銀猫の女子ソフトボール観戦記

【2017年 第57回全日本実業団選手権 2日目(ほぼ完成)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

※徐々に記事を追加していきます。 ※長打に関して一部データに抜けがありました。



【A会場第1試合~2回戦】

花王 100 0100…2-8-2 理化 400 202x…8-10-2

花王コスメ小田原:●山賀緋那子、大森知香、高橋悠衣 - 本田菜緒子 東海理化:○吉川瑞紀、河津かおり - 石田沙也佳 (本)(三):百瀬篠、越智華奈子(理) (二):越智華奈子、阿部千尋(理) 【テーブルスコア】

<戦評>  花王は初回、先頭の佐々木百合香がサードゴロエラーで出ると、2死二塁から4番大柴麗のボテボテのサードへのゴロ(記録はヒットか)を、再びサードの河倉郁美が焦って無理に投げて暴投するエラーで1点を先制する。  前回優勝の花王が先制。その決勝戦でタイブレイカーの走者以外で完全試合を達成したエースの山賀緋那子が先発ということで花王有利かと思われたがその裏すぐさま東海理化がひっくり返す。  先頭の太田清花が四球で出ると、犠打で送り、3番越智華奈子のレフトオーバー二塁打であっさりと同点。続く石田沙也佳が四球後、5番の後藤佑月がセンター前にヒットで逆転。さらに二三塁から百瀬篠がレフトオーバーの2点三塁打でこの回一気に4点が入った。ただ越智の二塁打、百瀬の三塁打ともにレフトの深江由樹の守備位置がやや浅く、追い方も悪くて頭上を抜かれた打球。巧く守れば、無失点で切り抜けられた回だったかも知れない。  東海理化はその後も攻撃の手を緩めず、4回には越智のタイムリーとダブルスチールで2点、6回にも越智と太田のタイムリーで2点を奪い、計8点を奪って花王コスメを突き放した。

 花王コスメとして惜しかったのが1-6の5点差で迎えた5回表の攻撃。志村えりなと大柴麗のヒットの後、代打柿崎萌乃のタイムリーで1点を奪いなお一三塁。ここでキャプテン人見夕希の打球はセンターへ大きな当たり。入れば1点差に迫るスリーランだったがセンターフェンスギリギリで阿部千尋がキャッチし万事休した。

<昨年、完全時試合で優勝投手になった花王コスメの山賀緋那子。今年は今一つ>

<1回表4番大柴麗が三塁前にボテボテの打球>

9ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
全国大会、地方予選
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【2017年 第57回全日本実業団選手権 2日目(速報版)】

すみません。前の投稿で間違ったこと書きました。
故意かどうかは、走者ではないこのケースでは関係ないようです。
原則守備優先ってことかな。とにかく避けないと。恐ろしいルール。
諦めましょう。

「【2017年 第57回全日本実業団選手権 2日目(速報版)】」へのコメント

暑いなか、お疲れ様でした。次はかえる食べる?(笑)
よっぽど納得いかないケースだったのでしょうね。
判定については、見てないのでなんとも言えませんが、ルールの適用については、先にコメントされている審判さんと同意見です。

アウトにできない人に守備妨害が適用されたなら、三塁走者(本塁に最も近い走者)アウトは、ルールで決められた事項です。野球でも同じです。
これを改正しろと言うのは、3アウトでチェンジは早すぎて理不尽だから、4アウトでチェンジにしろと、ルール改正を主張するのと同等です(笑)
例えば、このケースを、アウトになった後の打者走者が、明らかにわざと送球に触れてそらさせたとしましょう。そしたら、守備妨害が適用されて、三塁走者が塁を離れてもなくて、関係ないようだけどアウトになるのは、納得されますか?それが、ランナーコーチだったら?
ランナーが居るときの守備妨害は重罰が下るから、ベンチメンバーやランナーコーチも含め、ホント気を付けなきゃいけないんですよね。
でも、そっちじゃなくて、あれで守備妨害とるの?って話ならあるのかな?って思いました。
送球など打球の処理以外に関しては、故意に妨害した時のみに適用されるように、ルールブックにも競技者必携にも書いてあります。
銀猫さんが例にあげる、わざと守備側が守備妨害を狙うケースや打者走者が避けようとしたケースは、通常、不可抗力としてなりゆき、悪質ならば走塁妨害など守備側にペナルティが与えられるはずのケース。

だけど、ルール11抗議「11-1項 抗議できない場合 10.守備妨害かどうか。」
故意じゃないでしょって、抗議もできないんでしょうね。

ルールは難しい。試合を止めずに判断するのは、もっと難しい。

【2017年 第57回全日本実業団選手権 2日目(速報版)】

 ご理解いただけていないようなので順を追って説明しますね。まず、今回の守備妨害のジャッジが正しいか否かは議論の対象から外します。まあ、そこは審判の判断、専権事項なので…。ルールの適用についてのみ話を進めて行きます。
 どうやら、何のアクションも起こしていない三塁ランナーがアウトになることが納得できないようですが、そもそも今回の「三塁ランナーがアウト」というのは三塁ランナーに対するペナルティではありません。通常、守備妨害が発生したらどうなりますか?当事者がアウトになりますよね。しかし、今回はその妨害を犯したバッターランナーは既にアウトになっているわけです。したがって、その行為に対するペナルティとして本塁に最も近いランナーもアウトになるのです。それが以下の通りの条文で書かれています。

 ルール8-6項 走者がアウトになる場合 12
 アウトになった打者・打者走者・走者または得点をした直後の走者が、他に走者がいるときに守備側のプレイを妨害したとき
①ボールデッド
②本塁に最も近い走者がアウトになる。

 ですから、その本塁に最も近い走者が走ろうとしていたとかいなかったとか、或いはそういう素振りさえ見せなかったとかいうことは考慮の対象ではありません。
 それからバッター、バッターランナー、ランナーとフィールドプレイヤーが接触して成り行きというのは唯一の例外を除いてありません。守備妨害か走塁妨害かどちらかになります。ですから今回の場合、守備妨害があってその結果でランナーは進塁したけれどランナーを戻す…という処置はありえません。で、唯一の例外というのは一塁塁上で例えば逸れた送球を捕ろうとした一塁手とオレンジベース目がけて駆け込もうとしていたバッターランナーが偶然接触したとき、このときは止むを得ない行為として成り行きになる場合がほとんどです。
 それから私は別に審判を庇ってはいませんよ。あくまでも是は是、非は非として述べています。第一、銀猫さん以上に私は審判員に対してシビアですし、凡ミスは許せませんしね。たとえば茅野市での大垣ミナモと日本精工戦、安井選手が何でもないゴロを後ろに逸らしたことから始まった例の件でも指摘したのは私だけだったのではないでしょうか?あのあと日ソの審判委員会で問題になったとかリーグ審判員の集まりで話題になったなどとは全然漏れ聞こえてきませんから。

【2017年 第57回全日本実業団選手権 2日目(速報版)】

inakappeojisanさま

inakappeojisanさんが出された例なら、すべて理解できます。
今回のケースも、仮に三塁走者、二塁走者がタッチアップで次の塁を狙っていたとしたら、三塁走者がアウトになるのも十分理解できます。

ですので、inakappeojisanさんが例に出されたケースとは根本的に異なるんですよ。

それでも何も動こうとしていない三塁走者が自動的にアウトにされるのでしたら、明らかにルール上の不備でしょうね。

inakappeojisanさんは「ルールは非常に合理的」とおっしゃいましたが、僕は実は全く違う考えです。
ソフトボールにしろ野球にしろ他のスポーツにしろ、法律と違ってスポーツのルールというのは事細かく合理性を追求したものではなく、大枠を固めたあとの「裁量」を許している部分が大きいと思います。道理性だけを追求していたら、スポーツの醍醐味が半減するんでしょうね。
だからミスも起きるのでしょうが、それがまたドラマでもありますよね。

こんな記事も読みたい

【2017年 第57回全日本実業団選手権 1日目(完成)】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

ベースボールの果て:アラモゴード・グリッグスパーク(ホワイトサンズ・パップフィッシュ対アルパイン・カウボーイズ, 7月20日)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

前橋育英の優勝から教えてもらえること【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:790
  • 累計のページビュー:4468525

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. (随時更新)【2017年6月~9月の公式戦・オープン戦・練習試合・キャンプ等の予定(8/19更新)】
  7. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  8. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  9. 【2015/2016シーズンの引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その1(BC高崎、トヨタ、織機、Honda、デンソー、日立)】
  10. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss