銀猫の女子ソフトボール観戦記

【2015年日本リーグ1部第9節一ノ関大会③:日立 v.s. 豊田自動織機 ~ 日立が快勝しベスト4争いに再び参入】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立 001 0340…8-9-2 織機 000 0201…3-5-0 日立:○山中しほ - 清原奈侑 豊田自動織機:●ケイラニ・リケッツ、栗田美穂、井俣茉莉 - ケイリン・キャスティーヨ、澤井美佑 (本):清原奈侑、山田恵里、松畑美希(日) (三):洲鎌夏子(織) (二):中森菜摘、神田結美(織) 【テーブルスコア】


【戦評】  シーズン終盤もギリギリの段階に来てようやく「強い日立」が帰ってきた。日立は翌日のHonda戦でも勝利したことで奇跡の逆転決勝トーナメントが見えてきた。最終第10節と予備節を合わせて残り4試合、全勝しそうな勢いすら感じさせるこの試合の快勝だった。  今年は9月のリーグとリーグの間の週に全日本総合が挟まると言うイレギュラーな日程だったが、日立はその短期トーナメントでの好成績(ベスト4)の流れをそのまま利用してリーグ戦につなげることができた。  まずは3回、前半戦打撃ではさっぱりで、かつてのHondaの名手中村を凌駕するような史上まれに見る低打率に喘いでいた清原奈侑が、剛腕リケッツから値千金のホームラン。彼女も全日本総合で決勝弾を放って調子を上向きにさせた流れをそのまま持ち込めた。  そして千両役者の山田恵里のスリーラン。もうため息しか出ないような、「ここで1本欲しい場面での完璧なホームラン」で織機の息の根を止めた。  もちろん我慢して最後まで投げ続けた山中しほの好投あってのこと。もう今年は「完全復活」の太鼓判を押せるだろう。  そして地元のヒロイン那須千春。この試合は打つ方では目立った活躍はなかったが、守備で好プレーを連発。前半戦あれほどポンコツだった守備だが、さすがレジェンド西山麗コーチの指導のたまもの、急激に巧くなってきた。将来の日本代表中心選手。もちろん「那須千春後援会」にも入会させていただきました(笑)  織機は大差で負けたとはいえ、実は勝負の分かれ目は紙一重。あの山田のスリーランでほぼ決まったわけだが、その前の田邊奈那の投手とセカンドの間にポトリと落ちる幸運な内野安打がなければわからなかったし、もっと遡ればその前の清原に与えた四球が痛かった。清原には前の打席でホームランを打たれたとはいえ、確率的に言えば絶対に歩かせてはいけない場面だった。  とはいえ、大差負けといっても3対8の5点差。実は前半戦で日立に8対2と6点差で勝っているので辛うじて得失点差では+1と最低限のところでは踏ん張れた。

<試合前に花束をもらう岩手ゆかりの日立の2選手(那須千春は地元一ノ関出身、佐々木瞳は富士大出身)。全日本総合、第9節と岩手での大会が続いたので那須千春はとにかく一番人気>

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本リーグ1部公式戦観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

9月29日の結果と30日の予告先発【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

【硬式野球部】首都大学秋季リーグ戦第4週、帝京大・1回戦(◯3ー2)【東海スポーツ】

【硬式野球部】首都大学秋季リーグ戦第3週、東経大・2回戦(○3-0)【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:4728
  • 累計のページビュー:4056776

(04月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  7. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  8. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】
  9. 【2015年 夏季の全国大会および全国大会予選~日程および結果(7/27日更新)】
  10. 【日本リーグ・2部第1節掛川大会1日目 ~アドバンスセクション & ホープセクション】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss