ボクシングをとっても楽しく見るブログ

シェーン・モズリーとオスカー・デ・ラ・ホーヤ「才能に苦しんだ男たち」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつて世界中のボクシングファンを沸かせた名王者が、グローブを壁に吊るすことを決意したようだ。シェーン・モズリー。シュガーの愛称で知られたスピードスターは、幼少期からその才能を存分に発揮していた。彼が12歳の時、当時11歳だったオスカー・デ・ラ・ホーヤを倒し、そして二人は終生のライバルとして語り継がれることとなる。

 後の活躍は言うまでもないことだろう。モズリーはIBF世界ライト級王座を獲得したのを皮切りに、WBAとWBCの世界ウェルター級王座、WBAとWBCの世界スーパーウェルター級王座を獲得し、世界タイトル3階級制覇王者となる。デ・ラ・ホーヤの活躍は言うまでも無いだろう。バルセロナ五輪金メダル、その活躍を皮切りにスーパーフェザー級からミドル級までの6階級を制覇した初のボクサーとなった。

 そんなモズリーとデ・ラ・ホーヤ。終生のライバルであった2人は後にプロの舞台でも2度、拳を交えることとなる。いずれもモズリーの勝利に終わった訳だが、常に強き者を求め戦う宿命にあったゴールデンボーイにとってライバルであるシュガーから逃れるという選択肢はなかったのだろう。

 そして、ゴールデンボーイもシュガーも。互いに強者を追い求めて戦うボクサー人生となった。ゴールデンボーイはアイク・クォーティ、フリオ・セサール・チャベス、フェニックス・トリニダード。世界的なビッグネームと戦い続け、勝利して時には敗れた。一方で、シュガーもバーノン・フォレスト、ロナルド・ライト、ミゲール・コット。シュガーも挑み続けたが、デ・ラ・ホーヤと比較するといささか日陰に隠れているような気がしてならなかった。

■リングネームと比較すると物足りない印象も…。

 モズリーはかつてアメリカで伝説的な強さを誇った、シュガー・レイ・レナードの後継者と呼ばれ、そこから付けられた愛称はシュガー。回転力が優れた連打とスピード、それを存分に活かした圧巻の強さ。だが、強すぎるあまりライト級時代は対戦相手に恵まれなかった。

 デ・ラ・ホーヤに勝利した後も「天敵」と呼ばれたバーノン・フォレストに敗戦、リマッチでも勝つことができずにノータイトルとなる。その才能を高く評価されながらも、後にロナルド・ライトに2度敗れ、ビッグネームと対戦するも勝利を収めることができなかった。

 ステロイドのスキャンダルなどもあり、評価を下げたこともモズリーにとっては居たかったのかもしれない。リカルド・マヨルガとアントニオ・マルガリートに勝利後も、フロイド・メイウェザー・ジュニアをあと一歩のところまで追い詰めるも敗戦、マニー・パッキャオ戦では反撃に出ない姿を非難されて「限界説」まで飛び交った。

 プライベートのスキャンダルや、ドーピングスキャンダル。2012年に引退を表明してから2度現役復帰をしているが、今回で本当に最後になると私も思っている。1972年生まれのモズリーはもう今年で45歳になる。なおかつ、負ける。シュガーというリングネームで彼が証明できることはもう殆ど無いだろうから。

■才能を持つものが味わう苦しみ。

 プライベートで苦しんでいたのはゴールデンボーイも同じだった。後に歌手としてグラミー賞を獲得。個人プロモーション会社である、ゴールデンボーイ・プロモーションズはボクシング界においてトップ・ランクやドン・キングに負けないほどのプロモーション会社へと成り上がった。順風満帆に見えたエリートは、その影で自身の衰えに敗戦することの恐怖にいつも怯えていた。

 コカイン中毒にアルコール依存。そして女装疑惑。その影は現役引退後も彼を今でも苦しみ続けさせている。今年の1月にも飲酒運転で逮捕され、彼が幼い頃から積み上げてきた光と裏腹に彼は闇を濃くしていた。もちろん、それを擁護してしまうことはナンセンスであることは承知している。どんなことがあってもドラッグやアルコール依存を許容することは許されない。厳しいことを言えばそれが言い訳になるからだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
オスカー・デ・ラ・ホーヤ
シェーン・モズリー
ボクシング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ【人生マイペンライ】

G1ランキング2017 【プロレスファンタジスタン】

週プロ、ゴング増刊 95年10月11日 新日本プロレス対UWFインター全面対抗戦 安生&垣原対長州&永田、93年3月23日 藤波&長州対天龍&石川、95年4月2日 夢の懸け橋【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:1100
  • 累計のページビュー:2199386

(09月26日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  7. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss