ボクシングをとっても楽しく見るブログ

白鵬翔が私に教えてくれたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 改めて、世の中には分からない事がいっぱいある。スポーツだけでも、ものすごくある。

 田沢純一が日本のプロ野球で2年間プレーできないと言う訳の分からない禁則事項や、「日本のマイケル・バッファー」冨樫光明氏がフリーライターの片岡亮氏と結託して嘘八百を書き立て、亀田一家を貶めようとした理由。西岡利晃がなぜノニト・ドナイレとWBO王座を争えたのか。

 そして、横綱の品格。

 私は一度、白鵬翔ことムンフバティーン・ダワージャルガルの事が嫌いになった。あれだけ素晴らしい横綱だった男が、どうして自ら嫌われる道へと進んだのか分からなかったからだ。

 その認識は私の友人でもある「幕下相撲の知られざる世界」の管理人でもあるニシオカツヒロ氏が詳しく書いているところだ。彼の文にもひどく共感するものがあったので、今回書かせて頂く事とした。

◆「あなたに求めているのはそれじゃない!」という勝手なエゴ。

 思うと、かつてその反対に居た朝青龍はどこまでも自由奔放で、やりたい放題やっていたし、千代の富士だってステロイドをはじめとする黒いうわさは絶えなかった。北の富士に至っては本場所の休場中にハワイへサーフィンに出かけていた。

 ちなみに母は、今も北の富士の解説が大嫌いなのだ。大相撲中継を付けると「お前が偉そうなことを言うな!」とひどく怒るのだ。きっとやりたい放題やっていた北の富士の事が好きになれなかったのだろう。

 話を元に戻そう。白鵬はかつて、それはそれは品行方正な力士であった。彼がいなければ、大相撲と言う日本の国技は、今頃消えてなくなっていたかもしれない程だ。先頭に立ち、横綱として大相撲の顔として。彼は堂々と大相撲の顔で居なければならなかったのだ。

 時代は移り変わった。日馬富士と鶴竜というモンゴル人横綱は、我々よりも相当な努力を積んで白鵬と同じ立場となった。それでも、白鵬は勝ちに拘った。その姿勢はいささか理解できないものが多かった。自らの衰えによる焦りもあったのだろうか。だが、かつて見てきた白鵬とははるか遠い所へと行こうとする彼の姿に理解を示す事が出来なかった。

 それが私自身のエゴであるということに気が付かされたのは、ついこの間の事である。

◆「人は変わる」。白鵬が教えてくれた大切な事

 だが、ようやく。彼がそこまでして勝ちに拘ろうとしてきた理由が分かりかけてきた。至ってシンプルな理由だったのだ。15歳にして故郷を捨て日本へとやってきたダワージャルガル少年の父親はモンゴルの英雄、ジグジドゥ・ムンフバト。オリンピックのメダリストだったのだから。

 父を超える為、そして遠い日本という地で己を証明するためには、勝つしかなかった。日本に来ても誰も欲しがらなかったダワージャルガル少年は、日本語も分からずに「帰りたくない」と泣きじゃくった。誰も期待していなかった。だからこそ、彼にとって大事な事は勝つ事だったのだろう。

 そして、白鵬はもうたった一人で大相撲の看板を背負う必要も無くなった。それが、稀勢の里と言う存在だ。彼が日本人として17年ぶりに横綱となった時に一つの時代がようやく終わりを告げた。

「4横綱」の時代へ。確かに稀勢の里や鶴竜が休場した事は残念だ。だが、大相撲初場所千秋楽結びの一番で見せた稀勢の里との取り組みは、きっと彼が残り少ない力士人生で見せてくれた新たな相撲の未来だろう。

 人は変わる。横綱としての「在り方」もやがては変わっていくものだ。白鵬に教えて頂いた気分になった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:
稀勢の里
白鵬
大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

白鵬翔が私に教えてくれたこと

そっちだったか!
ご指摘ありがとうございます。早速修正させていただきます。

「白鵬翔が私に教えてくれたこと」へのコメント

高説恂に宜なりと感じつつ拝読させて頂きました。
唯だ一点のみ僭越ながら申し上げますと、白鵬関の名前につきまして、「ムンフバティーン少年」と表記なさっている部分が聊か気になりました。
モンゴルの人々の名は、日本の姓名とは命名法が異なり、「父の名・自分の名」という順で表記します。
白鵬関の場合は父君の名が「ムンフバト」なので、「ムンフバティーン・ダワアジャルガル」となります。
故に白鵬関固有の名は「ダワアジャルガル」の部分で、こちらをお用いになるのがよかろうかと存じます。
(余談ながら、こうした命名法はロシアなどでも見られます)
愚生の言、甚だ不躾にてさぞや御勘当の事とは存じますが、どうか御海容頂けましたら幸甚です。

こんな記事も読みたい

今年の大相撲名古屋場所、白鵬は強かったけど・・・【スポーツ えっせい】

がっぷり四つの白鵬は最強【no title】

亀海喜寛は生きる伝説に勝てるか?②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:1589
  • 累計のページビュー:2198287

(09月25日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  7. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss