ボクシングをとっても楽しく見るブログ

最近のボクシングあれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■井上尚弥の海外挑戦

 さて、いよいよ井上尚弥が海外へと挑戦する時がやってきた。目標としているローマン・ゴンサレスとの対戦が今のところ実現できていない状況にある中では、ベストな選択をしたと言えるだろう。

 ここ1年の井上はこちらから見ても心配することがとても多かったのだ。ボクシングが崩れていて、メンタル的にもボクシングを舐めているのではないかと。元々丁寧で端正なボクシングができる選手であるので、このタイミングでの海外挑戦は間違いなく井上にとっても有効だろう。

「150年に1人の逸材」と呼ばれた大橋秀行氏の大橋ボクシングジムは時に無謀な冒険をしがちだ。だが、八重樫東と井岡一翔の統一戦以降で、ジムの会長としてだけでなくプロモーターとしても何かを掴んだのだろう。井上にとってこれほど運の良いことは無かったと言える。

 ニエベスに対してどこまでやれるのかは私にも分からない。万全を期して臨むとのことだが、コンディションの調整など些細なところからボクシングは崩れていくもの。これからどうなっていくのかには注目したいところだ。

■久保隼の敗戦でスーパーバンタム級戦線が熱い!

 さて、今回の話題はスーパーバンタム級である。ロマチェンコ対リゴンドウの試合が決まった以上、おそらくはリゴンドウが階級を上げることは必至(もしかするとスーパーバンタムに戻る可能性もあるが)。そうなると混とんとしてくるのはこの階級だろう。もちろん熱いと推すからにはれっきとした理由がある。この階級には世界タイトルを狙う強豪がゴロゴロとしているからだ。

 特にWBAの正規王者だった久保隼が敗戦し、ダニエル・ローマンにタイトルを奪われた格好となった訳だが、さらにこの階級は競争が激しくなりそうである。IBF王者の小國以載、13日にその王座を狙う岩佐亮佑。リーゼントボクサーの名で知られる和氣慎吾、他にもウィルフレド・バスケス・ジュニアに勝利した経験を持つ石本康隆、バンタム級にはなるが赤穂亮や大森将平と言ったスラッガーも隙あらば狙ってくるだろう。何よりもスーパーバンタムには亀田和毅も居るのだ。

 久保の今後次第にはなるが、フェザー級への転向も示唆しているという。もちろんそれは致し方ないことだが、いささか残念に思うのはまだまだやり残したことがこの階級であるのではないかなと感じるからなのだ。

 ちなみにだが、9月13日は私も大阪で試合を観に行く予定である。気が向いたらその時のレポートを挙げさせていただくのでよろしくです。

■メイウェザーとマクレガーの試合はお互いの価値を下げなかった

 これは後日細かく書いていこうとは思うのだが、メイウェザーとマクレガーの試合を見て思ったのは、互いの価値を下げない好勝負だったということである。世紀の大サーカスとか茶番とか色々と言われていたが、マクレガーの勇気とメイウェザーの技術を互いに汚しあうことのない非常に良い試合だったと思う。

 もちろん、ボクシングルールではメイウェザーが勝つに決まっているのだが(これがサーカスなどと罵られた理由の一つだろう)、そのあらかじめ決められた勝利という点と所詮は金だけという批判があったことは決して否定はしない。

 しかし、そもそもボクシングに詳しい人から言えば、ある程度試合前から予想はできてなおかつどう勝つかまで予測を付けられる人が多い。それを考えれば何もこの組み合わせはたまたまMMAの選手であったというだけで決して見下す理由も無かったように思える。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

稀勢の里の居ない9月場所に、安堵と喜びを覚える。【幕下相撲の知られざる世界】

MVPの行方'2017【プロレスファンタジスタン】

老兵の去り際【Simon's Bar】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2370118

(11月25日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss