銀猫の女子ソフトボール観戦記

【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

このエントリーをはてなブックマークに追加

<2013年2部リーグ開幕記念特集~「アドバンスセクション」>

 少し遅れましたが2部リーグの開幕に合わせた恒例の引退選手、新人選手の紹介を。あくまで限られた時間の中で試合を見た印象しかありませんので選手によっては紹介しきれない部分もあります。申し訳ありません。
 (あと、間違いが見つかった場合はこっそり訂正します、笑)

 ※表記は「(背番号/ポジション) 選手名 (在籍年数または出身校)」


【CLUB北九州(東芝北九州から移行)】
退団選手:3人
	(30/1B)長澤佳子(13年)
	(10/IF)中村早織(10年)
	(1/P)實政咲紀(3年)
新加入選手:2人
	( 6/IF)益田百美(北九州市立高)
	( 9/OF)清水愛里沙(佐賀女子高)
(復帰選手:1人)
	(24/IF)岡崎美紀(小倉商→カネボウ小田原→6年ブランク)
(移籍加入選手:3人)
	( 1/OF)窪中美沙希(聖カタリナ→愛媛短期大→高知PO→ブランク→CLUB北九州)
	(15/IF)宮野祐子(聖カタリナ→国士舘大→レオパレス21→ドリーム☆ワールド→高知PO)
	(17/C)小鉄絵美(岡山南→大阪体育大→高知PO→1年ブランク→CLUB北九州

※コメント
 受け入れてくれる会社は見つからなかったが、クラブチームとして自力で出発し、今年も2部リーグに参加することになったCLUB北九州(元東芝北九州)。監督の原田明香をはじめ、信じて着いてきた選手全員が成し遂げた偉業と言ってもいい。ここまで漕ぎつけただけでも並みの苦労ではなかったと思う。チームが存続し、リーグに参加するそれだけでも100点満点をあげたい気分だ。もちろん本当の満点は去年と同じように上位争いをしてリーグを盛り上げてくれてからのお預け。
 監督として4番打者として昨年の優勝に大貢献した長澤佳子はチームを離れたが、最後まで受け入れ会社を探すために東奔西走して尽力してくれたようだ。彼女もある意味チーム存続の力になってくれたのは間違いない。10年続けた中心選手の中村早織、昨年は投打に活躍した實政咲紀は抜けたが、その他の選手がこの状況下でよくチームに残ってくれたと思う。
 おもに地元の選手を入れて試合が出来る陣容を整えたが、開幕直前になって急遽入団が決まったのが元高知パシフィックオーシャンの3人。中でも宮野祐子は1部のレオパレス21を皮切りに4チームを渡り歩いてきた選手で主力選手として大いに活躍してくれるだろう。


【日本精工】
退団選手:5人
	(11/OF)宮田望美(5年)
	(17/P)柴田瞳(4年)
	(11/IF)宮崎志穂(4年)
	(36/OF)宮村莉紗(2年)
	(40/IF)坂元愛(1年)
新人選手:3人
	( 1/2B)児嶋紗衣(滋賀学園高→甲賀医専)
	( 4/IF)江口裕里(星城高)
	(17/C)須貝素美(門前高)
	(23/P)谷島花波(鈴峯女子高→IPU環太平洋短大)
※コメント
 大分県は富島高校出身の遊撃手だった、宮崎志穂。見た目はほんとに普通の大人しそうな女の子だったが2011年には4割1分5厘を打って打率8位。日本精工は2010年、2011年とほとんど見られていなかったので2012年はぜひ見たい選手だったのだが、怪我もあったのかもしれないしショートに安井が入ってきたことで試合ではずっとスコア係りだった。宮村莉紗も規定打席未到達ながら2011年に打率4割超え、宮田望美もセカンド、ライトなどを守ってたまたま見られた昨年の実業団大会では2打数2安打だったが、この3人の「お宮さん」が活躍した時がちょうど見られなかった時期と重なったので印象が薄いのが本当に残念。柴田瞳は入ってきたときはかなり期待の素質のある投手だったのだが、本来の力を出し切れなかった。
 新人の児嶋紗衣は甲賀医専の1年目からレギュラーで活躍し昨年はキャプテン。守備と小技の上手い選手で今の日本精工にはいないタイプなので面白い存在になりそう。江口裕里はライトを守る江口加奈子の妹。須貝素美は大柄でかなりの強肩捕手。先輩捕手の馬場未波と見た目もプレースタイルもかぶるが、どちらも良い捕手でこの二人が打者としても育ったらまた日本精工は強くなる。投手の谷島花波はアドバンスセクション全体の中でも期待の右腕。2部ではおそらくトップクラスのスピードで、エースの曽根原がいまいちピリッとしない今年は2節以降エース級の活躍をするかもしれない。ソフトボールマガジンの名鑑には生年月日が「1993年1月9日」と書かれており「曽根原とまったく同じだ」と思ったがどうやら誤記で、本当は「1992年4月20日」。投げた後に三塁側へステップするのがYKKの血分智香にそっくりで、血分本人も「私に似てる」と言っていた。ただ実際には谷島の方が年上なのだが(笑)。前にも書いたがルネサスに入った中野花菜と中学時代に全国大会決勝で投げ合った間柄でもある。


【NECアクセステクニカ】
退団選手:7人
	(25/DP&PH)今村千春(7年)
	(11/P)川口汐里(6年)
	(24/P)山本梢(6年)
	(36/RF&2B)渡邊南(6年)
	(46/CF)渡辺祐子(5年)
	(10/DP&C)馬場香織(4年)
	(19/C)乃一知世(2年)
新人選手:4人
	( 1/P)松浦葉月(宇都宮文星女子高)
	( 2/IF)石井千春(厚木商高→国士舘大)
	(12/C)中島はるな(香ヶ丘リベルテ高)
	(26/OF)轟優花(高崎健康福祉大高→山梨学院大)
(移籍加入選手:1人)
	(10/SS)稲垣ゆみこ(豊橋商高→東海学園大→大鵬薬品)
	(11/P)梅津佳奈子(上山明新館高→大鵬薬品)
	(19/CF)和田美樹(厚木商高→大鵬薬品)
※コメント
 川口汐里はリーグは6年だが甲賀医専を出た後に1年間「旅亭紅葉」に所属していたので実業団人生は実質7年間。2010年の実業団大会をもって解散した紅葉を知るリーグ選手がこれでいなくなった。今村千春は元織機の藤崎絵未莉さんと高校時代同級生だったことでなんとなく個人的にも親しくさせてもらった選手。ほんと人懐っこい話しやすい感じのいい選手だった。いわゆる「代打の切り札」的な選手でチャンスが来ると「さあ今村の出番だ」と楽しみにしたものだ。山本梢は元三島中央病院。三島時代はその後大鵬に移籍した鈴木碧との継投でチームを支えていたような気がする。廃部後にNECに移籍し4年間を過ごした。あまり注目されてなかったが、背が高くてスタイルのいい美人だった。
「Wワタナベ」の二人、渡邊南と渡辺祐子も同時に引退した。渡辺祐子は山本梢と並んでスタイルのいいセンスのある外野手で、彼女が4番に座ってることでNECのチーム全体が非常にスマートな印象になった。渡邉南は逆にガッツのある感じの選手で、あの全盛期の染谷美佳投手から放った国体予選でのホームランは忘れない。愛短大出身者としては中山亜希子さんにつぐ良い選手だった馬場香織。キャプテンで1番DPとして文字通りチームをけん引していた。
 移籍組を含めて7人が新たにチームに加わったが、捕手の中島はるな以外は全員が即戦力として試合に出場。大鵬から来た稲垣ゆみこはキャプテンでもある。デンソーから移籍の和田美樹に関してはデンソーの稿で詳しく書いたが、一人レベルの違う選手。元デンソーで2部に移籍と言えば萩藤寛子さんが思い出されるが、彼女は甲賀医専を出た後に靜甲に入りキャプテンとしてチームを優勝に導いて再び一部選手に返り咲いた。和田に期待されるのも正直そのレベルの仕事だ。それも今年、今年主力としてチームを優勝に導き、来年の今頃は1部の舞台に立っていなければいけない。
 投手の松浦葉月は日本精工の谷島花波と並んで2部リーグでは今年期待大の新人投手。この投手が入ったことでNECは一気に2部リーグでの優勝候補筆頭チームになった。


【東海理化】
退団選手:1人
	(20/RF)中村直子(7年)
新人選手:5人
	( 6/IF)麓さやか(常葉学園菊川高)
	( 7/2B)阿部千尋(伊勢学園高)
	(12/C)松本七海(埼玉栄高)
	(17/P)横山楓香(多治見西高)
	(28/3B)河倉郁美(多治見西高)
※コメント
 今年の引退選手は7年間続けた中村直子一人だけ。とにかく東海理化は長くチームに残る選手が多い。よほど会社およびチームの居心地がいいのだろうと思う。宇津木さんのチームに爪の垢を煎じて飲ませて上げた方がいいかも知れない。
 中村は東海理化とのつながりが強い長崎商出身の外野手。DPでの出場も多かったがなかなかバッティングのいい選手だった。個人的には身長、体重、体型がほとんど同じの中田奈緒さんと見た目でよく間違えていた思い出がある。
 新人選手ではセカンドの麓さやか、サードの河倉郁美が高卒選手ながらレギュラーを獲得した期待の選手。外野手の阿部千尋もレギュラーとして出てもそん色がない良い選手だ。麓は靜甲に入った麓みさきの妹。間にもう一人姉妹がいて、その真ん中も大学でソフトボールをしているらしい。
 横山楓香は多治見西のエースだった投手。高校生のままのあどけない顔をしているが芯が強くしっかりと自分を持っている投手のように見える。この投手も長くチームを支えてくれる投手になるだろう。


【カネボウ化粧品小田原】
退団選手:5人}
	(10/C)鈴木裕子(8年)
	(9/IF)稲木亜理沙(5年)
	(11/2B)渡邉昌江(5年)
	(7/LF)森本美香代(3年)
	(14/P)山口紗貴(3年)
新人選手:4人
	( 4/IF)金野朝美(宇都宮文星女子高)
	( 7/IF)人見夕希(宇都宮文星女子高)
	( 9/OF)小此木美寿々(湘南学院高)
	(17/P)高橋悠衣(厚木商高)
※コメント
 昨年の主力だった選手がごっそりと抜けてしまった。特にキャプテンで捕手の鈴木裕子、エース左腕だった山口紗貴の抜けた穴は大きい。山口は名門九州女子を出た貴重な左腕投手だったし、鈴木はチームをけん引する精神的支柱だった。俊足が自慢の一塁手稲木亜理沙、外野を守って5番を打っていた森本美香代、リーグ一小柄だったが元気なプレーが売りだった渡邉昌江などは、昨年ようやく名前とプレーを覚えた選手なので残念だ。
 新人としては投手の高橋悠衣への期待が大きい。カネボウの投手が2年目の久保谷と志津野だけなので、この若い3人で競い合いつつ成長していきたい。3人とも身長が170cmを超えているというのも将来に期待できる大きな要素だ。小此木美寿々は地元神奈川の湘南学院出身の期待の選手。日本ウェルネスに入った小此木菜々美は双子の姉妹だが、名鑑によると美寿々が身長162cm、菜々美が154cmと珍しく身長差のある双子だ。今年数多く実業団に進んだ宇都宮文星女子からこのカネボウにも二人が入った。人見夕希はマガジンの名鑑にも「見た目は清楚だが」と書かれるくらいルックスの良い選手。今年の2部の新人ではナンバーワン。


【甲賀健康医療専門学校】
卒業・進級選手:3人
	(26/C)北川実歩(2年)
	(1/ OF)高尾真澄(2年)
	(19/OF)山口真由(2年)
新人選手:17人
	( 1/P)藤田真理子(大阪国際滝井高)
	( 2/OF)松林汐李奈(せりな)(大阪国際滝井高)
	( 3/ OF)岩田英莉(えり)(尾北高)
	( 4/ IF)山中亜月(あづき)(大阪国際滝井高)
	( 5/OF)堀内愛弓(あゆみ)(門前高)
	( 6/ IF)川崎あゆみ(→丸亀城西高)
	(13/P)木戸口由章乃(ゆきの)(福井商高)
	(17/P)大西里帆子(高松東高)
	(19/P)大森知香(平塚商高)
	(20/P)尾花有美(綾部高)
	(25/P)村瀬あおい(星城高)
	(26/P&IF)松永菜花(なっか)(大津商高)
	(29/OF)青山亜樹(土岐商高)
	(33/C)角川美佐子(高田商高)
	(34/C)杉嶋亜紀穂(比叡山高)
	(35/OF)小松崎実紗(滋賀学園高)
	(36/IF)平岩采果(あやか)(滋賀学園高)
実業団への移籍選手:人
	( 2/OF)梅木智枝(→靜甲)
	( 5/IF)田中智佐世(→大和電機)
	(10/2B)児嶋紗衣(→日本精工)
	(13/1B)小栗有加(→大和電機)
	(17/OF)山本眞優(→平林金属)
	(35/P)'''川口千晶(→ドリーム☆ワールド)
	(36/IF)笹井理沙(→平林金属)
	(37/P)岩田みゆき(→シオノギ製薬)
※コメント
 今年も2部を中心に8人もの選手が新たな実業団チームに移籍した。
 やはり一番の期待がU-19日本代表でもあったシオノギに移った投手の岩田みゆき。苦しいチーム事情の中で救世主になれるか期待は大きい。まだ1節を終えた段階では先発はないが、初先発でどういう投球ができるかは大いに注目だ。川口千晶はドリームワールド、梅木智枝は靜甲と、ともに2部で優勝を狙える静岡のチームに進んだ。彼女たちが優勝争いの中でどういう役割が果たせるかにも興味がある。平金に進んだ二人、大和電機に進んだ二人は、低迷するチームが浮上するための主力として移籍1年目からの活躍が期待されている。


【大和電機工業】
退団選手:5人
	(22/C&DP)大林莉央(6年)
	(/1B)辻村真耶(4年)
	(/3B)福本亜妃子(4年)
	(27/P)石垣香織(3年)
	( 1/C)長島あゆみ(3年)
新人選手:6人
	( 7/IF)宮坂奈々恵(甲府湯田高→松本大)
	( 8/OF)近藤紗帆(多治見西高)
	( 9/P)穴澤早貴恵(津幡高→武庫川女子大)
	(18/P)後藤菜緒子(福岡中央高→東海学園大)
	(19/P)西奥間沙紀(奈良女子高→大阪国際大)
	(22/C)山嵜真奈美(大宮東高)
(移籍加入選手:2人)
	(13/1B)小栗有加(岐阜女子高→甲賀医専)
	(17/IF)田中智佐世(明浄学院高→甲賀医専)

※コメント
 大林姉妹のお姉さん、大林莉央も一昨年の妹に続いて引退。最後の年はDPでの出場が多かったが最後まで力強いバッティングだった。辻村真耶は華奢でソフトボール選手にはとても見えないような感じだったがなかなかセンスのある一塁手だった。引退後は地元に戻って農業のお手伝いをしてるようだが、なんかそれがまたやけに似合う、ほのぼのした感じの優しい子だった。石垣香織は僕が大学生時代を知ってる数少ない選手の一人。2007年の総合で織機と大阪国際大が対戦したときに投げていたから。この子も会うといつもニコニコ挨拶してくれる明るくていい子だった。長島あゆみは東北福祉大出身のキャッチャーで、バッティングはまあ目をつむるとしてもやっぱり守備に関してはさすがに福祉大出身という感じの選手だった。彼女も会場で会うとよく話をしてくれた。福本亜妃子は甲賀医専での2年間を含めて4年間のリーグ生活。上背もあるしセンスもある三塁手でまだまだやってくれると思っていたのだが、大和電機で2年だけなのはちょっと短かすぎた。
 新人選手としては多治見西から入った近藤紗帆が高卒1年目からレギュラーで活躍しそう。宮坂奈々恵は松本大学時代から国体の長野県選抜として大和電機の選手と合同チームに加わっていたのでチームでも違和感なく役割を果たせそうだ。甲賀医専から移籍してきた田中智佐世、小栗由加の二人も即戦力。特に小栗は「甲賀医専の左投げ一塁手・背番号13」という昨年本塁打王のシオノギ三宅美咲の後を直接継いだ選手なだけに期待も大きい。
 投手に関しては東海学園大出の後藤菜緒子、大阪国際大出の西奥間沙紀、武庫川女子大の穴澤早貴恵と3人の大卒投手が入部。このうち穴澤は、能登半島沖地震を乗り越えて門前高校ソフトボール部が成長していく姿を描いたドキュメンタリー番組「わたしたちの時代」において、門前高校のライバルとして取り上げられた津幡高校のエースだった投手。その時の門前で1年生ながらレギュラーのセンターだったのが現在日本精工のエースである曽根原一葉。この二人の投げ合いも実現すると面白いのだが。
大和電機は今年から監督になった本田美穂さんが戸田中時代から、僕が仲のいい数少ない選手だったので、それを通じて選手何人かとも顔見知りになったが、特に今年引退した選手たちはほんといい子たちばかりだった。2013年の新生大和電機は第1節を終えて3戦全敗とカネボウと並んでまだ勝ちのないチームだが、とにかくなかなか勝てなくてもいいから会社の人やファンに愛されるチームになって行ってほしい。


【平林金属】
退団選手:3人
	(12/P)井茂麻由(6年)
	(17/P)乾彩華(4年)
	(18/P)松本瀬玲菜(1年)
新人選手:3人
	( 3/P)中村絢夏(鹿児島実業高)
	(14/C)外間光(ほかまひかる)(浦添商高→環太平洋大)
	(29/OF)嶋本さやか(熊本商高→熊本学園大)
(移籍加入選手:2人)
	( 8/IF)笹井理沙(奈良女子高→甲賀医専)
	(16/OF)山本眞優(奈良文化高→甲賀医専)
(復帰選手:1人)
	(31/IF&Coach)時田彩美(白井高→日本女子体育大)

※コメント
 井茂麻由、乾彩華の二人の主力投手が同時に抜けるのが非常に残念な平林金属。今年は野手に良い選手が入って成績的には上がりそうな平金だが、昨年までの低迷時代に必死になって投げ続けていたこの二人の投手の頑張りは記憶に残って行くだろう。乾彩の若干チャラい感じのところが元織機の池原恵に似てるなあとなんとなく思っていたのだが、奈良女子高時代の同級生ということが判明して納得(笑)ちなみに乾は妹の理沙の方はまだ中堅手としてチームに残っている。
 新人としてはIPUから入った外間光と甲賀医専から移籍してきた笹井理沙の二人が最初から活躍しそう。特に笹井は甲賀医専時代からよく打っていたいい打者だったのでチームにとってはかなりの戦力アップになるはず。投手では佐賀県の鹿島実業出身の中村絢夏がちょっと面白い存在になりそうだ。2部では左投手が特に少ないだけにその希少価値を利用して活躍し、清水麻紀との左右の柱になってくれるのを期待している。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本リーグ1部、2部観戦ガイド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

二部の二節待ってます(^-^)ゝ゛

【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

銀猫さんが書かれてる通りです(^-^)ゝ゛

田舎に住む私は、試合見に行きたくても、なかなか行けません(TT)
どこかに、試合の記事が載ってないか必死で見つけてました。
本当に、ありがたいんですよね(^O^)

【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

>おかぁさま

本当に嬉しいコメントありがとうございます。
よく、作家さんが小説を書くときに、ある特定の人を想定して書いている、という話を聞きます。

そういう意味で言うと、僕がアホみたいに人生費やして無償で必死にブログ書いている理由の大きな一つに「田舎にいてなかなか孫や娘の活躍を見ることが出来ない祖父母やご両親に、娘さん、こんなに頑張ってるんですよ!」と伝えたい気持ちが強い部分があります。これは僕もド田舎出身ゆえにもちえる感覚じゃないのかなと思ってます。

もちろん、ミスしたらミス、と厳しく指摘するのはスポーツである以上仕方がないですが、でも根本的には「みんなに頑張って良いところ見せてほしい!」と願ってますので、辛口も少し多めに見てもらえると嬉しいです^^;

【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】

娘が新社会人になり、ブログにも、少しですが書いてもらってましたO(≧∇≦)O
家から遠いんで、試合をなかなか見に行けないでいます。
これからも、ブログ楽しみに読ませてもらいます(*^-^*)

こんな記事も読みたい

東都大学ソフトボール春季リーグ戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2013年のドラフトを、プロスペクトランキングから読み込む その1【Score Scola】

東京都大学ソフトボール連盟春季リーグ戦(女子)対学習院大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconsilvercats

  • 昨日のページビュー:1074
  • 累計のページビュー:4452720

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ~2013年版~【リーグ未加盟の実業団チームの紹介~第52,53回実業団選手権より】
  2. 【2016年2月~4月のキャンプ・オープン戦情報(3月29日更新)】
  3. 【この二人の永久追放を強く望む】
  4. 【2014年・宇津木クラブ代表選手の紹介】
  5. 【2013/2014シーズン引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その2】
  6. (随時更新)【2017年6月~9月の公式戦・オープン戦・練習試合・キャンプ等の予定(8/19更新)】
  7. 【BS11、ビックカメラって、ソフトボール界で一体何様っすか???】
  8. 【日本リーグ2013/2014シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~ホープ・セクション】
  9. 【日本リーグ2012/2013シーズンの引退・移籍・新加入選手・2部その1~アドバンスセクション】
  10. 【2015/2016シーズンの引退・移籍・新加入選手~1部リーグ・その1(BC高崎、トヨタ、織機、Honda、デンソー、日立)】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss