ボクシングをとっても楽しく見るブログ

十両とは前田敦子である

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ということで、先日お邪魔させていただいた「幕下相撲の知られざる世界」のライブ中継。元々ニシオさんとは仲良くしてもらっているわけだが、今回はそんな彼らと大相撲の十両について話した。元々、江戸時代にお給金として十両もらっていたことからその名が付いた階級。しかし、決してクローズアップされることが無い階級でもある。

 一方で、力士にとっては十両になるかならないかで、とてつもなく立場が変わってくる。なぜならば、十両になればそれまで年収100万程度だった力士が1000万という大金を得ることができるようになるからだ。

 この差はとてつもなく大きい。何よりも、700人弱居る大相撲の力士の中で、1000万以上稼ぐ力士は10人に1人いる計算になる。ものすごい世界である。ボクシング選手でそれだけ稼いでいる人は稀有だというのに、名前も知らないであろう十両の力士は1000万円稼いでいるのだ。世の中は実に面白いと思う。

 そんな上位10%の力士を見ていて思ったのは、決して十両は大関や横綱と比較したら見劣りするが、弱くはないということである。幕下や三段目と呼ばれている力士たちよりは明らかに強いし、大体上位10%と呼ばれているのだから弱いという表現はまず間違っていると断言して良いだろう。

 そして思ったのだ。このロジックで行けば十両とは前田敦子であると。

「いきなり何をぶち込むんだお前は」と思われた方も居たかもしれない。だが、あっちゃんを想像してみよう。彼女はとびきり美人というわけでは無い。どちらかと言えば私はこじはるやもっちぃが推しメンであるほどだ。だが、だからと言ってブスかと言われると決してそんなことはない。時々、ドキッとするような表情をするときもあるからだ。

 そして、多分一般人に紛れていると改めて思うのだ。「あっちゃん美人じゃね?」と。美人かどうかのぎりぎりのせめぎ合い。十両と似ているとは思わないだろうか。強いかどうか。力士全体からしてみたら、白鵬や稀勢の里には勝てないかもしれない。けれど、弱いわけでは無い。むしろ強い。その絶妙なところに居るのが十両なのだ。

 思うと、そんなあっちゃんがAKBのセンターを務めていたのはもう5年も前のことになる。その当時からなぜ彼女がセンターなのかという疑問は尽きなかったし、論議の的になってきた。確かに、長身で美人な麻里子さまやこじはるの方がセンターとしては華があるし、まゆゆはまさにアイドルっぽい。あっちゃんが彼女たちと比較されたところで何か特別なものを持っているわけでは確かにない。

 だが、ある意味でAKBという看板を背負い、分不相応にも見えた彼女のその立場こそが、あっちゃんをさらに強くさせたのかもしれない。力士たちも同じだ。周囲からの期待を一身に受け、必要以上のプレッシャーを受けながらも成長する。やがて5番手程度だった力士はその中で実力を身に着けてさらに上の番付へと昇っていくのだと思う。

 あっちゃんはAKBを脱退してから、女優・前田敦子となった。いや、どっからどう見てもAKBの時の貯蓄を切り崩しているだけじゃんと思うかもしれない。だが私としては「もらとりあむタマ子」の前田敦子は、あっちゃんから女優として成長して行く第一歩としてとても素晴らしい映画だったと思うわけだ。不要なプレッシャーから解放された彼女は、前田敦子という一人の人間としてさらに成長を続けているのかもしれない。

 十両という立場はまさに分水嶺なのかもしれない。多くの力士はまず、十両を目指すという。今までの年収から10倍も膨れ上がるのだから何も不自然なことでは無い。一方で、昇進後は大きく明暗が分かれることになる場所でもある。そこをゴールと見るか、さらに成長を続けていくか。あるいは自覚せずにそのまま才能だけで昇進してしまうかも分からない。色々なタイプが入り混じっているのが十両なのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:
十両
大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

十両とは前田敦子である

仰る通りです。
ガンガン上がるか、下がるか。

そんな人間模様も見れて面白いのが十両だ、とニシオさんとこの前盛り上がりました。

前田敦子もAKBが無ければどうなっていたか。彼女はAKBに入ることで上へ(と言い切れるかどうかは分かりませんが)昇って行きましたからね。

十両は日の目を見ることが無いという点でも、尚更それを感じますね。

「十両とは前田敦子である」へのコメント

コメント失礼します。

発想が凄いというか、面白いですね。
ま~前田敦子が美人に見えるか見えないかは人それぞれとしまして、
なんとなくわかる気がしますね。
瀬戸際で上がるか下がるか。
上がってしまえばどんどん上がる力士もいるわけですし。

という解釈で間違いないですか!?(不安)

十両とは前田敦子である

まあ、そこは否めないっすね。
でもそんなことを妄想してみるって言うのも、案外楽しいよねってスタンスでいて頂ければありがたいです。

・・・

語りたいんだろうが、むりやり感がスゴイ

こんな記事も読みたい

美しい優勝の裏に有る、期待ゆえの不安。大岩戸に揺れる名古屋場所。【幕下相撲の知られざる世界】

パッキャオ劇場最終幕;エンディングカウントダウンか?【運動科楽からスポーツ再考!!】

新日本プロレスG1クライマックス27〜予想〜【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2191742

(09月23日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  7. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss