黒髪のかねろの整理場所

【浦和レッズ】本田圭佑獲得を考えてみる。毒となるか薬となるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACミランのベルルスコーニ王朝が終わった。イタリアを代表する政治家でもあり、実業家でもあった豪放磊落な男、シルヴィオ・ベルルスコーニ。思うに彼にとって、ACミランとはロマンの一つだったのだろう。その象徴が、彼にとってはミランだったのだ。  男にはロマンが必要だ。なんて格好を付けているが、私にとってのロマンなんてベルルスコーニのそれにしたら大したことはない。時間がある時に何も考えずに電車に乗っていたい。好きな女の子の前では格好を付けていたい。できることならゆっくりと一人で酒を楽しむ飲み屋に行きたい、家での一人酒というのも、ロマンだ。全然料理はできないけれど。  そして、移籍市場も時にはロマンがあっていい。野球で言われるロマン枠。当たればでかいが守備はイマイチだし、確実性もないとか。前田敦子だって、そうだったじゃないか。ルックスで言えばこじはるの方が全然個人的にはタイプだ。だけれど、あっちゃんはセンターだった。笑った顔が素敵というロマンがあったからだ。  前置きが長くなった。ということで、ミラン所属の本田圭佑を我らレッズで獲得しよう、という話だ。聞こえる。サポーターさんから「いや、いらねーし」という声が。

 まあ、待ってほしい。本田圭佑がどこで使えるかということを一度考えてみよう。元々本田は左サイドのプレイヤーだ。ミランでは右サイドでもプレーしていた。つまり、スピードは無いにしてもサイドでならば使える。CSKAモスクワではボランチとして起用されたこともあった。なんかふてくされていたけど、そこそこやれていた。個人的にはあの時代の本田はフランク・ランパードのような選手になるとばっかり思っていたぜ。  そして、日本代表では、おなじみのトップ下だ。自分たちのサッカーはここではやれない。だって長友も香川もいないから。居るのは槙野と柏木だ。加えて南アフリカの時にはフォワードもやっていた。とはいえ、裏抜けはうまくないしポストプレーも正直といった印象だ。  本田の良いところを考えてみよう。まず、フィジカルコンタクトは強い。レオ・シルバという鹿島アントラーズに居る化物ボランチとフィジカルで張り合える日本人はそう居ない。そして、シュート力がある。左足のキックは驚異的で、紛れもなく日本人では規格外だろう。  色々なポジションでやっていたことからも分かるように、サッカー脳は非常に高い。なるほど、ハリルも呼びたがるわけである。

 でも分かる。それでも本田は取りたくないよね? そりゃあそうだ。日本人にはもう、本田アレルギーが異常なほど高いもの。ミランで試合に出ていないのに、Jで試合に出ている実力者が招集されないのはおかしいとか何とか、そういう風に言いたいのは分かる。  じゃあ、簡単じゃん。本田にJリーグへ戻ってきてもらえばいい。そうすれば、彼の能力が分かるじゃないか。今の本田の評価は最悪だ。いや、イタリアの新聞からも色々言われているだろうけれど、もうYahoo!のコメントなんか見る気にもならないし、Twitterのつぶやきすらそっ閉じしたくなるレベルだ。それこそ亀田一家が集中攻撃を受けていた時と同じくらい、今の本田は評価が下がっちまってる。そういう奴らを黙らせるにはどうしたら良いか。答えは簡単だ。本田がこっちでプレーして、活躍すれば良い。  本田の給料を出せるクラブなんて限られているだろう。古巣の名古屋? 男が居ないしね。山田にボール掻っ攫われた闘莉王ってやつが言っていたのをそっくりそのまま言ってやるさ。神戸はポドルスキ先輩でいっぱいいっぱい。そこで浦和だ。フリートランスファーでやってきた男の年俸くらいポンと出せるに違いない。ヤバい。ボランチが左利き同士になっちまうぜ。ラファ・シルバと興梠のダブルシャドーなんてのもできるかもしれん。CBに阿部が入れば人材不足も解消される。あれ? 浦和にとって案外良いことあるんじゃないか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
浦和レッズ2017
タグ:
ACミラン
本田圭佑
Jリーグ
浦和レッズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【浦和レッズ】本田圭佑獲得を考えてみる。毒となるか薬となるのか?」へのコメント

まあ、無いでしょ。

ワントップ、無いでしょ。

シャドー、無いよね。

両ウィングバック、考えるまでもない。

となると、いわゆるボランチ…
アベチャン、柏木、青木、…まあ、いてもいいけど。やるのか?レッズのボランチを本田が…??
ボランチとして、ポジション争いに勝てる?

俺は本田に対してどうのこうのは言わないし、きっかけがあればまだまだヨーロッパでやれると思うけど、そこにはやはり相性というものがあって、今のレッズに相性があるとはどうしても思えないし、チームが必要と思うとも思えない。



【浦和レッズ】本田圭佑獲得を考えてみる。毒となるか薬となるのか?

2シャドーの選択肢の一つとして、武藤興梠高木矢島李長澤達とポジションを争ってもらうというのなら、悪くないですね。

ただ、浦和で一番層の厚いところにさらにお金をかけるくらいなら、同じ金額で実力派の外国人CBを二人連れてきたほうがずっと強くなると思いますが。

こんな記事も読みたい

U-20日本代表候補 - ジェフユナイテッド千葉(練習試合)【舞浜宣言】

【白鳥城の騒霊】これがアルビの生きる道 ~J1第7節 甲府vs新潟戦~【白鳥城の騒霊】

【ベガルタ】第7節 VS鹿島 同じ風景と違う風景【ことサッカー】

【浦和レッズ】チケット転売という蔓延る無法地帯。誰も涙を流さずに済む方法はないのか?【黒髪のかねろの整理場所】

2017Jリーグ第7節 FC東京×浦和 相性って大切【浦和な生活】

【浦和レッズ】興梠慎三「淡白で頑張り屋な天才」【黒髪のかねろの整理場所】

ごめんなさい【ゆるゆるレッズサポ】

さいたまダービーチケット発売について思う【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1705141

(04月28日現在)

関連サイト:黒髪のかねろ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 錦織圭「テニスの王子様」
  4. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  5. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  8. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  9. 続・悪党シメオネの反抗
  10. 赤土の決戦

月別アーカイブ

2017
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss