ボクシングをとっても楽しく見るブログ

清水聡と村田諒太、今も変わらないライバル関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、いよいよ10月21日に迫った村田対エンダムの再戦。前回はいささか野心を欠いた戦いとなったわけだが、今回の村田は野心とパワーでエンダムを押し込むことができるかが注目される。

 前回の結果からも分かることだが、エンダムをきっちりと片付けない限りはソーンダースやゴロフキンと夢物語を語ることはできない。ベルトを持っていないことには12ラウンドのボクシングでは何にもならない。

 オリンピックのメダリストといえどもそれは同じ。もちろん、過酷さや明確な判定基準がある以上厳しいことは事実ではあるが。そのプライドを示した物としてこんな話がある。

 かつてオリンピックに出場した経験のある世界王者が、「オリンピアンとして頑張ってほしい」というニュアンスのエールを送ったら、「メダルも取れない癖に世界王者になれるなんて楽だよね」という皮肉で返したのだそうだ。その世界王者も試合内容は決して褒められたものでは無かったのだが。とかく、プライドの高い男と感じた。

 そのプライドの高い男とは清水聡の話である。

■44年ぶりのメダルを村田と持ち帰る

 ボクシングという競技において、メダリストというのは相当な価値を持つ。それもオリンピックでだ。メキシコシティオリンピック以来のメダルということでそれだけでも日本人にとっては価値あるものである。

 加えて、オリンピックのメダリストと呼ばれる選手たちの中には、決まってプロの世界でも活躍ができるだけの下地がある。ユリオルキス・ガンボア、ギレルモ・リゴンドウ、フロイド・メイウェザー・ジュニア、アンドレ・ウォード。最近だとワシル・ロマチェンコやゴロフキンもオリンピックでメダリストとなっている。

 清水や村田はいわゆる「アマチュア」と呼ばれていたボクシング競技において、ナショナルトレセンなどでトレーニングをし合うなど当時から仲が良かったという。ロンドンの地でもお互いを励まし合うなど、親交は深かったようだ。

 その後村田はプロへと転向し、清水はAIBAの道を進むこととなったために自衛隊体育学校を退官したわけだが、このボクシングという競技において何処まで行くことができるのかを追い求め続ける姿勢に代わりはなかったのだろう。清水はリオデジャネイロオリンピックへの道が閉ざされたことで、12ラウンドのボクシング転向を決意。そして昨日OPBFフェザー級タイトルを獲得するに至ったのだった。

■「村田をちょっと追い越したかな」。冗談と村田へのエール

 試合後のインタビューで清水はこのように語っている。「村田をちょっと追い越したかな。あいつはベルトを持っていないので」と冗談を語った清水。ロンドンの時も「負けろよ」と冗談を言い合いながら、しかし結果を出した二人は当時から仲が良いのだろう。

 階級こそ違えど、二人はどうしてもこれからも比較をされてしまうかもしれない。だが、村田も清水もお互いに比較をされることを嫌がってはいないようだ。むしろ、双方を刺激し合う事によって高め合っているような。

 だからこそ、清水はリング上でこのように述べたのだろう。「20日間だけですけどね。これで村田も勝つでしょう」と。必ずエンダムからベルトを獲得してくると信じているのかもしれない。

 ミドル級も簡単ではないが、フェザー級以上も決して簡単な階級ではない(ボクシングにおいて簡単な階級など一つもないわけだが)。そのような時にはやはりライバルが居てくれることが何よりもありがたいのかもしれない。村田と清水は、そうすると今でも変わらないライバルのような関係なのかもしれない。それはオリンピックという舞台でメダルを獲得したから見えているものなのだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
清水聡
村田諒太
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1376 3階級制覇に向けて! マイキー・ガルシアvsエリオ・ロハス【人生マイペンライ】

現役最強力士は誰だろうか?心技体の3項目を数値化して判定する【独断と偏見の相撲ランキング】

新日本パンフ 97・1・4橋本対長州、99・1・4健介対大仁田、橋本対小川、98・9・23永田対ノートン、00・1・4天龍対健介、日本武道館名勝負100、90年新日本対全日本、週プロ猪木引退試合【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:878
  • 累計のページビュー:2389281

(12月16日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss