ボクシングをとっても楽しく見るブログ

井上尚弥のアメリカデビュー戦と未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、見事な形でニエベスを相手に圧勝したものだと感心する。この試合をもって、井上尚弥のアメリカデビュー戦は見事に成功を収めたといっても良いだろう。

 途中で見せたニエベスへの挑発を含め、井上らしさを随所に見せてくれたのではないだろうか。

 常々言っているが、井上には何かしらの大きな負荷を常にかけ続けさせてあげたほうが、今の彼のためになる。

 メディアからの不要なプレッシャーは置いておいても、強い相手と戦うという環境へと放り込んであげれば、井上であれば活躍をするのは割と普通のことのように思える。

 さて、最高の形でデビュー戦を終えたわけだが、井上にとって何よりも素晴らしいチャンスが転がり込んできているようだ。

 ローマン・ゴンサレスという最強選手があのような形で敗れたことによってだ。

 何をトチ狂ったことをと思うだろうが、私はロマゴンに敢えてこだわる必要性は一切ないと思う。

 むしろ、その時に強い選手と戦い勝利する。それが井上尚弥というボクサーであり、彼のやるべきことであるならば。ロマゴンにこだわる理由は一つもないからだ。

■シーサケットでも、クアドラスでも。強い相手と勝利して名をあげるなら今だ。

 同じ日に行われた興行では、ロマゴンがシーサケット・ソー・ルンビサイに敗戦し、カルロス・クアドラスがファン・フランシスコ・エストラーダに敗れるというアップセットがあった。

 クアドラスもロマゴンもエストラーダも。そしてシーサケットも。

 彼らはボクシング界に君臨するトップ・オブ・トップの選手たちである。

 恐らくロマゴンは試合が試合だっただけに休養を余儀なくされるだろうし、シーサケットはエストラーダとの試合を優先するだろう。

 そうなった時に対戦する可能性として高いのはクアドラス。

 ロマゴンとエストラーダに敗れており、ここ最近は勢いが衰えてきているのかもしれない。

 しかし、3年前には佐藤洋太からベルトを奪ったシーサケットから勝利を収めているし、2階級制覇者であるコンセプシオンにも勝利しており決して弱いわけではない。

 今敢えて、ロマゴンにこだわり試合枯れの選択を行うか、減量苦でのバンタム級に転向する話は1年待っても遅くはないと思う。もちろん反対はしない。

 ロマゴンはフライ級に戻るか、引退するという話も出ている。シーサケットとエストラーダの指名試合も1年後には方がついているはずだ。

 あえてそれを待ってスーパーフライ級での統一戦も見てみたい気がするのだ。決して悪い選択ではないと思う。もちろん、井上の体が大きくなって減量することが難しいのは承知の上でだ。

■井上尚弥は「強い相手としかやらない」という契約を結んだはずでは?

 井上尚弥が大橋ジムと交わした契約書にはこのように書かれてあるという。「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」と。彼の実力は突出しており、本当の意味で彼と釣り合うのはロマゴン以外にいなかったのかもしれない。

 もし仮に来年からバンタム級へと階級を上げるとしても。

 WBAスーパー王者のザナト・ザキヤノフや今度IBFのスーパーフライ級に挑戦することになったルーシー・ウォーレンなど、強い選手は多くいる。

 ドーピング疑惑で騒がれているルイス・ネリもその候補には入ってくるだろう(日本では確実にやれないとは思うが)。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ボクシング
井上尚弥

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「井上尚弥のアメリカデビュー戦と未来」へのコメント

良いですね!
面白くなってきましたよ。

井上尚弥のアメリカデビュー戦と未来

井上本人は試合後、統一戦の希望を会長に伝えるとのことだったので
クアドラスよりIBF王者のアンカハスがターゲットだと思います

こんな記事も読みたい

たぶん幕内力士最速採点 秋場所10日目【独断と偏見の相撲ランキング】

千代大龍の引きにケチを付けられる「喜び」。【幕下相撲の知られざる世界】

男の打ち合い結果はドロー! アルバレスに謝罪し、ゴロフキンに敬意を表します【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2307495

(10月21日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss