ボクシングをとっても楽しく見るブログ

スポーツとはあなたの憂さ晴らしのためにあるのではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、今シーズンのサッカーシーンにおいて大変残念なニュースが多く聞かれている。先日話したガンバやフロンターレの件に端を発し、さいたまダービーでの緩衝地帯の柵を破壊する行動、浦和レッズ森脇良太の暴言騒動。そして、徳島ヴォルティスの馬渡騒動とそれに伴うボールボーイへのアルコールの入った飲料をぶっかける事件。  実際どういう状況で行われたのかを、自分がはっきりと見ているわけではないので言及できないし、この判定に対して私がこう思うと主観を述べることはするべきではないと思う。なぜなら、どれも事実であるならば、大変残念であるとしか言い様がないからだ。  自分は浦和レッズが好きなので、森脇良太という人間がどういう人間なのかは分かっている。あくまで私は浦和を応援する人間としては森脇がどういう行動を取ったとしても、彼が選手である以上は応援をし続けていく所存だ。彼の口が臭かろうが、どこが臭かろうが、そんなことはどうでもいいのだ。  しかし、留意しなければいけないのは批判するということは彼らの人格を否定することではない。そして小笠原満男や那須大亮と比較して人間性を貶めることではないということだ。

 しかしだ。相も変わらずに対象となる相手を見つけては、集団で叩きつけ二度とメディアに出てこれないような制裁をさせる姿は怒りを通り越して見事としか言い様がない。Twitterというツールができてからは、同じような認識を持った人たちで集まることが容易になった。そこでは寄ってたかって過ちを犯した人物への批判を行うことができる。  当然だが、過ちを犯した方に責任があることは明白だ。馬渡、徳島のサポーター、森脇にガンバやフロンターレのサポーター。詳細はわからないので省略するが、彼らに責任がないと言うつもりは一切ない。プレーやその行為が批判されるべきであって、必要以上に相手を叩き最終的には倒れたところを無理やり引きずりあげてもう一回殴ってダウンさせているような印象さえある。  小笠原と森脇の件について深堀するならば、森脇は悪いと思う。だが、それ以上に小笠原の人格をかさ上げして称賛し、森脇を貶めるやり方は明らかにそれに対する批判じゃない。立場が違うから森脇が悪いとなってしまえば、批判ではなくてただのいじめだろう。  近年話題となっている差別チャントと何がどう違うというのだろうか。その行為は、明らかなオーバーキルとなっているのではないだろうか。

 要はどうでもいいのだろう。誰が何を言ったのか、行ったのかはどうでも良くて、自分の怒りの対象を見つけ出して自分が納得いくまで叩き潰す。森脇が嫌いな人間は人種差別主義者に祭り上げようとするし、馬渡はボールパーソンに暴行を加えた男というレッテルを貼り付ける。ボールパーソンとの間に何があったかなんてことはどうでもいいのだろうし、小笠原や那須が素晴らしい人間だということになれば納得いくのだろう。  だから気に入らない奴は石を投げ、市中引き回しにしたあとに火あぶりの刑にするような真似ができるのだ。そうしたら鹿島サポのレッズに対する侮辱のTシャツをカシマスタジアムで売っていたことが判明し、しかもレッズ戦に来てきたということでお前らだってとエスカレートしていく。その果てに見えるものは不毛な世界でしかない。  思うと、ボクシングでも同じようなことがあった。亀田三兄弟の一連の事件は、間違いなくオーバーキルを行った末に発生した冤罪事件だったと思う。それと比較しても大手ジムの選手が傷害の前科を負いながらも、ライセンス剥奪されていないこと。それがあたかも無かったかのようにされていること。  別に私はスポーツ選手に人間性など求めていないのでどうでもいいが、亀田は批判するけど暴行事件を起こした彼には何のお咎めもないというのは、まるで小笠原そっくりだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
サッカー
野球
箱根駅伝
その他
陸上競技
タグ:
憂さ晴らしのためのツールじゃない
サポーターだけじゃない
サッカー
ネットマナー
差別チャント

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

スポーツとはあなたの憂さ晴らしのためにあるのではない

仰ることには同意します。

むしろ、浦和が積極的にこれからそういうところを引っ張っていってほしいなというのがファンであり応援しているクラブへの要望でもあるんですけどね(あくまで個人の見解です)。

スポーツとはあなたの憂さ晴らしのためにあるのではない

憂さ晴らしというのは否定できないでしょうね
日本社会は有名人が問題を起こすと一斉に叩いて引きずり降ろそうとしますから
だから大切なのは問題を起こした時の対応だと思います
問題を起こした有名人で初動で下手な嘘やごまかしをした人はロクなことになってません
今回でいえば森脇選手はそれに当てはまってしまいました
しかも対応が最悪の部類です
特に小笠原選手の人格を否定するようなコメントを出したのはいただけない
少なくとも暴言を言ったのなら色んな思いはあろうが謝罪をする立場の人がそれを言っては駄目です

しかし過ぎた事は仕方がないのでこれからの対応を間違えないで欲しいです
ただでさえ浦和はこれまで問題を多々起こしているので世間の目が厳しいです
いまこそ浦和という組織の力が試されてると思います

スポーツとはあなたの憂さ晴らしのためにあるのではない

すみません。面倒くさいので端的に。
文章読んでからコメントしてください。
あとだからといって森脇を貶めて良い理由にはならないと思いますが。

言いたいことはそれだけです。

スポーツとはあなたの憂さ晴らしのためにあるのではない

はっきり言ってレッズファンの逆切れ文章にしか見えませんが。
結局森脇が叩かれるのはピッチでの普段の態度が悪いから言われてしまうだけの話。
で小笠原の意見に賛同が集まるのは、小笠原は余計なことをべらべら喋らないクソ真面目な選手。
結局、第三者から見ればどっちの方が人として賛同されやすいでしょうかね?
レッズファン以外は小笠原に賛同すると思いますが。

文のタイトルと言い、私には貴方が逆切れしている様にしか思えませんがね。

こんな記事も読みたい

J2山口とJ2岡山の経営数値面での比較について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

大島の存在【ダブルボギーの憂鬱】

D1第10節G大阪vs清水【DAZNサッカー観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:640
  • 累計のページビュー:2370118

(11月24日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss