理系男子が送るスポーツ観戦記

vsオーストラリア戦予想スタメン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリル監督の戦術プランから見る先発予想

今夜はいよいよW杯予選の大一番vsオーストラリア戦です。 この試合は勝った場合のみ予選突破が決まるので「勝負」に行くでしょう。

ハリルホジッチ監督は相手の特徴を消し途中からカードを切って展開を変えるのが得意です。

この試合勝つためにまず頭に入れたいのは

1.セットプレーからの失点を防ぐ(高さ対策) 2.相手のビルドアップにプレッシャーをかける(前方FWからの守備意識と中盤の連動) 3.3バックの両側サイドから崩す

加えて引き分けでもOKなオーストラリアは5バック気味に来る可能性があります。 日本はこの試合勝つ必要があるのでその場合は中盤と最終ラインの間でボールを受け崩す必要も出てきます。

戦術的にはインサイドハーフ採用で4−3−3。 4−3−3でしっかりプレッシングをかけるにはセントラルMFのコーチングも重要なので日本代表では長谷部にもってこいの戦術です。 1トップ大迫と長谷部とDF4人は不動。FW岡崎で相手DFのビルドアップにしっかりプレッシングをかけたい。 また、本田はセットプレー対策では欠かせない選手だし相手DFとMFの間でボールを受けキープできる。

これらをふまえて予想スタメン

1トップ 大迫 FW 左 岡崎、右 本田 インサイドハーフ 左 柴崎、右 井手口 ボランチ 長谷部 DF 左 長友、右 酒井宏 センターDF 昌子、吉田 GK 川島

前半はガツガツ前線からプレッシャーをかけ奪ったら早く攻める。できれば相手のリズムを奪って先制点を取りたい。

見事先制してサイドMFが上がり気味になり相手DFのサイドが空いた場合は右FWに浅野。 相手がベタ引きで膠着状態になった場合はトップ下に香川を投入してDFとMFの間で決定的な仕事をしてもらう。 後半の試合展開によっては左FWに乾、右FWに久保でインサイドハーフ本田を下げる展開も考えられます。 親善試合シリア戦の後半の良いイメージはハリル監督にも残っていると思うので。

これぐらいの試合展開のオプションは最低考えていると想像します。

何故かネガティブな報道も多いですがここまで日本代表の最終予選の成績は15得点、6失点(5勝1負2分)。 1試合に約2点とって失点は1点以下というまずまずの数字。 対してオーストラリアは14得点、8失点(4勝4分)。 ここまでオーストラリアはあまり守備が良くないので2-1ぐらいで勝てると予想します。 なにより日本はホームですししっかり応援して後押ししましょう!!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
サッカーワールドカップ
オーストラリア戦
W杯最終予選
サッカー日本代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

柴崎を使いこなせるかが鍵【Viva La sports】

言説を疑う――「世界に通用するサッカー」って、本当にあるのか?【Memories of the game】

ロシアW杯出場権獲得寸前!歴代監督緊急座談会【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-iconsiki-waka

  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:57084

(08月31日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ハリルの目指すサッカーとは? 〜UAE戦、タイ戦総括〜
  2. なぜタイ戦はバタバタとしてしまったのか?選手交代の意図は? 〜タイ戦をじっくり考察〜
  3. W杯予選大一番!! 今晩のイラク戦 予想スタメン

月別アーカイブ

2017
08
06
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss