ボクシングをとっても楽しく見るブログ

ジョーとファーディナンド、挑戦することの違いとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、イギリスではボクシング界にとって面白いトピックスが出てきた。サッカーのイングランド代表でマンチェスター・ユナイテッド所属していた、元サッカー選手であるリオ・ファーディナンドがボクシングへの挑戦を公言したのだ。

 ズブの素人がボクシングへの挑戦を公言する。イングランドのスターであり、世界的に名が知れているサッカー選手のファーディナンド。クラブレベルでは世界一を獲得したこともある男が、新たな世界として選んだのはボクシングだった。

 イギリスもボクシングの盛んな国として知られており、最近だと岩佐と対戦経験のあるリー・ハスキンスを始めとして昔からボクシングが強い国としても知られている。思うと、かつてはお騒がせ男としても有名だったウェイン・ルーニーのアイドルはマイク・タイソンだったらしいので、そのような拳で殴り合う文化が染み付いているのだろう。

 当然、比較をしてはいけないのだろうが、素人がプロの道へと進むという点では、どこかジョーブログと似ている気がしてならない。先日、3ヶ月でC級ライセンスを取得したあのYouTuberである。「ボクシングを舐めている」とまで言われたあの男とファーディナンド。当然違うのだが。

■ファーディナンドはどんな選手だったか? そして、なぜボクシングへ?

 元々ファーディナンドは非常にコンタクトプレーに強い選手だった。イングランドのサッカーは身体をぶつけ合う激しいもので、そこで磨き上げられたパワーとキャプテンシー、そして戦術眼。名門ユナイテッドの守備を支え続け、ユナイテッドに黄金時代をもたらしたことは言うまでもない。

 身長も188センチもあり、サッカーで鍛えた戦術眼とタフさを備えている。38歳という年齢がネックだが、ある程度のレベルまでには達することができるのではないだろうか。実際にイギリスではサッカーからボクシングへと転向したという実例もあるし、それほど悪い話ではないだろう。

「もう一度、コンペティティブな(競争力のある)世界に戻るチャンスだと思った。これを逃す手はないとね。見世物になるつもりはないし、当然、ボクシング界にとって失礼にあたるような振る舞いは絶対にしない。見ていてくれ、俺は真剣なんだ」。  現役を引退してからずっとファーディナンドは戦いに飢えていたのかもしれない。それはサッカーでなく、ボクシングという世界で自分を表現したかった。実にタフな男らしい理由だと思った。

 まずはイギリスのライセンスを取得するところから始まるが、当然ながら厳しいボクシングのトレーニングが待っていることは言うまでもない。どれくらいのスパンでライセンスを取得して試合に臨むのかまでは不明だが、リッチー・ウッドホール氏がどのように鍛えてくるかも含めて注目したいところである。

■金持ちの道楽ととらえるか? それとも面白いエンタメとして捉えるか?

 さて、翻って見るとジョーブログでは挑戦する際にやたらと誹謗中傷の声が大きかったように思える。というよりも、多くの人たちがTwitterなどを使用してこのように思っていたのではないか。

「無理だ」、「ボクシングを舐めている」、「YouTuberとしてのネタとしか思っていない」と。だが、最終的に彼は真剣に競技へと取り組む姿勢を見せることでその言葉を見事に封殺してしまった。元々アスリートであるファーディナンドには、同じような意見は全く見られない。もちろん、ここまでサッカーで積み上げてきた経験値があるわけだから、その点ではジョーと異なるのは自然だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1378 WBAフェザー級スーパー王座戦 レオ・サンタ・クルスvsカール・フランプトン【人生マイペンライ】

「押し出し」と「突き出し」【Semiotics of Sports ~徒然なる一考察~】

昭和92年のスポーツ【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2389281

(12月17日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss