黒髪のかねろの整理場所

大迫傑が、ボストンマラソンを走った理由を推察する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さすがは、スーパースターなだけはある。きっと彼は本当に日本陸上界へとメダルをもたらしてくれるのではないか、という確信さえ抱かせてくれた。  名前を大迫傑、中学時代からまるで風のように走っていたというその男は、まさしくエリート中のエリート。高校時代には全国制覇を経験し、大学でも3大駅伝全制覇という快挙を成し遂げた。実業団入社後も新人選手としていきなり区間賞を獲得するなど、文字通り誰がどう見ても実力が一つ抜きんでているアスリートである。その直後に実業団を退社し、拠点をアメリカに移したが、それだけ大迫のポテンシャルがすぐれている証。誰がどのように育てたとしても、自らの考えと行動で環境を選び取って成長していくことのできるランナーと言える。  そして、経歴に恥じないだけの実力もある。3000メートル走と5000メートル走の日本記録を更新し、日本陸上界を背負って立つスピードランナーへと成長を遂げている。  遠藤日向君が、足が地面と接地する際に生まれる反発力で走るタイプならば、大迫は足の回転力で走るタイプ。明らかにトラックランナーである遠藤くんと比較しても、走りながらリズムを作っていく大迫。そのフォームは、春から社会人となった服部弾馬からは「お手本にしたい」と言われているほどだ。

 そんな彼が今回、ボストンマラソンで大会3位に入賞したというニュースが入ってきた。ボストンというワールドマラソンメジャーズの一大会として位置づけられている国際大会を初マラソンに選んだというのもすごい。しかし、さらにすごいのはきっちり走り切った上で2時間10分台のタイムを出したこと。  もしかしたら、それさえも大迫にとっては普通のことだったのかもしれない。今回の結果を出したとしても、世界選手権には選出されない。これは事実である。しかし、物事を計画的に進めてきた大迫が、このタイミングでわざわざマラソンを始めることには何かしらの意味があると推察した。  大迫は、来年行われるアジア大会か再来年に行われる世界陸上に照準を絞っているのではないだろうか。なぜなら、ボストンマラソンはペースメーカーのいない、さながら世界選手権やオリンピックと同じ条件で行われる大会だからだ。つまり、自らのペースを守って走らなければ自滅を招いてしまう。今回は無理でも、最終的に世界と戦い勝ちを収めるために必要なことを十分に心得ている証拠だ。  とすると、懸案は気候である。ジャカルタの8月はたいへん蒸し暑いし、世界陸上も2019年9月にドーハで行われる。恐らくコンディション管理は、何度も経験しているだけに問題ないだろう。

 この結果は、多くの日本人陸上ランナーにとって好機と捉えてほしい結果である。そして、議論が行われているマラソン選考方法についても一石を投じることになるのではないだろうか。  特に今回のびわ湖毎日マラソンではペースメーカーがペースを作っても、日本人選手が村澤明伸以外、全く着いて行かなかった。つまり、最初からタイムを諦めていた状況だったのではないか。東京マラソンでも2時間3分台という、日本人ランナーにとっては異次元の記録が出たことは驚きだった。しかし、日本人トップが2時間8分ではいささか寂しい。  何もキプサングみたいに走れとまでは、言わないしそんなことは言えない。しかし、あえてタイム度外視でなおかつペースメーカーなしの選考会が一つあっても良いはずだ。実際に今井正人は同じくペースメーカーの付かないニューヨークシティーマラソンで上位入賞を経験している。その後、東京マラソンで2時間7分台を出した。  マラソンにおいてスピードは確かに大事。だが、世界選手権などではペースメーカーがつかないことを考えた時に途中まで引っ張ってもらうという状況を打破しなければならなくなるのではないか。実際、考えてほしい。現役選手で世界選手権とオリンピックに入賞経験があるのは中本健太郎だけだ。そして彼は、5000メートル14分台。トップレベルの選手としてはスピードがあるとは言えないランナーなのだから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
箱根駅伝
陸上競技
タグ:
スーパースター
大迫傑

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

トラックレース強化がマラソン強化につながる事を大迫傑が証明【スポーツ えっせい】

2017年度新体制~東海大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度新体制~駒澤大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

平野美宇の「矛」が、丁寧の「盾」を突き破った日【田端到のヤクルト・スワローズ&五輪研究所】

フィギュアスケート 平昌五輪 展望【テレビマンが語る フィギュアスケート雑記 】

アジア選手権・平野美宇快挙!優勝した意義はとてつもなく大きい【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

もらとりあむ真央ちゃん【黒髪のかねろの整理場所】

2016年アメリカのテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向【スポーツマーケティングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:6518
  • 累計のページビュー:1812612

(05月24日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 錦織圭「テニスの王子様」
  4. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  5. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  8. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  9. 続・悪党シメオネの反抗
  10. 赤土の決戦

月別アーカイブ

2017
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss