ボクシングをとっても楽しく見るブログ

山中慎介はこれからどうなるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月15日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介は敗れた。しかし、これに対して勝者であるルイス・ネリーから禁止薬物が検出された上に、B検体からも同じ禁止薬物成分が検出された。

 簡単に言えば、ネリーは山中との試合でドーピングをしていたという、動かぬ証拠を突き付けられたこととなる。汚染肉から摂取したという主張も分からないではないが、実際のところ摂取できる量は相当食べなければ検出される量ではないということだそうだ。

 個人的な話をすれば、せっかくこれだけの良い試合を見たにもかかわらず、このような終わり方になってしまったことが残念でならない。荒削りではあるが闘争心ある左ファイターだっただけに、将来楽しみにしていたのだが。

 これによってリングマガジンからは王座差し戻しが発表され、山中はリングマガジンバンタム級王者として再び君臨することとなった。一方で、WBCからは何の発表もなく、山中の王座はこれからどうなるのか不透明なままである。

■かつてのWBC王者が防衛を重ねられるのか?

 さて、もしWBCから王座を差し戻されたとして。山中は果たして今後防衛することはできるのだろうか。私は正直厳しいものがあると思う。それは、山中の弱点が明らかになりすぎたからだ。

 山中の特徴は何と言っても左ストレートである。強烈なパワーを秘めている。一方で、非常に倒す距離が近くなってしまう分だけどうしても被弾する確率は高まる。クリスティアン・エスキベル戦では攻勢に出たところでダウンを喫しているし、リボリオ・ソリスやアンセルモ・モレノも同じような形で攻略法を示した。

 加えて、左ストレートを封じられてしまうとどうしても攻撃に不利な形が出てしまうのが実情としてある。直線的になってしまう攻撃に対して、スピードのある選手やステップワークの良い選手には分が悪いのだ。

 そして、35歳という年齢から来る衰え。ディフェンステクニックやステップワークを改善するには少し時間が遅れてしまっている。ビック・ダルチニャン戦ではいくら衰えたダルチニャンとはいえ、強打を抑え込んだのだから。ただし、そうなると自慢の左さえ封じ込めてしまうリスクを負わなければならなかったかもしれない。

 勝負の世界はとても厳しいのである。

■山中のモチベーションは大丈夫なのか?

 続けて心配となるのが、山中のモチベーションである。ネリーに敗れ、ベルトを奪われたことで一度気持ちは切れてしまっているはずだ。再挑戦となるとフィジカルもメンタルも再び呼び起こすのは厳しいものがある。

 何度も申し上げるが、山中は10月で35歳になる。ベテランボクサーがたった数ヶ月という短い期間で再起を果たそうと思うのは厳しいだろうし、WBC王座に仮に復帰したとしてすぐに始まる王座の防衛戦へと向けてメンタルもフィジカルコンディションも最高潮まで持って行くことは難しいだろう。

 私は山中が現役続行でも引退でもどちらでも構わないと考えている。即座な決断は難しいだろうし、その決定をすぐにさせることは危険だろう。かといってビジネス上で冷徹に判断した上で、本田会長が方針を決定させるのもやはりもっと危険だと思う。

 山中の判断を待つしかないというのが実情だろう。

■有耶無耶になったまま進みかねないのもボクシングの危険なところだ

 ファン・マヌエル・マルケス対マニー・パッキャオの第4戦は、マルケスがドーピングをしたという噂が流れ、ちょっとした騒動になったことは記憶に新しい。フロイド・メイウェザー・ジュニアやユリオルキス・ガンボアも同じようにドーピング騒ぎがあった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
山中慎介
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

充実していた9月のボクシング世界戦中継【スポーツ えっせい】

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜⑦【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1375 Krush.78 63kg級王座戦 佐々木大蔵vs谷山俊樹【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2307495

(10月21日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss