ボクシングをとっても楽しく見るブログ

村田諒太が世界王者になることができた3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は何度も、村田諒太は世界王者になることができないと述べてきた。それを見事に打ち破ったことについて、今さらここで述べることでもないだろう。WBA世界ミドル級のタイトルを獲得することができたのは、決して偶然でもなければ奇跡でもない。当たり前だろう。あの「疑惑の判定」によって敗れ去ったアッサン・エンダムから今度は明確な形で勝利を収めることができたのだから。

 2015年の7月に考えていた試合で、5月にエンダムと対決するまで。村田諒太が積み上げてきたキャリアはあまりにも薄っぺらいものに感じられたほどだった。ロンドンオリンピック金メダリストの称号の割に合わないものに思えた。

 それを村田はエンダムに「ほぼ勝利」という結果で私の考えを覆して見せた。そして、そのエンダムという負けられない相手をねじ伏せてミドル級のタイトルを獲得するに至ったのだ(ちなみに、前回とは違いリングアナウンサーが「本物の」リングアナであったことも見逃せない)。

 村田は結果で見せた。ボクシングを始めとしたスポーツ選手と言うのはこうでなければならない。結果で私のような人を黙らせることは痛快なはずだ。それでいいのである。プロスポーツとはそうでなければいけない。  さて、スポーツナビがブログサービスを終了させるということ。これは私の耳にも入っている。最後に村田諒太が世界王者になることができた3つの理由を記載したいと思う(今後のブログ移転については、別途お知らせしたいと思う)。

■パワーとタフさは、村田を支える最大のアドバンテージだった。

 エンダム相手に対して気を付けなければならなかったのは、ある種の「執念深さ」であったことは言うまでも無い。実力は凡庸なのだろう。だが倒れても立ち上がり、決して屈することなく打ち返してくる。

 その驚異的な回復力を上回るために村田が導き出した答えは、多少の被弾を受けてでも相手に圧力をかけてダメージを与えることだった。元々、村田という選手はインファイトを得意とするファイタータイプの選手である。これはアマチュア時代から一貫したスタイルでもあるわけだ。

 なおかつ、培ってきたパワーとそれを追い詰める圧力。そこから導き出した答えはボディーブローだった。闇雲にダウンを奪って空回りするのではなく、着実に相手へとダメージを与えることを選択した。村田が世界王者になることができた理由の一つが、この選択にある。

 ボディーを打つことで相手を止め、確実に仕留めやすくするという選択は大変適切だったように思える。

■村田諒太に欠けていたのはたった一つ。「野心」だった。

 前回、村田はエンダムに対して対決したわけだが「WBAの正規王者決定戦」である以上にエンダムがWBAの暫定王者であったこと。これも決して忘れてはならない。つまり、最初から立場的にはエンダムの方が上だったということである。敢えて敗因を挙げるとするならば、村田には「倒しきる」という気概と野心が無かったように思える。

 だが、今回の村田は違った。エンダムに対して激しくタフに戦い、そして最後は倒しきってみせたのだ(実際は棄権TKOだったわけだが)。実はこれが非常にリスキーなものであることをご理解いただけることだろう。

 当然明確に倒しきって勝つ戦いをするということは、それだけ自らの身をさらすというリスクを負う。いくら村田にパワーがあれど、エンダムが明確に逃げてしまえば仕留めるチャンスすら失う。ラッキーパンチでもカウンターを食らえば大変だ。それでもその選択を正しいものとするために、村田はリスクを負った。それは、自らのタフさを信じていたからなのかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
村田諒太
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

村田諒太が世界王者になることができた3つの理由

むしろ村田はここからでしょうね。上を目指すならば、とにかく時間もないですから。
より高いレベルで、より良い環境で戦う。ぼくはその環境が日本には無いと思っているのですが、ご本人も自覚しているようですからね。

村田諒太が世界王者になることができた3つの理由

帝拳のバックアップなしには実現できないダイレクトリマッチでしたね
エンダムは負けてもホクホクでしたが、今回のタイトルマッチで約6億円が動いたといわれています
また、この試合はアメリカで中継されました
帝拳のプロモーションが行き届いてこその、試合でした
村田に慢心の二文字はおそらくないでしょう
誰もTKOに追い込めなかったカメルーンのライオンの心をへし折って、棄権に持ち込んだ実力は本物です
ミドル級金メダリストが、プロの世界でミドル級のベルトを巻くのも、世界初です
現状、チャンピオンで一番格下、場合によっては穴と言う人もいますが
右ストレート・左ジャブにボディブロー・前進を続ける圧力は世界で戦える武器だと思います
初防衛戦の相手が気になりますが、しっかり休んで頑張って欲しいです

村田諒太が世界王者になることができた3つの理由

興味深く拝読させて頂きました。わたしも村田選手のファンなので、思うところをブログに書きました。

新王者・村田諒太選手とアドラーの「勇気の心理学」
「課題の分離」と「不完全である勇気」
http://kitakamayu.exblog.jp/28152501/

こんな記事も読みたい

相撲ファンが両国に住む意味を、両国在住1年の私が考える。【幕下相撲の知られざる世界】

村田諒太の姿勢こそボクサーの鑑【スポーツ えっせい】

観戦記1387 UFC213 ファブリシオ・ヴェウドゥムvsアリスター・オーフレイム【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2365086

(11月19日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss