m_maruのエスパルス観戦日記

最初に見直すべきは監督よりも強化部

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸戦,劇的勝利&残留おめでとうございます。しょうもないミスから綺麗なカウンターを喰らって0-1になった時は,早くも勝利を諦めかけましたが,北川のFK弾をきっかけにここ一番での反発力を見せてくれました。思えば,昨年のセレッソ戦の同点ゴール,今年の甲府戦のターンからのゴール,セレッソ戦の2得点など,北川のゴールはどれも印象的なものが多いですね。北川,金子,松原といった若手選手の成長は,今季の数少ない収穫の1つと言って良いと思います。

さて,怪我に泣かされた今シーズン,特に監督については言いたいことも沢山あるのですが,それ以上にチーム編成のまずさが目立ちました。監督が守備的ボランチを希望していたところになぜか外国人CBを2人も補強,しかし2人とも監督の戦術にフィットせず…。三浦,本拓,元紀とそれぞれのポジションの主力級が移籍しているのに,レギュラークラスの日本人選手の補強はGK六反のみ(←これはGJでしたが)。 今年はDAZNマネーのお陰で賞金額が跳ね上がって,他のJ1チームは軒並み補強に気合を入れてタイトルを取りに来ている中で,我が強化部はあまりにもJ1を舐めすぎていたとしか思えません。 結果,序盤こそまあまあ戦えてはいたものの,犬飼,テセ,六平といったキーマンに故障が出るにつれ,チームは全然勝てなくなり,泥沼に嵌っていきました。このブログで散々文句を付けてきた二見のCB起用も,そうせざるを得なかった編成上の問題が大きく,ある意味彼も被害者といえます。

このチーム(エスパルス)を見ていて,2010年頃からずーーっと気になっているのが,監督が得意とする戦術と,強化部が取ってくる選手とのミスマッチです。 だいぶ前の話になりますが,某G監督の時だって,前線で核となる電柱系FW(ラドンチッチ)を取ってこれたのは,やっと3年目の後半になってからのことでしたし,翌年は同じ戦術なのにスタメン(長沢)のバックアッパー(瀬沼)をレンタルで放出してしまったため,長沢の離脱と同時にチームが崩壊してしまいました。 今シーズンだって,助っ人枠の外国人選手が小林監督の戦術に合っていたかというと「?」マークが付かざるを得ないですし(デュークについては良くなっては来ていますが,あのポジションで使うには不用意なロストが多すぎます。),全体的に守備的強度が低い選手が多く,せっかく途中まで良い試合をしても,試合終了まで守備が保たないことが良くありました。 小林監督は戦術の幅が狭い監督なので,そこを上手く編成でフォローできないと,今シーズン後半のような悲劇が訪れます。また,ウチの強化部(特に原靖氏)は若手を信頼し過ぎで,即戦力で大活躍することを前提に編成を組んでる訳ですが,金子や北川がシーズン終盤でやっと存在感を発揮してきたように,若手が活躍するには時間がかかるんですよ。

結局,ここ数年の清水は,強化部が適当な編成を行って,あとは現場の監督に丸投げして,それを監督サイドで必死こいてなんとか帳尻合わせて…ってことを繰り返してきた訳です。 このような体質が続く限り,どんな名監督を連れてきたとしても,結局は消耗品として使い捨てることになるだけで,チームの力はいつまで経っても積み上がらないんじゃないでしょうか。 強化スタッフの原靖氏(SD:スポーツディレクター)については,たまに当たり外国人選手を連れてくるなど,一定の評価はしていたのですが,こうまで編成のミスマッチが続くと,さすがに「もういいかな」って気分になってきます。外国人関連を原氏におんぶに抱っこという現状も情けないですが,そろそろ原ルート以外で,外国人選手・監督の人脈を開拓して欲しいところです。 あと,わざわざ書くまでもないことですが,今季の編成の一番の責任が,強化部長である内藤氏にあることは言うまでもありません。まあ,普通に考えて解任か降格が妥当ですよね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エスパルス観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

>まや様

熱いコメントありがとうございます。まさに仰るとおりかと思います。
確かに,調子が良い時の清水には,素晴らしいDMWがいましたね。個人的には2012年の村松も好きでしたが。

もともとサッカー熱では他地域に負けていないので,エスパルスの哲学というものをしっかり作っていけば,ここから巻き返すことも十分に可能だと信じています。

最初に見直すべきは監督よりも強化部

まさにその通りだと思います。本田君の移籍はかなり痛かったと思います。
清水は基本堅守速攻
その中で肝になるのがDMFだと思ってます。バランサーやレジスタタイプはいますが、クラッシャータイプがいません。過去をみてもサントス、伊東、戸田、本田といった危機管理力のすばらしい選手がいました。
守備が悪いからCBを、攻撃が悪ければFWをと素人でも出来る補強ではなく、軸になる選手の補強が絶対条件だと思います。海外ではチームに哲学があり、監督に合わせるのではなく、チームに合う監督を招聘するべきです。
もう一度日本のブラジルと呼ばれたあの頃に戻ってほしいです。
長文乱筆で申し訳ありませんでした。

最初に見直すべきは監督よりも強化部

>さぼりさぽ様

コメントありがとうございます。確かにそんな肩書が付いてましたね。
ただ,強化部のトップ(強化部長)は内藤氏なので,NO.1ではないという意味で「スタッフ」と記載していました。
後ほど訂正しておきます。

「最初に見直すべきは監督よりも強化部」へのコメント

原氏はSD(スポーツディレクターだったかな?)ですよ何故か。単なる強化スタッフじゃないです。

こんな記事も読みたい

『グランパス』選手の動向を考えるGK&CB【赤の血潮と、青の魂】

川崎フロンターレ優勝 「強さと美しさと」【動楽者plus】

川崎、悲願の初タイトルは最も価値のあるリーグ優勝【スポーツ えっせい】

ま た 二 見 か【m_maruのエスパルス観戦日記】

J2仕様の戦い方【m_maruのエスパルス観戦日記】

アンチフットボールとエスパルス/残留のためならばポゼッションは必要ない【猫に小判】

【17/10/14:清水対磐田】みっともない惨敗ダービー【1Q92】

残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconshuttlenk

関東在住サポ。スカパー観戦が主で、たまに近郊のアウェイ(等々力とか)に観戦に行ってます。
  • 昨日のページビュー:732
  • 累計のページビュー:1968423

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 結局、「清水の敵は清水」だったってこと
  2. 監督辞めますか?それとも,J1辞めますか?
  3. 清水のサッカーの正体は聖帝サウザーだった?
  4. 2014シーズン展望&順位予想
  5. 「俺がバス囲んだから勝てたんだぜ!」という壮大な勘違いについて
  6. さよなら元紀
  7. まだエスパルスで消耗してるの?〜2015年個人的反省会
  8. 横浜F・マリノスの優勝に異議アリ!?
  9. 移籍していった選手達1(アレックス、小野)
  10. お詫びと補足とブログ紹介

月別アーカイブ

2017
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
2015
12
08
07
06
05
03
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss