ボクシングをとっても楽しく見るブログ

ロマチェンコとリゴンドウ。ミスマッチに見えて楽しみな一戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最高峰の技術戦が見られるかもしれない。

 ギレルモ・リゴンドウとワシル・ロマチェンコの対戦交渉が今、行われているのだという。ロマチェンコをプロモートするトップランクがリゴンドウとの対戦交渉を行っているということに、大変な驚きがあった。かつて、リゴンドウはボブ・アラムのトップランクに所属はしていたが、アラムの敬意のなさに耐えかねて契約満了と共に離脱している。

 そして、それ以上にこの戦いが決まるということのワクワク感があるのだ。もちろんそれは、オリンピック金メダルリストであるということ。そして、そのスキルを越えるボクサーは(スキルといっても一概には言えないということを前提として申し上げるが)、アンドレ・ウォードしか存在し得ないだろう。

 恐らくゴロフキン-カネロをボクシングのスターを決める一戦だとしたら、ロマチェンコ-リゴンドウは最高峰の「技術者」を決める一戦になるであろうということだ。常々申し上げているが、リゴンドウのボクシングはとても美しい。そして、ロマチェンコのボクシングは他を寄せ付けない。スキルとパワー。どれも圧倒的だ。そんな対戦が実現したら。とても魅力的だと思う。

■個人的予想は「ロマチェンコの圧勝」。その3つの理由

 恐らくだが……。実現しさえすればこの試合はロマチェンコが勝利することと思う。理由はリゴンドウには致命的な弱点があるからなのだ。

 まず、リゴンドウはとても打たれ弱い。天笠尚選手との世界戦を覚えていらっしゃる方もいることだろう。序盤に2度のダウンを喫したリゴンドウはキャリアの中でもダウンする経験が比較的多いボクサーである。ノニト・ドナイレ戦でも10ラウンドにダウンを喫しているのは記憶に新しいし、リカルド・コルドバに挑戦した暫定王者決定戦でもダウンを喫していた。スーパーバンタム級ではそれでも圧倒的なスキルとスピードで勝利してきたが、2階級上げる事によってそのダメージを回復出来るだけの余裕があるかは疑問だ。

 次に、9月30日で37歳となる年齢だ。一般的にプロボクシングは長く続けられる競技ではない。山中慎介の試合を見ていればわかるとは思うのだが、キャリアを通して戦う中でやはり反射神経や動体視力は落ちていくものである。ウィラポンが絶対王者から陥落したのも36歳だったし、西岡利晃もドナイレの動きに全く対応できないまま敗れた。そのドナイレだって、衰えるのだから。

 そして経験の無さだ。何よりも、リゴンドウはキャリアを通してスーパーバンタム級以上のウエイトで戦った経験が1試合しかない。それも2009年の話である。もちろんスーパーフェザー級での試合経験は皆無であり、ロマチェンコの圧力に対してリゴンドウが屈してしまうという光景も目に浮かぶ。

 以上のように、リゴンドウにとって不利な点が多くあることは言うまでもない。ミスマッチにも思える程だ。しかし、100%ロマチェンコが勝てるのかと言われるとそうも言い切れない。

■リゴンドウはプロボクシングの達人である。

 リゴンドウの表情はいつも変わらない。一度亡命に失敗し、人生に絶望して塞ぎ込んでいた経験からなのか、それとも家族と離れ離れになったことがトラウマとして残っているからなのか。その無表情ながらもボクシングを全て知り尽くしたような戦いぶりは、まさに武道の達人を見ているかのようである。その目に見えているのは「勝利すること」のみ。いつでも冷静に表情を変えることなく、ボクシングに徹しているのだ。

 そうやってノニト・ドナイレに勝利した。ボブ・アラムの冗談にしてはまるで面白くないジョークと、ドナイレの言い訳じみたコメントさえも、リゴンドウの美しさの前ではまるで役に立たない。表情を変えることなく、ガードを上げて鋭いジャブとストレートだけで勝ち上がってきた。「究極の理」を持ったサイボーグのような男である。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
リゴンドウ
ロマチェンコ
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ロマチェンコとリゴンドウ。ミスマッチに見えて楽しみな一戦。」へのコメント

この試合は究極の技術戦である。願わくばリゴンドウがもう少し若く
ロマチェンコがフェザー級時代に実現して欲しかったが……,
メイウェザーのように防御に専念してたまにパンチの交換があるような退屈な試合とは全く違う、お互いのパンチが交差する距離でのスピードとスキルの争いの試合なんて滅多に見られるものではない。若さと体力差でロマチェンコかもしれないが、一般人には、全くわからない(上には上の技術)でリゴンドウが勝つ可能性も十分にあると思う。

こんな記事も読みたい

Everything is Evil【Simon's Bar】

観戦記1359 WBAウェルター級王座戦 キース・サーマンvsショーン・ポーター【人生マイペンライ】

The Circus of The Century〜世紀の大サーカス〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2368777

(11月23日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss