ボクシングをとっても楽しく見るブログ

比嘉大吾「思わず話したくなる男」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 村田諒太のリベンジマッチに隠れて、実はこの世界戦で密かに楽しみにしている選手が一人、いる。階級はフライ級で、ミドル級とは打って変わって非常にスピード感ある試合展開となりそうな印象がある。

 戦績は13戦全勝全KO勝利。フライ級としてはそのKO率と破壊力は他のボクサーと比較しても相当なものだろう。名前は比嘉大吾。実は先日も村田諒太の試合前に前座として登場した男だった。

 計量オーバーしたエルナンデスをフルパワーで倒したその試合は、非常に鮮烈に映った。洗練されていないが、とことんとんがったボクシング。WBCのエメラルドグリーンに輝くベルトを巻き、今度は王者としてその破壊力満点なパンチを振るう。

 現在、WBAで世界王者となっている井岡一翔との統一戦も期待されている中で、荒削りながらも魅力あるボクシングで今後更に期待されるボクサーと言える。同年代には井上尚弥や山中竜也、田中恒成と世界王者がずらりと居る黄金世代の中でも、その才能はとてつもなく輝いて観える。

■「カミソリ・パンチ」が海老原ならば、比嘉のパンチは「バズーカ」だろう。

 荒削りなそのファイトスタイルは、見ているものをワクワクさせる魅力にあふれている。左右のパンチが大変強力で、たった一撃でも相手にダメージを与えることができるそのパワフルさは歴代のフライ級の中でも屈指の能力を持つ。内藤大助がKO率60%でもフライ級で屈指のハードパンチャーと呼ばれるほどだから、相当である。

 ポケモンのエビワラーのモデルになったと言われている、海老原博幸さんはフライ級でも鋭い左ストレートを武器とする選手として知られていた。そのストレートは「カミソリ・パンチ」とまで称された。

 比嘉のパンチはそんなスマートさはない。だが、鋭さはないが相手をパワーでねじ伏せることができるだけのパワーがある。圧巻の破壊力を持つそのパンチは、表現するならば「バズーカ」とも言えるだろう。

 内藤大助や八重樫東と言った人気王者のトレーナーを務めたことでも知られる野木丈司氏の本格的な門下生である比嘉は、野木氏の下でその好戦的で破壊力抜群なボクシングの才能を育て上げてきたのだ。

■飲み屋でボクシングを分かりやすく説明できる選手が、比嘉だ。

 最近はボクシングをあまり知らない人が多い。かつては鬼塚勝也や辰吉丈一郎と言った日本人であれば名前は聴いたことがあるという選手が多くいたのだが、亀田三兄弟の後に出てきたボクサーで名前を知っているのは、長谷川穂積や山中慎介、後は井上尚弥くらいではないだろうか。

 井上でさえ知らないという人が多いのが実情である。世界タイトルマッチが多く乱発されている、というのもあるし純粋にボクサーがメディアに出てきづらい状況が生まれているのもまた事実だ。ボクシングはある種「スポーツ化」しすぎてしまった部分がある。フロイド・メイウェザー・ジュニアやギレルモ・リゴンドウなど、アスリートの才能とテクニックを極めるスポーツに昇華されつつあるからだ。

 だが、ボクシングを嫌いになった人が増えたわけでは無いと思う。関心があれば、誰だって見たいはずなのだ。ところがその入口があまりにも狭いのである。無理もない。スポーツ化しすぎたことによって分かりづらくなってしまったからなのだ。誰の試合が面白いのか、誰ならば観たいと思うだろうか。

 そのような中で、久々に「観たい」と感じさせてくれる王者が比嘉だったのだ。例えば、飲み屋でボクシングのことを話している際に、その良さを明確にそしてはっきりと説明できる男なのである。荒削りだが面白い。訴えかけるものが段違いなのだから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
比嘉大吾
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1377 Krush.78 65kg級王座戦 中澤純vs左右田泰臣【人生マイペンライ】

全日本力士選手権開催。稀勢の里の連覇以上に鶴竜の危機感のなさが気になった。【独断と偏見の相撲ランキング】

ヨネスケ氏の発言 ~視点を少し変えて~【Semiotics of Sports ~徒然なる一考察~】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:911
  • 累計のページビュー:2308405

(10月21日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss