観戦記

【2017年日本リーグ・予備節:日本精工vs伊予銀行~延長8回、日精工が2点勝ち越すも、その裏樋口が逆転サヨナラスリーラン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真は後日)

日本精工 000 0000 2…2-7-0 伊予銀行 000 0000 3…3-9-2

日本精工:●藤嶋涼菜 - 重石華子 伊予銀行:庄司奈々、○内海花菜 - 二宮はな (本):樋口菜美(伊) (三)(二)【テーブルスコア】


【戦評】  0-0のまま延長タイブレイカー。8回表に日本精工が村井と代打須貝の連続タイムリーで2点を取った時は、「シーズン最後にようやくチーム2勝目ができたか」、と思ったが、その裏になんと伊予銀の樋口にサヨナラスリーランを浴びるとは。  樋口の打球は少し上がり過ぎて最後はライト頭上の天井直撃だったが、あの打球音と当たった衝撃音を聞けばもちろん正真正銘のホームラン。流し打ちながら「いったいどこまで飛ぶんだ!?」というようなホームランだった。  伊予銀行は今年はチームが主体となった地元愛媛国体でも優勝したし、これでシーズン8勝目と過去のチームの記録も大きく塗り替えた。そんな1年をまさに象徴するような劇的なサヨナラ弾だった。

 一方敗れた日本精工。最終戦で「今年2勝目」があとアウト二つまで迫っていながらの大逆転負け。  「とにかく1年間一生懸命やった結果だし、負けたけど最後は清々しい笑顔で」引き上げてくるのかと思ったところ、勝利目前からのあまりにも衝撃的な負け方に全員がベンチ裏に葬式の帰りみたいな表情で戻ってきては、もはや掛ける言葉すらなかった(笑)  まあ古来から「勝って兜の緒を締めよ」とは言われるが、なかなかそうもいかず普通勝ったあとはどうしても浮かれてしまうもの。  最後に勝ってなんとなく浮かれて2部に降格するくらいなら、これくらい衝撃的に負けたまま落ちた方がむしろ良かったんじゃないかと思う。とにかく「1年で1部復帰」への道は、もうスタートしているのだから。    しかしそれにしても、ですよ。  両投手好投し0-0のまま緊迫した展開で延長に入り、迎えた延長8回表に代わった内海が投げた「初球」で「イリーガルピッチ」を宣告するかなあ?  「ルールを厳格に適用しただけだ」と言われたらそれまでだが、どうにも納得できない。あんな荒れて砂をかぶったマウンドで、例えばプレートへの足の置く位置が、とか、わかるのかなあ。  少なくともあの場面での「イリーガルピッチ宣告」で試合の緊迫感や面白さが台無しになりかけたが、両チームの選手の頑張りでそれを吹き飛ばして記憶に残るような好ゲームにしてくれて本当に良かった。

<シーズンを締めくくるサヨナラスリーランを放った伊予銀行の樋口菜美。暗いドーム内とはいえ、これでもシャッタースピードは1/320>

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本リーグ1部公式戦観戦記
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドラフトから学ぶ【倉俣監督BLOG】

【2017年日本リーグ・予備節:織機vs日本精工~若手を使いつつ織機が勝利。日本精工はようやく安井以外の打者がホームラン】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

プロになるには?【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:2655
  • 累計のページビュー:4497298

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. (随時更新)【2017年6月~9月の公式戦・オープン戦・練習試合・キャンプ等の予定(8/19更新)】
  7. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  8. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  9. 【2015/2016シーズンの引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その1(BC高崎、トヨタ、織機、Honda、デンソー、日立)】
  10. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss