ボクシングをとっても楽しく見るブログ

人間の限界とマラソンというレース

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マラソンの高速化が進んでいる。日本記録どころか、2時間6分台のタイムが記録されなくなって早くも15年経過するが、その間に世界では2時間5分はおろか2時間3分台の記録も破り2時間2分に到達している。  先日、東京マラソンでウィルソン・キプサングが2時間3分を日本国内のレースで初めて記録し話題となったが、日本人は3分台どころか2時間7分を記録するのがやっとの状態となっている。かつて団体で獲得したメダルさえも遠のき、名ランナーたちと比較してトラック競技での成績は向上したがロードでは今ひとつ結果を出すに至っていない。  かつてお家芸とまで呼ばれたマラソンがここまで低迷するとは。日本陸連の方々も予想外だったのではないだろうか。いずれにしても何かしらの改善が必要で、あれこれ手を打とうとする陸連の姿勢は見えるのだが、どうにも決め手に欠けてしまう。  そうこうしているうちに、マラソン好きとしては大変興味深いプロジェクトを聞いた。5月6日、イタリアのモンツァ・サーキットでマラソン2時間切りプロジェクトが行われたのだという。IAAFから記録は公認されることはなかったようだが、とにかく2時間を切るというタイムトライアルが行われたそうだ。

 結果は2時間0分25秒。リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得したキプチョゲが2時間0分台の世界に到達した。結果として2時間切りは達成できなかったようだが、いよいよマラソンの高速化も来るところまで来ているというのが証明された形だ。  ただし、今回はフラットで気象条件にも恵まれている場所、給水でのタイムロスもなく、ペースメーカーが立ち替わり入れ替わりで走行する。シューズも特殊なものだった(といってもマラソンの場合シューズの規定が曖昧なのは考慮すべきである)。このような、特殊な環境において一定条件が整っていたということは十分考慮に入れておくべきだろう。  その上でもだ。人間が作り出してきた限界を突破する瞬間というのは個人的にとても興味深い。陸上とは至ってシンプルな競技であって、その中でもマラソンというのは原点でもある。100メートル走とはまた違った、ワクワク感とスリルを味わえるところにとても魅力を感じるものだ。  アフリカ人選手が独占(主にケニアやエチオピアだが)している世界のマラソン界で、それでも日本人選手たちは敢然と立ち向かっていかなければならない。確かに彼らはすごい。しかし、勝負の世界は必ずしもタイムだけで決まるわけではないから面白いのではないだろうか。すごい奴らに勝ったら、すごいのだ。

 アメリカのミネソタ州にあるメイヨー・クリニックのマイケル・ジョイナー医師は最終的に「人間は1時間57分58秒でマラソンを走る可能性がある」と1991年の時点で発言している。当時世界記録を持っていたベライン・デンシモは2時間6分50秒。おおよそ10分以上も速く走れる可能性を人は秘めているということだ。  どんどん日本人が世界から遠ざかっていっている、と感じるかもしれない。確かに、アフリカ人選手の恐るべきポテンシャルの高さは凄まじいものがあることは事実である。純粋な身体能力だけでは、勝てないだろう。もちろん同じことをやっても勝てるわけではない。多分、同じ2時間切りプロジェクトをやっても、途中でガス欠するか、筋肉系のアクシデントが発生してしまうことだろう。  世界のスピードを知ることはもちろん大切だが、そのスピードに打ち勝つためにどのようなアプローチをするのか。選手や実業団ごとに任せるのではなく、ぜひ瀬古利彦さんらを始めとするプロジェクトメンバーからの意見を聞いてみたいし、世界と戦って勝利してきた人たちの経験を活かすチャンスではないか。

 ここで言いたいのは「昔はこうだった」というありきたりな考えではなく、「昔はこうだったが、今にどう活用できるだろうか」という考え方だ。実際、距離を踏むということは論理として間違っているわけではない。事実、青山学院大学や東洋大学では距離を踏むトレーニングを積極的に行っているのだから。それは駅伝を見ても効果は明らかだろう。  その上で、怪我をしないために現代的なアプローチも採り入れていることは周知の通り。「青トレ」という本が出版されているように、ストレッチやバランスボールでのトレーニングを行うことで故障も防いでいる。また、早稲田大学でも故障しない身体作りから行うことで、昨年は青学の日本一を阻止しかけたことも記憶に新しい。  当然、世界の陸上は進化を続けている。シューズ然り、ウェア然り。そして、選手たちの身体作り然り。だからこそ、こちらも負けじと進化していかなければならないのだ。特に最近は選手たちの向上心も素晴らしい。  これからマラソンはもっと面白くなっていくだろう。1時間の世界まであと26秒。それでもそんな持ちタイムさえ関係ないからこそ、いつだってレースは面白いのだから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上競技
タグ:
人間の限界
マラソン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大学陸上界「ミニ」トピック【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

4月の大会、記録会成績まとめ【日本大学駅伝部を応援しています!】

2017年度新体制~日本大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2391588

(12月19日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss