黒髪のかねろの整理場所

永井謙佑「Time is running out」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツ語でWunderという単語がある。英語に訳すと「素晴らしい、奇跡の」という言葉だ。Wonderという単語をドイツ語化させたものである。かつてオーストリア代表はWunderteam(ヴンダーチーム)、奇跡のチームと呼ばれていた。奇跡のチーム。ワールドカップ制覇でさえ夢ではないと言われた。事実そうだったと思う。ワールドカップが1934年でなければの話だが。  第2回FIFAワールドカップはイタリアで行われ、時の権力者ムッソリーニが審判を明らかに買収したことで「史上最低のワールドカップ」と言われている。しかし、当時はそれを知るためのツールさえなかった。オーストリア国民は代表の敗戦を受け入れられず、失意の帰国となった代表選手たちをPlunderteam(プルンダーチーム)、和訳すると古着のチームと呼び酷評したとされる。  ちなみにだが、ワンダーと言えばサッカーファンには記憶に新しいところで言うと、マイケル・オーウェンだろう。私は、彼に限りなくポテンシャルが近かった選手のことを記憶している。今も現役なのだ。  しかし、彼はWunderから次第にPlunderになりつつあるような気がしてならない。  名前は、永井謙佑という。

 ロンドンオリンピックでの活躍を覚えている人も多いことだろう。1トップに入った長いが相手選手たちをどこまでもチェイジングし、自慢の快足をどこまでも見せつけて世界を驚かせたあの大会だ。個人的にスペイン代表に勝ったことだけは気に食わないが(偏見である)、まさしくあの時の永井は輝いていたように思える。  スピード違反と呼ばれる快足は、最高速度時速33.7キロ。世界最速と噂されるピエール=エメリク・オーバメヤンでさえ時速29.1キロと考えると、その健脚はオーバメヤンよりも遥かに速い計算となる。ちなみに、ウサイン・ボルトが世界最速タイムを出した時の時速は37.5キロだが、30メートルまでと考えると実はオーバメヤンや永井が遥かに速いのだ。  しかしだ。現状、永井が日本代表候補として上がることはない。オーバメヤンや浅野拓磨と同じような俊足プレイヤーだというのに。恐らくだが、今後上がることもないだろう。彼を活かすことができる監督が居れば、もしかしたらまた呼ばれるかもしれないが、恐らくその望みさえ捨て去らねばならないときが来るかもしれない。  なぜか。永井はどうしようもないくらいバカだからである。

 ハリルホジッチが日本代表監督になってから、彼が起用されたときのことを思い出してほしい。彼は右ウィングに居た。もちろん、慣れていないというのはあったことだろう。しかし、自慢のスピードを持て余し、チームに対して何一つとして貢献できるような場面は皆無だった。川又堅碁もイマイチだったことは否めないが、それでもそれなりの活躍はしていた。もっとも、川又の場合はまた話が別になってくるが。  確かに、サイドに置きたくなる理由も分かる。あれだけのスピードという才能を持った選手だ、サイドで使うことができればどれほど嬉しいだろうか。事実、西野朗氏や篠田善之監督は永井をサイドで使うのは、確実に永井のスピードを活かしたいがためだろう。  ところが、永井はサイドでのプレーはお世辞にもうまくない。攻守両面で重要なタスクを任されることが多い近年のサイドプレイヤーで、永井のような戦術理解度に乏しい選手を起用することは、リスク以外の何物でもない。事実、日曜日に行われた浦和レッズ戦でも、確かに彼のスピードは驚異だったが、攻撃にも守備にも絡んできた記憶があまりない。  あれもやれ、これもやれでは永井は輝くことができない。しかし、前線に置いたときは特別だ。彼を中心としたチームを作り上げれば、永井謙佑という選手は恐ろしい点取り屋に変貌するのだ。が、当然対策は練られやすい。献身的なチェイジングができる永井を利用してブロックを作ってしまうことで、自慢のスピードを封じ込めることができる。現に韓国代表はそうすることで日本の戦術を封じた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:
永井謙佑

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

試合後の独り言「背番号10の反撃の狼煙」2017リーグ第7節 ヴィッセル神戸1-2柏レイソル@ノエビアスタジアム神戸【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

トライ&エラーの繰り返し~J1 第7節 ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズ~【ヒグのサッカー観戦日記】

【ホーム…】這い上がれ【マリノス戦】【紫熊のサンフレ観戦記】

FC東京U23vs鹿児島(4月2日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

隠れキーマンは上本大海?〜FC東京U23vs鹿児島(4月2日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

快勝◎の多摩川クラシコ!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

FC東京U23vs富山(3月12日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

U-20日本代表候補 - FC東京(練習試合)【舞浜宣言】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1705141

(04月28日現在)

関連サイト:黒髪のかねろ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 錦織圭「テニスの王子様」
  4. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  5. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  8. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  9. 続・悪党シメオネの反抗
  10. 赤土の決戦

月別アーカイブ

2017
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss