ボクシングをとっても楽しく見るブログ

山中慎介は負けるべくして負けたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 山中慎介が敗れた。ルイス・ネリというメキシコ人挑戦者によって。その衝撃的な攻撃は、今までにない迫力と勢いがあった。山中がネリの圧力に押し負けた、という印象も無くもないが、それ以上に山中の攻撃が良く見えていた何よりの証だと思う。  ここに至るまでの防衛戦は12戦。挑戦者に実力差を見せつけて圧勝してきた山中だったが、衰えたという表現が正しいのだろうか。とにかくネリの前には今まで通りの戦い方が全く通用しなかった。35歳となった男にとって、外から見ていた大和トレーナーは一体どういう気持ちで見ていたのだろうか。  とにかく、反撃すらできなかった山中は11分29秒で棄権TKO負けを選択することとなる。率直に言おう。私は山中慎介というボクサーが嫌いである。もちろん、彼の人柄は嫌いでは無い。私は好き嫌いが激しい。それだけの話なのだ。サッカーで言うなら闘莉王は嫌いだし、野球はヤクルトスワローズが大嫌いだ。  だから、ネリが勝った瞬間はガッツポーズをした。とはいえ、この試合だけで山中のことを腐すようなことをするつもりはない。あえて言うなら、この試合山中は確かに押されていたがどちらが勝つか、3ラウンドまでは分からない状態だったと明言しておこう。

■ネリが見せた一瞬の「脆さ」。  その最たる瞬間が、2ラウンド終盤に起きていた。この試合、ネリは確かに着実にパンチを当ててはいたが、ゴングが鳴る間際に山中が入れたカウンターにネリがぐらついていたのだ。幸い、ゴングに救われたことで事なきを得たが、もし山中がカウンターでネリへと左を突き差していれば試合の展開は変わったかもわからない。  ネリは確かに若い。22歳と言う年齢はまだまだ彼に強くなるという可能性を秘めている。だが、第2ラウンドの終盤に見せた脆さと、第3ラウンドでこれは山中もそうだったが、ボクシングが雑になっていた。アウトボクシングをして距離を取ろうと山中は選択したのだろうが、それ以上にネリの圧力が勝っていたのかもしれない。  もっとボディを入れていればというのもあっただろうし、距離を取るにしても中途半端な戦法ではネリの圧力をかわすことはできないという判断もできたはず。それは山中陣営の明確なミスであって、山中自身が悪いわけでは無い。ただ、ネリが見せた脆さと雑さ。そのボクシングに嵌って行って、最終的にはネリの土俵へと引きずり込まれてしまった。  そして、山中自身が以前から見せていた「脆さ」を露呈してしまうこととなる。

■スリッピングアウェーは絶対的な技術では無い  山中はあまりガードを上げるボクシングをしない。そのためにパンチを被弾してダウンを喫することもままある。最近だとリボリオ・ソリス戦では左を封じ込められてしまうと危険な状態になることを証明してしまった。攻めの幅が非常に狭く、特に爆発的な左ストレートを封じ込められてしまうとどうしようもなくなってしまうのだ。  例えば、初防衛戦のビック・ダルチニャン戦ではダルチニャンのパンチをスリッピングアウェーを多用することでほとんど無効化していた。非常に高等技術を見せたわけだが、ダルチニャンは全盛期を過ぎていたから通用したわけであって、ネリのようにパワフルな選手に通用する技術でもないだろう。また、激しく打ちあうスタイルであるが故にどうしてもパンチをもらいやすい。  だが、山中のガードはいつまでも上がらなかった。もちろんそれで12回もWBC王座を防衛したのだからその判断も正解ではあるだろう。だが、もし山中がガードを上げるというスタイルをもっと早くに取り入れていられたら。山中はもっと私の想像を超えるような選手になっていたかもしれないのだ。  試合後のインタビューではネリに対する印象を訊かれて、「大したことないと思っていた」という言葉もあった。油断も見られたこの試合で、想像以上の圧力で来られた時。ネリの圧力は山中の想像を遥かに超えたのだろうか。まだやれた、というのも本音だろうが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ボクシング
山中慎介

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

<WBC世界バンタム級 タイトルマッチ12回戦>【スポーツ よもやま話】

山中慎介 落城!【スポーツ えっせい】

レフェリーはこらえた、山中のタオル。【猫と観るスポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:703
  • 累計のページビュー:2369479

(11月23日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss