銀猫の女子ソフトボール観戦記

【この二人の永久追放を強く望む】

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月17日、第3節1日目。豊田大会観戦後、帰宅して機嫌良く日立のu-stream中継を見ていたら、とんでもない映像を目の当たりにしてしまった。
あまりにも腹が立つので試合速報は後回しにしてひとまずこのことについて書く。

【日立チャンネルu-stream中継】


 問題の場面は時間でいうと開始から1時間3~5分あたり。
 2回裏ルネサスの攻撃で打者は峰。
 この時、いきなり宇津木麗華監督がヒステリックに金切り声を上げながらベンチから出てきて、守備中の日立の新人の清原奈侑捕手につかみかからんばかりに詰め寄り、(半ば発狂状態で)大声を上げて一方的に怒鳴り散らすという暴挙に出た(※詳細については下記、注)。
 試合に出ている当の選手に対して、相手チームの監督が直接詰め寄って罵倒を始めるなんて見たことがない。前代未聞だ。
 選手のメンタル面を考えるととてもじゃないが容認できる行為ではない。いくら心臓が強い清原捕手といえど、あんな恫喝をされたらその後平静を保ってプレーすることなど不可能だ。


 その場は日立の山田恵里選手がセンターからわざわざ走ってきて間に入り、宇津木監督の愚行を止めたが、余りにもひどすぎる光景だった(横で突っ立ているだけで何も出来ない球審も情けなさ過ぎた)。
 こんな人間がリーグの監督をしているのも信じられないが、「日本代表監督」として選手を集めたり選考したりしているというのはもっと信じられない。
 そりゃまともな代表チームなど作れるわけがない。


 日立のブログではその回の終わりに、
 「最後にちょっとしたトラブルがありましたが、気を取り直してさあ攻撃!」
 なんて呑気な書き方していますが、逆にこっちが怒りが収まらなくなるくらいで、猛抗議して提訴試合にしてもいいくらいの悪行だ。
 こんな、試合中に相手選手個人に喧嘩を売り恫喝し、それでビビらせて勝とうとするようなチームなど糞だ。そんな監督、そんな人間は永久追放しかないと思う。
 それぐらいとんでもない、信じられない行為だ。


 永久追放、で思い出したことがある。



 2009年の日本リーグ開幕節、ルネサス対佐川急便戦。
 リーグの公式戦の試合中に、こんな舐めた私服で勝手にグランドに入り込むような人間がいたのだ。

 <開幕節の試合中に、勝手に私服でグランド内に入り込んだ宇津木妙子氏。こんなことを平気でやってる人間が、礼儀だのルールだの人間性だの教育だのを説いて講演に回っているのだろうか>
舐めた格好でグランドに入り込む宇津木妙子氏

 しかもそれがルネサス高崎の監督を長年務め日本代表監督も長年勤めた人間というのがあまりにも信じられない。
公式戦の試合中の行為である。どんなスポーツだろうが、そのスポーツに重要な立場で係わる人がこのような無茶苦茶な行為をしているのを見たことがない。
 まず相手の佐川急便に失礼であり、日本リーグに失礼であり、ソフトボールに失礼であり、そして何より全てのスポーツに対して失礼極まりない。
 自分はソフトボール界の重鎮だ、何をやっても許される、何でも私の自由だ、と思っているんだろう。
 そう思わせている周りの人間や宇津木信者も同罪だ。


 この二人を即刻永久追放処分にすることを強く望む。



(注、宇津木監督が清原捕手を恫喝した問題の場面)
1.二塁走者の市口が打者にサイン送っているような紛らわしい行為を行う
2.球審が「紛らわしい行為をするな」と二走の市口に注意
3.突然宇津木氏が出てきて清原捕手に詰め寄り「お前が言ったんだろ!」と全くの濡れ衣で逆ギレ
4.なおも宇津木氏は「お前が球審に抗議したんだろ!?なんだその態度は!」と一方的に罵倒

 要するに、日立側には何の落ち度もない。というか日立側は全くなにもしていない。球審の注意を一方的に清原捕手のせいにして喧嘩をしに行った、というのがどうも真相らしい。
もはや永久追放しかないな、こりゃ。

 しかもよく聞くと宇津木監督は「どんな教育してるんだ!」と日立ベンチに怒鳴っている。
 っていうか、お前がどんな教育受けてきたんだっつーんだよ!あんたら一味が教育を語るな。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
女子ソフトボール関連コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【この二人の永久追放を強く望む】

>パパさま

コメントありがとうございます。
あれが代表監督なのが現状です。
しかも選手選考では自分のチームの選手や自分のチーム入る学生を優先的、独断的に選んでいます。
他のチームの選手や関係者の多くは呆れ返ってます。諦めもかなり入ってますが。
ほんとソフトボール協会があればいいのですが、というか協会はあるんですが(笑)、その協会が選んだ監督がアレですからもはや救いようがありません。
審判さんも人間なので、やはりあそこまで権力を牛耳っているチームや監督に対してはワザとじゃなくても判定が甘くなってしまうんでしょうね。
上野投手なんか最たる物で絶対に注意されることはありません。
ちなみに決勝トーナメントの1点を争う延長戦では、ルネサスの三塁走者は離塁がめっちゃめちゃ早いんですが、離塁アウトを取られることは絶対にありません。

【この二人の永久追放を強く望む】

>あっしーさま

返信遅れましたすみません。
ホッパーさんやよぉさんとお知り合いなのですか?
ということはかなりの強者とというかキワモノですね。あ、自分もだ(笑)
「選手を預けられない」というのはホントそうですね。
代表に何週間か預けたせいで精神的にボロボロにされて返される可能性だったなきにしもあらずです。
いっそのこと他チームの全選手がボイコットしてやっても良いくらいじゃないでしょうか。

しかしそもそもあんな監督のチームに自分の子供を預けて平気なんでしょうかね。
戸塚ヨットスクールみたいなもんですよ。

【この二人の永久追放を強く望む】

>saihatsuboushi さま

すみません返信が遅れました。
清原選手が球審を通じて抗議した可能性もあるんですね。でも仰る通り、そうだとしても清原選手に何ら非がないことは明白ですよね。
この件に関してもかつての私服乱入事件に関しても、その後まったく音沙汰がないのが正直信じられません。
もちろん何の処分もされてませんし審判の注意もなかったですよね。
ということはああいう蛮行を日本ソフトボール協会は「認めている」ということになってしまいます。
これは本質的には大問題だと思うのですが。
確かに自分もルネサス相手になるとストライクゾーン狭くなるように感じますが、「そんなの思い込みだ」と言われても文句言えません。
ただ代表選考やこういう蛮行に対し処分しないようなことが繰り返されているのでそう思いこんでしまうのも仕方がないんじゃないでしょうかね。

【この二人の永久追放を強く望む】

>おっとっとオジサンさま

すみません返信遅れました。静岡の水窪の山中におりましたもので。
やはり長年見られてこられたからからしてもああいう状況はかつてなかったことなんですね。

おっとっとオジサンの見解も読みました。
さすが僕と違って冷静な意見で感服しました^^
疑惑を向けられて腹が立ったとしても、あんな激怒して選手を恫喝するなんてほとんどヤクザか暴力団です。

僕はむしろ、サイン盗みが図星だったから余計にキレたんじゃないのかな~と勘ぐってます。そういう余計な疑惑を向けられても仕方がないような行為じゃないでしょうかね。
ほんと僕も相馬選手には早く移籍するか辞めるか、チームを離れた方がいいと思います。そして裏取引を暴露して欲しいです(笑)

こんな記事も読みたい

ヨーロッパ球界関連情報【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

ヨーロッパリーグ結果速報(5月10~11日) pt.1【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

【BBC野球教室 江戸川臨海校】野球能力テスト【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:1329
  • 累計のページビュー:4455413

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. (随時更新)【2017年6月~9月の公式戦・オープン戦・練習試合・キャンプ等の予定(8/19更新)】
  7. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  8. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  9. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】
  10. 【2015/2016シーズンの引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その1(BC高崎、トヨタ、織機、Honda、デンソー、日立)】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss