ボクシングをとっても楽しく見るブログ

浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 呆れたというのが率直な感想だろうか。すでに河童戦術さんが記事を記載しているように日本のサッカーの発展を妨げてきたのは紛れもなく日本のメディアであることは事実だということである。例えば少なくても日刊スポーツのハリルホジッチ日本代表監督に対する批判はいくらスポーツ新聞とは言えどもただの粗探しと同等のそれでしかない。

 杉山茂樹氏にも同じことが言えるだろう。「サッカー番長」と謳いながら未だに日本のサッカーメディアに鎮座しているが、その内容はあまりにもお寒い内容しか記載していない。私はスポーツナビで杉山氏の文章を見た瞬間にすぐにブラウザバックをするくらい読む価値が無いと思っている。

 そして今回は河童戦術さんのブログも記載されているように、サッカーライターの間では有名な浅田真樹氏はこのような文章を書くことで意図的にルーカス・ポドルスキを貶め批判しているのが見て取れる。最も彼がこのようなやり方で人を批判するのは今に始まったことでは無い。

 杉山氏も浅田氏も。自分が正しいと思ったことしか記事にしないし文にしない。こういうのはライターでは無いし、客観的事実も見れないまま自分の考えをただ押し付けるのは用いた暴力と同等である。

■まず、ポドルスキとこの記事は一切関係が無い。

 札幌に移籍してきたチャナティップはポドルスキとはまるで違う選手である。そもそもポドルスキと比較してなおかつ貶めるロジックを一切読者は共感しない。少なくとも私は共感どころか嫌悪すら覚える。

 私はチャナティップのプレーを間近で見たことがないから分からないが、それならばそのことだけを書き、そして選手たちの評価を得れば良い話であって、そこにポドルスキを意図的に絡める必要は無いだろう。もちろんタイ代表というアジアの中ではまだまだ強豪国とは言い難い国からやって来た選手ではあるし、ドイツ代表のポドルスキと比べてみるというのはあるがそれでも繋げ方としてはあまりにも強引すぎる。

 少なくともポドルスキに対しての敬意は一切ない。何年か前に亀田に対して浴びせていた罵声と何一つとして変わりはないとすら感じるほどである。有名な選手などと比較することで持ち上げたり落としたりというロジックは簡単だが、それを安易に使うことでアクセス数を稼ごうという魂胆は最低だ。

 むしろサッカーに対して浅田氏は愛があるのかと感じるほどである。私が書いていることは感情論かも知れないし、立場も知名度も圧倒的に彼らのほうが優れているだろう。だが、あえて言わせていただこう。浅田氏には愛がない。そんな彼にサッカーの記事を各資格など最初からない。

■手のひらを返す、人間性を批判してまで謝らない人がなんで現場で立てるんですか?

 この二人は7年前から対してスタンスを変えていない。浅田氏は岡田武史氏が代表監督時代に親善試合で韓国に敗戦後に「今すぐにでも岡田監督を解任するべき」と大騒ぎした記事を浅田氏は記載していた。ところが、デンマーク戦に勝利した後にはその考えすらぶれ始めて絶賛を始めてしまったのだからもうこの時点で考えのない人なので読む価値すらないと実感させられてしまったのを昨日のことのように覚えている。7年前に別の方がこのように言及している。

 杉山サンもそうである(彼は批判する相手に対して「サン」とつけるので、私もぜひ付けて書きたいと思う)。彼がどのように述べたかはリンク先を参照にしていただきたいのだが、3戦全敗という予想が外れたらお詫びのコラムを書くと明言しておきながら明確なお詫びが未だ見られない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
サッカー
タグ:
ライターとしての資格なし
杉山茂樹
浅田真樹

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか」へのコメント

まあ、お気持ちは分かるんですがね。それにしても居ねえなあって思うんですよね。

もしかして、もう読んでいる人居ないのかな?

浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか

コメントにコメントするのは良くないと思いつつ

> 少なくとも、私のようなブログエントリーがもっと居て批判される方がスポナビ+にいらっしゃらないのかと思うと些か残念ですね。

割と昔からスポナビに居座ってますけど、それなりに批判してる人はいましたよ。
で、もう今は「またかw」ってわざわざエントリーする気力が沸かないってのが現実じゃないかと。

「浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか」へのコメント

知らないことが幸せな事もありますよとお断りした上で。

少なくとも、私のようなブログエントリーがもっと居て批判される方がスポナビ+にいらっしゃらないのかと思うと些か残念ですね。

私は中身や信念があれば感情論でも構わないと感じているのですが、杉山サンや浅田サンが信念も中身も感じさせてくれないというのが悲しいですね。それがスポーツライターなのかなと思うと尚更です。

「浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか」へのコメント

実は結城くんとは2回ほどお酒を飲んだことがありまして、その際に「ぼくは君にはサッカーの分野で勝てない」と言った思い出があるんですよ。

五百蔵さんもとても面白い文を書かれるので、ボクシングと比較してもサッカー界は人材豊富だなと感じますね。

こんな記事も読みたい

スーパーフライ級史上最強は誰だ?②〜ギャラクシーかダルチニアンか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

スーパーフライ級史上最強は誰だ?①〜ギャラクシーかダルチニアンか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2368777

(11月23日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss