ボクシングをとっても楽しく見るブログ

強い相手との試合が決まらなかったことに対して、「逃げた」と安易に表現するの、やめませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私が世の中で嫌いなものはたくさんある。例えば、文字を入力するだけでフリーズするパソコンやヤクルトスワローズ、闘莉王にイブラヒモヴィッチ。そして、当日になって飲み会に誘ってくるイベンター。あれ絶対ただの人数合わせのためで後でたんまりと金を絞り取るパターンだろうといつも思っている。

 ここ1年ずっとお誘いを受けているのだが、連絡を返したことは1度もないのに、懲りずに連絡してきているので、これからも頑張って無視し続けようと考えている。ブロックすれば一発なのだが。あ、ちなみに皆さん10月16日のトークライブにはぜひ来ていただきたい。

 話を本題に戻そう。私が更に嫌いなのは、強い相手と戦わないからと言ってすぐに「逃げた」という表現を使いたがるボクシングファンが多いことである。いや、もちろん強い相手と戦う選手には確かに魅力がある。八重樫東は井岡やローマン・ゴンサレスと言った強豪に挑んでいく姿で感動させたのは事実だし、マニー・パッキャオもそうやって英雄となったのだから。

 特にその表現を使いたがるのは、ディープなボクシングファンであることが圧倒的に多い。無論、空想はファンの特権なのだから強いもの同士で対決することを夢見ることが悪いと論じているわけでは無い。印象だけで語るというのが好きじゃないのかもしれないが。

■ディープなファンであればあるほど知っているはずの「対戦交渉」

 ボクシングの世界戦はまず、チャンピオンが対戦する相手を選択できる権利がある。各団体によっては、指名挑戦者との対戦義務を負うことが多いが、たいていはチャンピオンが選択する権利を持っている。つまり、チャンピオン陣営は防衛しやすい相手を選んでその後、その相手との交渉によって成立した上で初めて試合ができる仕組みになっている。

 これがテニスとかになると、世界ランキングが明確になるのだが、ボクシングの世界ランクは割といい加減なことも多い。1位だからと言って本当にそれ相応の実力があるかを正確に測ることができない(どこかのブログで1位だから強いと書いていた人も居たが)のである。各団体の総会でランキングを上げてほしいというプロモーターの要望(当然発言力ある人だったり交渉能力の高さが重要となる)や、指名試合についての議論などが行われることとなっており、どのような形でランキングが上下するのかも明確でないことが多いのだ。

 かつてWBA世界スーパーフライ級に挑戦した清水智信はウーゴ・カサレス戦を前にして、WBAランキングに入っていないことが判明した経緯がある。もちろんそのままでは世界戦ができないので、試合直前でWBA7位に入ったという経緯もあった。それだけいい加減なのだ。

 さて、対戦義務が生じる指名試合だからと言って選手たちが受ける必要もない、というのをご存知だろうか。対戦相手やチャンピオン陣営が「No」と言えば交渉は決裂する。特に交渉決裂したことによって、指名試合が回避されたケースもある。つまり、試合直前までは完全にビジネスの世界なのだ。それを知らないディープなファンはいないはずなのだが。

■競技に集中してほしいという気持ちも分からないでもない

 それがボクシングの醍醐味かと言われれば当然疑問は生じるが、複雑な事情が絡み合って結局実現できなかったというケースもある。もちろんそこには純粋に「強いから」という理由もあるだろうが、その理由が明確になっていないのに「逃げた」と発言するのはいささか違和感を覚える。

 例えば、ナジーム・ハメドはWBOの指名挑戦者であったファン・マヌエル・マルケスから22か月間もの間指名試合をせずにマルケスから逃げ回っていたわけだが、これにはマルケスが対戦交渉ができなかったという事情もあった。アイク・クォーティはオスカー・デ・ラ・ホーヤと対決することを優先するあまり、WBA世界ウェルター級王座を追われた。WBA王座に挑戦する選手たちから「逃げていた」ことになる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「強い相手との試合が決まらなかったことに対して、「逃げた」と安易に表現するの、やめませんか」へのコメント

プロモーターの力が強くなったからなのでしょうかね。事情は様々あるかと思いますが、ファンを無視するのはプロスポーツとしてはいただけませんよね。

強い相手との試合が決まらなかったことに対して、「逃げた」と安易に表現するの、やめませんか

>交渉が上手く行っていないというのもあるかもしれないが、リナレスへもガルシアへも「逃げた」という風潮が見えない。本当はファンだってわかっているのではないだろうか。試合実現のためには交渉が必要である、ということを

ホルヘのWBAC統一という目標が前提とはいえ
・なぜWBCに復帰せずにWBAにいってしまったのか
・それならそれで 1年も経過しながら なぜ今だWBCに復帰できないのか
・戴冠後 2試合目すらもL級初防戦を明確にしてないマイキーに なぜ剥奪の警告がなされないか
全ては ファン無視と言う以外ないと思います   それにしてもホントWBACは剥奪しなくなりましたね   Bジャックやピーターソン兄は素直に返上に応じた方」と思います   リゴはグズグズしてますね

こんな記事も読みたい

比嘉大吾「思わず話したくなる男」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

観戦記1377 Krush.78 65kg級王座戦 中澤純vs左右田泰臣【人生マイペンライ】

全日本力士選手権開催。稀勢の里の連覇以上に鶴竜の危機感のなさが気になった。【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:911
  • 累計のページビュー:2308405

(10月21日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss