ボクシングをとっても楽しく見るブログ

本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 山中慎介の記事を書き終わった後に出てきた記事に、怒りを覚えた。帝拳ジム本田明彦会長の発言だ。大和心トレーナーがタオルを投げたその判断に対して、「一瞬、魔が差したんだと思う。普通であれば試合を止めていいか聞いてくるはず。頭が真っ白になったんだろう」と大和トレーナーを批判したのだ。記事を読むと陣営の判断では無く大和トレーナー独自の判断だったとある。  具志堅用高氏のストップが早いように思えたというのは第三者からの意見だからまだしも、ジムの会長が大和トレーナーの判断を腐すような発言をしてはいけないと思う。一番ミットを持ち、練習を共にしてきたパートナーが「これ以上の試合は難しい」と判断したことに対して、試合後に自分の思う判断をしなかったくらいで怒りを爆発させる姿は無様である。  私が以前話したかったのは、「本田会長は選手のことを駒としか思っていない」ということだ。自分の思ったシナリオ通りに動けば良く、選手たちの命などどうでも良いとさえ思っているのだろう。今日、この記事で本田会長は本性を現した。  だが、本田会長が本性を見せたのはこれが最初ではないのだ。5年前、本田会長は同じような発言をして尻尾を表していたのだ。

■粟生隆寛vsガマリエル・ディアス戦で見せた粟生への怒り  この試合を前後して、西岡利晃の当時日本では認められていなかったWBOタイトルマッチがアメリカで行われていた。そのすぐ後に、ガマリエル・ディアスとの防衛戦が組まれていた粟生。天才肌でムラがある粟生にとって、田中繊大トレーナーは欠かせないパートナーだった。しかし、西岡の試合のために渡米してしまう。  大切なパートナーである繊大トレーナーを欠いた粟生は、結局コンディションを取り戻すこともないまま、ディアスに0-3で敗戦を喫してしまう。選手にとって、トレーナーが大事であるということは言うまでもないことだ。白井義男にカーン博士、ガッツ石松にエディ・タウンゼント。長谷川穂積に山下正人、内藤大助に野木丈司。この組み合わせを理解できぬまま本田会長は繊大トレーナーと粟生を引き離す。  試合後に本田会長は怒り狂ったそうだが、どこからどう見てもトレーナーとの関係性を見ていなかった本田会長が引き起こした敗戦ではないだろうか。もちろん、粟生自身にも責任はあったのかもしれないが。  自分にとって不利益になったとき、人は保身に走る。それは人の本能だろう。だが、目に見えて上に居る立場の人間が「悪いのは選手」と言って逃げたのは最低だ。

■本田会長は選手に愛情などないのではないか?  粟生はその後、体重オーバーかつドーピングした状態で戦っていたレイムンド・ベルトランとの試合でも救済されることなく終わり、目立った活躍を見せていない(後にベルトラン戦はノーコンテストで終わっているが)。今回の判断も大和トレーナー一人のせいにしてまた逃げようとするのだろうか。 「展開は予想通り。2,3度倒れても結果KOで勝つという。コンディションは最高だった」と本田会長は言うが、それは戦法ではなくただの神風特攻隊の発想である。  実際、帝拳ジムはリング禍で選手を一名、亡くしている。辻昌建。彼の名前は山中のトランクスにも刺繍されている。その時にその選手を受け持っていたのは、大和トレーナーだった。大和トレーナーが下した判断は山中慎介というひとりの人間を家族の元へと返す、一つの立派な判断だった。  本人がまだやれると感じていても、試合の後に来るダメージは相当なものだ。試合終了直後はまだアドレナリンが出ているから良い。しかし、互いを殴り合うこのスポーツが、試合を終わっても健全な状態でいられる保障などない。その大和トレーナーの判断を腐すことが、果たして会長のやることだろうか? また部下や選手たちに責任を押し付けて保身に走ろうとするのか?  当時は亀田三兄弟というある意味で「仮想敵」がいたから良かったが、今回は誰も守ってはくれない。ただ、みっともない姿を世間に晒すだけである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ボクシング
山中慎介
大和心
現場への侮辱
本田明彦
帝拳ジム

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。

鈴木トレーナーというと帝拳に居たトレーナーさんだと思うのですが、一体何があったのでしょうか?

「本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。」へのコメント

非常に素晴らしい文章で納得尽くしですが鈴木啓正は最低最悪のトレーナー、人間としても下の下…だと思われます…

「本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。」へのコメント

おお、文章長いですね。

昔、選手が死ぬのが怖いならボクシングなんか見るんじゃねえとか言ってTwitterで絡んできたトレーナーを思い出しました。

そもそもあなたのコメントされている内容が飛躍しすぎです。

書いた内容についての反論はお受けしますが、文章の内容以外の事をコメントされてもお返事に困ります。

読んだ上でその飛躍した内容だったら余計困るわけですが。

恐らく、あなたが思われているボクシングの美学、価値観と私が持っている考えはまるで違うものと思います。リングで私は死人を見たくはないのでね。

別にそこに文句はないですし、ただ私は私の感覚と価値観を大事にしますよという話です。

そういうわけですので、これからもボクシングを堂々と見続けて参りますから、ご心配は結構ですよ。

本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。

そもそも主さんは何でボクシングや格闘技見るんですか?
主さんの考えるボクシングの魅力は何ですか?
普通は高度な技術を持ったスリリングなパンチの交換であっり、倒し倒されの逆転勝ちだったりだと思いますが、安全に倒し合いなんて出来るわけないやろ笑

強くなろうと思ったら練習の時から相手殺しに行く気持ちじゃないと絶対強くなれないんですよ。
試合でも全く恨みの無い人間と殺し合いするんですよ。
反則してもという意味ではなく、相手を殺す闘争本能が無ければ強くなれないんですよ。
だから普通の人間はボクシングなんかやらないんですよ。

ヤフコメ民やここもそうですけど、命がとか責任がとかいかにも大義名分でトレーナーをかばったりしてますが究極でいったら選手は死んでも悔いはないし遺書を書いてる選手も沢山います。
もちろん会長もトレーナーも安全にとは思ってますが、会長も浜田さんもトレーナーも皆命がけなんですよ。

そんな世界でジムや会長、選手やトレーナーを一般常識に当てはめようとしたり一般社会と同列に考えても意味あります?
お山の大将の会長がいて、弟子や舎弟のトレーナーがいて、極限の練習して相手を殺しに行く駒の選手がいて初めて成り立つ世界なんですよ。残念ですがボクシングや格闘技はそういうものなんです。
また見る人間もそういった部分に惹かれて格闘技観るんですよ。

一般企業なジムとか見た事あるんですか?大橋ジムの良いとこばかり見すぎ笑
みんな大橋ジムに右え習えするんですか?いろいろなジムがあったら駄目なんですか?
主さん、ボクシングとか見ないで安全な野球やサッカーでも見といたらどうなんですか?
主さんにボクシングジムの会長やジムを批判する資格はどこから来てるんですか?
見なきゃいいじゃないですか?

現状ボクシング関係者、名チャンピオン、素人~ド素人まで意見は分かれてます。
山中選手のダメージは無いに等しい。レフリーも止める気は無かった。
最近では間違いが無いようにトレーナーは棄権する時必ず浜田代表に確認するように徹底していた。
試合後は大和トレーナーが山中選手に謝罪した。
タイ記録が掛かりさらに山中がメジャーになるチャンスで一度もダウンして無い状況なら会長の意見は正しいと思います。
会長や浜田代表、具志堅さん、竹原さんみんな間違いなんでしょうか?

いくら大和トレーナーが山中を一番知ってるからといって早く止める権利はありません。
体を守ってやったとか究極の選択では大きなお世話です。
命がけで練習や試合をしてる選手、それも名チャンピオンは余力を残してストップほど一番考えられない負け方です。例え体が壊れても選手は出しきらないと納得出来ないし何の為にボクシングやってるのかわからなくなります。
続けてても負けていたとかいう意見も多いですが、試合やる者からしたら全く関係の無いタラレバの話です。

そういう事が何一つ理解出来ないならボクシング見なくていいですよ。

こんな記事も読みたい

「道」は避けられないのか…【Simon's Bar】

山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

山中慎介は負けるべくして負けたのか?【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2198287

(09月26日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  7. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss