ボクシングをとっても楽しく見るブログ

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 思い起こすと、もうあれから5年は経っていることに気がつく。私はまだ大学生で、とあるオフ会で亀田を擁護し、五十嵐に手厳しい論評を書いたところ呼ばれなくなってしまったり、就活で面接官に逆ギレしたり。22にして所詮自分は価値のない人間と絶望したり。中々今振り返るとディープな一年間だったように思う。

 だが、あの時期が一番ボクシング熱も高かったし何よりも多くの試合を見ていた記憶がある。もちろん今も見ているわけだが、この時期になると忘れられない試合がある。日本人選手のビッグタイトルマッチだったわけだが、嘘偽りなくその選手を一切応援しなかった試合だった。

 ノニト・ドナイレ対西岡利晃。この試合だけは西岡を応援しなかった。コットと亀海が対決したり、井上とニエベスが対決した時には応援していたのにだ。もちろん、試合前から分かっていたことではあった。恐らく西岡はこの試合には勝てない。そして、彼はもう世界王者では無かったからだった。

 勘違いしないでほしいのは、私は西岡利晃という選手が嫌いなわけでは無い。ほぼ不可能にも思えた海外での防衛、レンドール・ムンローを始めとする強豪選手たちを相手に圧倒した実力。そして、宿敵ウィラポンに4度も挑戦したこと。彼が成し遂げてきた実績は、他のボクサーと比較しても遥かに素晴らしい。それは判っているのだ。

 それでも、この試合は全く持って素晴らしいものでは無かった。5年経過した今でさえ、はっきりと確信して言える。

■そもそも西岡は引退届を出す覚悟があったのか?

 まずドナイレと戦うには、2012年当時では引退届を出さなければ戦えないはずだった。当時WBOとIBFに加盟していなかったJBCでは、WBOとIBF王者に挑戦するためにはWBCかWBAの世界王者でなければならなかった。そうでないのならば、JBCのライセンスでタイトルマッチを戦うのであれば、ライセンスを返上しなければならないのだ。形式上でも引退しなければいけないということである。

 当時、西岡が持っていたベルトは無い。WBC名誉王者を世界王者のベルトと認める、ダイヤモンドベルトをWBCタイトルとするならば百歩譲って良いだろう。しかし、そのようなダブルスタンダードにも見えるそれは後付けっぽく感じて私は好きになれない。

 何より、WBOタイトルに挑戦するためにライセンスを返上した石田順裕や、IBFタイトルに挑戦した高山勝成。WBOアジアパシフィックタイトルと知らずに戦ったことでライセンスをはく奪された大沢宏晋の立場は一体どうなってしまうのだろうか。結局、西岡はドナイレと戦った後に正式に引退している。それまでにJBCのライセンスを返上したという話は聞かなかった。

 そもそもだ。ドナイレ戦を熱望しながらも、西岡はライセンスを返上してまで戦いたかったのかどうかが問題だった。西岡はあの試合で勝たなければならなかったのだから。

■どうしようもない凡戦だった。という記憶しかない。

 見るに堪えない試合だった。試合中、西岡はドナイレの左フックを警戒するあまり右ガードを高く上げたままだった。まともな攻勢もできず、ロサンゼルスの観客からはブーイングさえ飛ぶほどだった。

 最後に少しだけ意地は見せたが、最終的にドナイレは攻撃の幅を見せつけたまま西岡は負けた。その時付けていた採点結果は80-71でフルマークでドナイレ優勢だった。試合終了の瞬間はガッツポーズをしていたのも良く覚えている。勝たなければいけない試合で、西岡は何もできなかった。そう、それが全てだった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ノニト・ドナイレ
西岡利晃
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた

個人の感想に取材は必要ですか?
それにどれだけ努力したとしてもルールを変えられなかった中での見切り発車は十分に私としては納得できません。

別に逃げたかどうかはあなたや読者の方々が感じれば良いだけの話ですので何とも思いませんが、タイトル含めて私は一切合切変えるつもりはありません。

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた

コメント失礼します。

お願いです。タイトルの「失望させた」を変更して下さい。
この言葉を使えるのは、選手とともに全てをあの試合に掛けてきた人達だけです。
筆者は何か犠牲を払ったのですか?または、関係者と同じくらいの何かを失ったのですか?
読ませる為に強い表現をしたのでしたらなおさら直にでも変更して下さい。

ルールに合わないのでしたらJBCに、帝拳に取材をしましたか?
試合を阻止する為の努力はしましたか?
したのであればその経緯を記載するのがこの記事の本筋だと思います。
していないでこんな記事を書いてるのでしたらスポーツライターとして失格です。
「一人のボクシングファン」という逃げ台詞はやめて下さい。

私はこういうコメントを書くのは初めてです。
面接官に逆ギレするような自分の立場もわきまえれない人が書いた記事なんだから放っとけばよいと
思ったのですが、時間が経つにつれ我慢ができなくなりました。
もちろん、あの試合が面白かったなんて私も思ってはいません。
しかし、あの試合で西岡氏の輝かしい実績や栄光が汚されたとも思いません。
あそこにたどり着くまでの彼の、関係者の努力を想像すれば(できれば)、こんなタイトルの記事にはならないと思いますが。

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた

最初にお伝えしておきますが、帝拳が嫌いなのは事実ですし否定は一切しないです。

個人的にWBC名誉王者は、WBCからの王座剥奪に等しいものだったという認識です。
あるいはマレスを正規にするためにどうしても西岡が邪魔だったから、どかしたという印象の方がむしろ強かった。ただ、ルールはルールでした。

よしんばドナイレと試合するとして、WBC名誉王者がその統一戦をやるに足るものかどうかというのは明示しなければなりませんし、それがはっきりしていない以上は筋は通すべきです。それが例え西岡のように実績がある人であろうが何だろうが一緒ですよ。だからこそ、まったくもって彼の試合に対して応援できなかった。

手順が違うと思いました。

加えてですが、貶めているというのはそうかもしれませんが、それでもメディアの評価は過大評価だったという認識は私の中では拭えません。プロセスを賞賛されてしかるべきで価値自体が認められたのだとしても、負けた人に対するものではないなという印象ですね。私は適切ではないと思います。

むしろ勝ち取った人に対する賞賛もできないのに何をしているんだ、という印象の方がよっぽど勝ります。

という「一人のボクシングファン」からの見解でした。

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた

コメント失礼します。

うーんと言う記事ですね。決して西岡利晃という選手を貶めたいわけでは無いと言いつつ結局帝拳憎しと言う感じアリアリである種の屁理屈で西岡を貶めてるとしか、、、

当時はWBCかWBAの世界王者でなければWBOとIBF王者に挑戦できなかったと言っても西岡はマルケス相手に7度目の防衛を果たして日本人で初めてWBC名誉王者に認定されるだけの実績を作ってすぐのドネア戦でしたからそこをベルトがないじゃないかって文句を付けるのは野暮としか言いようがないと思うのですが。もちろん帝拳がJBCのルールを厳密に守らなくてどうするとかWBC名誉王者とかインチキだとかいくらでもケチは付けられますが少なくとも当時の西岡のドネアへの挑戦を素直に応援できないのは捻くれてるだけでしょう、引退届を出して海外で戦う選手の覚悟を称賛しルールの改正を望んでいたと言うなら理解できますが引退届を出さないでドネアと戦った西岡にその不満をぶつけることは理解できません。

西岡の評価についても2度の国外防衛達成と当時のドネアと海外でタイトル戦をしたことがフロンティアではなく他の選手の方がフロンティアでレジェンドだと言う幼稚な比較もその理屈も意味がちょっとわからないです。専門誌では西岡がまるで勝利したかのように賞賛されている記事と言うのも試合内容ではなく試合までの道のり試合自体の価値がわかってたからでしょう。これは必要以上の称賛とは全く思わないですしむしろあなたの記事自体が必要以上に西岡を貶めてるのではないですか?もちろんドネア戦自体は西岡の惨敗でありお世辞にも面白い試合とは言えませんでしたがあなたのような記事を書く人がボクシングファンともどうしても思えないのですが。

こんな記事も読みたい

白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる【独断と偏見の相撲ランキング】

学芸会の延長 勝っても負けてもマイク プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールを聞いてしまうと、試合内容が良くても一気に興ざめ【極上の“T-1二見激情”見参】

観戦記1380 WBAスーパーバンタム級王座戦 ギジェルモ・リゴンドーvsジェームス・ディケンズ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2365086

(11月19日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss